2005-07-30 21:06:44

『三国志英雄列伝』

テーマ:
 『三国志英雄列伝』(九内俊彦)

―あらすじ―
 三国志に出てくる人物の中でも有名な80人を、個々のエピソードと共に分析・解説。


 よくある内容の作品、と言ってしまえばそこまでですが、一騎打ち表や個々のイラストなど、丁寧な仕上がりになっています。何よりの見所は、筆者による「最強の武将ランキング」です。1位は呂布ですが、2位が何と顔良。一般的には顔良と言えば、「関羽との一騎打ちで負けた武将」なのですが、筆者独特の解釈が光ります。これだけでも一読の価値はありますね。

三国志英雄列伝 (リイド文庫)/リイド社

¥500
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-13 23:21:09

『ドグラ・マグラ』(上巻)

テーマ:
 『ドグラ・マグラ』(夢野久作) 上巻

―あらすじ―
 胎児よ 胎児よ 何故踊る 母親の心がわかって 恐ろしいのか――「本書を読破した者は、必ず一度は精神に異常を来す」と銘打たれた作品。三大奇書としても名高い。


 一部で有名な本書に挑戦してみました。読めば読むうちに話が分からなくなってきてしまい、数ページ読むにも多大なエネルギーを使います。まだ下巻があるというのに。いつかこれを完全に読みきれる(理解できる)日が来るのだろうか。

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)/角川書店

¥540
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-07-10 19:34:07

『墨攻』

テーマ:漫画
 『墨攻』(原作/酒見賢一 脚本/久保田千太郎 作画/森秀樹)

―あらすじ―
 春秋戦国時代の中国に存在した、非攻と博愛を信念とした集団・墨家が、長い戦乱の中で墨家の内部からも変化を求める声が大きくなっていた。そんな折、趙軍にかこまれた梁城から墨家に救援依頼が来る。依頼を黙殺しようとする墨家の決断に背き、革離1人が梁城へ向かう。


 『墨攻』という漫画の5、6巻を中古で買いました。1991年頃~ビッグコミックという雑誌で連載されていた作品です。父が雑誌を買っていた(現在も購読中)ため、当時小学生だった私も楽しみに読んでいました。

 今年の初めあたりに何となく思い出してまた読みたくなり、集めることにしました。絵に関しては、「いかにもオッサンが読む」という感じの濃い絵柄です(劇画調ですね)。やや残酷な描写もあるので絵柄で敬遠されてしまう部分もあるでしょうが、個人的には好きな漫画の1作品です。

墨攻 (新潮文庫)/新潮社

¥380
Amazon.co.jp

墨攻 1 革離、梁城に入る (ビッグコミックス)/小学館

¥509
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。