気をつけよう無料慣れと割引慣れ | 起業110番がけっぷちから人生を逆転する愛のスパルタ起業塾

起業110番がけっぷちから人生を逆転する愛のスパルタ起業塾

起業したけど、うまくいかない!こんな時、どうしたらいいの?売上を上げるには?お客様を集めるには?仕事でトラブルになったら?お金を払ってもらえない時は?
値切られないようにするには?
ネットではあまり探せないリアルな実情を教えます

無料相談に無料のサービス。


無料のコンテンツ。無料のお試し。


世間ではたくさん無料のものが流通している。

サービス提供側から見たら、無料なのは必ず理由があって、そこにはなんらかのコストがかかっているものだ。

        
無料や特別価格で提供しているそれは、本当はそれはすごく価値があるもので、本来だったら有料なんだけど、最初だから「特別に」お試しとして無料なんですよという趣旨で提供しているに過ぎない。
     
初回特典とか、特別に初回割引(だいたい新規のお客様限定)も同じ。

    
ただ、これがクセモノで、最初は感謝していたお客様も、無料や割引価格が続くと、それが当たり前になってくる。

すると、正規の価格を払わなくなったり、なんだか高いと感じたりする。

無料にも慣れてしまうし、ありがたいとも思わなくなるし、割引している時しか来なくなる。

      
これの極端な例が「グルーポン」などで、あれは、やればやるほどお店を苦しめることになると思うんだよね。
  

無料相談なども、気をつけないと「なんでもただでもらおう」とする無料クレクレ星人や、無料のものしか利用しないフリーライダーばかり集まって、結果、サービスの質を下げることになってしまう。


困る女性
 

だから、私は小さな会社やフリーランスに、無料や破格の価格での提供はあまりおすすめしていないし、本気度をはかるために1コインでも払ってもらう方がいいとおすすめしている。

もちろん無料や割引は、上手に使えば、お客様をひきつける目玉になるので、使いどころだと思うんだけど、安易に乱発しない方が絶対にいい。

無料慣れと割引慣れさせないためにも、提供側にも覚悟が問われるんじゃないかな。

   
「この問題にはこうすればOK」というものがまだ見いだせていない。今、絶賛、模索中。


さて、あなたは、この問題、どう思いますか?

こちらも記事も参考に!



【メルマガでは、詳しい事例付きで発信しています】

○○ならあの人!と呼ばれる存在になる!
あなたの値段を3倍にするブランディング・集客法



青山華子にもメンバーにも相談できる心強い場所

先生相談室の詳細はこちら

先生相談室バナー