2007-03-19 20:49:26

『QED 龍馬暗殺』

テーマ:
 『QED 龍馬暗殺』(高田崇史)

―あらすじ―
 幕末の英雄・坂本龍馬。京都の近江屋にて暗殺された龍馬だが、その実行犯や黒幕は謎に包まれている。高知の寒村での殺人事件とともに、桑原祟の推理が冴え渡る。


 実は私は坂本龍馬や幕末について疎く、あまり知らないのですが、今作も手が止まらず、3時間程度で読みきってしまいました。作中での説明が上手く、龍馬を知らずとも、最後まで読まされてしまいます。ただ、最後の部分は、龍馬暗殺に関して独自に推測している人からしてみると、あまり驚きがないかもしれません。そして毎回の如く、殺人事件と龍馬の関連性がかなり希薄でした。龍馬である必要性がありません。しかし裏の風習が少し関連しており、これはこれで宗像シリーズみたいな感じで楽しめました。

 あと文句を言うなら、あまり恋愛要素を入れないでほしいところです。歴史のロマンに恋愛を持ち込む必要性はないと思うのですが。

QED〈龍馬暗殺〉 (講談社文庫)/講談社

¥864
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-03-19 20:27:57

『氷点』(上下巻)

テーマ:
 『氷点』(三浦綾子)

―あらすじ―
 旭川市で医師として働く辻口。妻、息子、娘の4人家族として暮らす辻口だったが、ある日、妻の不注意から3歳の娘は佐石という男に殺されてしまう。妻の希望により女の子を養子として向かえた辻口だったが、その女の子は佐石の娘だった…


 「原罪とは何か」がテーマとなっている作品です。しかしそのテーマを別としても、謀略や、怒り、妬み、愛情など家族それぞれの思惑が交差した、ホラーミステリー作品としても読むことが出来ます。そのストーリーにグイグイと引き込まれ、上巻下巻ともに一気に読んでしまいました。また、下巻ではテーマが徐々に顕わになり、原罪のみならず、信頼とは何か、愛とは何かといった事も考えさせられます。続編があるようなので、今読んでいる(まだ読んでいない)本が終わったら買ってみようかと思っています。

氷点 (上) (角川文庫 (5025))/角川書店

¥514
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-03-16 23:56:41

卒業式

テーマ:日記

 今日は大学の卒業式でした。

 入学式の日を初めとして、様々な日々のことがありありと思い出されます。この4年間、自分のこれまでの人生を振り返った上で、非常に大きな、かけがえの無い4年間でした。

 三国志に魅了され、貪るように小説を読みました。『塩狩峠』や『グミ・チョコレート・パイン』などの素晴らしい本にも出会うことが出来ました。文学科のS先生の講義から非常に感銘を受けたことも鮮明に覚えています。そして友人にも恵まれ、毎日の授業やゼミを乗り越えられたのも、彼らのお陰です。大学も会社も、良き友人に会うことが出来ました。僕には人に誇れるような素晴らしい部分は1つもありませんが、友人に恵まれるという点だけは誇れます。

 とにかく色々なことを知り、自分自身を成長させられたのではないかと考えています。と同時に、自分自身の小ささも知りました。これからも毎日が学習の日々です。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-03-10 23:38:21

『水滸伝』 5巻

テーマ:
 『水滸伝』(北方謙三) 5巻

―あらすじ―
 12世紀初めの中国において、反乱を起こした漢たちがいた。彼らは梁山泊に立て篭もり、理想とする新しい国を作ろうとした。その物語は「水滸伝」――北方水滸伝、開幕。


 この巻では、3人が死に、1人が片腕を切り落とされます。自分自身以上に大切なモノのために、自分自身の腕や命すら厭わない、この4人の生き様は必見です。そして梁山泊の元に集まる人間が増えるに従い、戦いも激しさを増していきます。果たしてこれからも誰かが命を落とすのか、女真族や遼といった諸外国は動くのか、遺児の行く末と託された剣と志は…等々、まだまだ先がどうなるか分かりません。

水滸伝 5 玄武の章 (集英社文庫 き 3-48)/集英社

¥648
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-03-03 23:45:25

引越し(京都→岐阜)

テーマ:日記
京都から岐阜に引っ越しました。心機一転です。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。