2008-03-23 23:38:19

『QED 鬼の城伝説』

テーマ:
 『QED 鬼の城伝説』(高田崇史)

―あらすじ―
 岡山の吉備津神社に今も伝わる鳴釜神事。大和朝廷によって退治された鬼神・「温羅」が、釜を唸らせて吉凶を告げるという。一方、鬼野辺家にも先祖代々伝わる大きな釜があり、鳴ると家主が死ぬという言い伝えがあった。そして釜が鳴り、事件が起きてしまう…果たして桑原崇が出した結論とは。シリーズ第9弾。


 今回は桃太郎の話です。いつものように長い作品でしたが、「鉄」や「鬼」といった部分をもう既刊で説明してしまっているせいか、驚かされた部分が少なかったように感じました。その分、説明くささがなくなり読みやすくはなっていますが、少し物足りないと感じたのも事実です。私は日本神話などにまだ興味が向かないため、余計そう思えてしまうのかも知れませんが。

QED 鬼の城伝説 (講談社文庫)/講談社

¥792
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008-03-17 23:21:23

『おんな飛脚人』

テーマ:
 『おんな飛脚人』(出久根達郎)

―あらすじ―
 江戸の町飛脚屋の1つ「十六屋」には、唯一の女性の飛脚人がいた。江戸の町の人情や、飛脚人仲間の清太郎との恋、商売敵との戦い…お江戸の町を飛脚人が駆け抜ける。


 『御書物同心日記』の著者の作品ということで買ってみました。タイトルにあるように、女性の飛脚人・まどかを主人公とし、江戸の人情話が紡がれていきます。やはりこれといった事件は起きないのですが、不思議と面白く、読みやすさもあって一気に読みきってしまいました。『御書物同心日記』で多かった、職業に関する専門用語も本書には少なく、そのせいか、よりテンポ良く話が進んでいったように思えました。地味ですが、なかなかの良本だと思えます。

おんな飛脚人 (講談社文庫)/講談社

¥617
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。