雑誌のクレアに低温調理器の記事がありました。
 
「低温調理機で牛ステーキが手軽にプロ級」に出来上がると言う内容です。
 
 
低温調理器は数年前から日本でも出始めて飲食店でも多く使われています。特にスチコンのないお店とかは結構重宝しています。
 
焼肉屋さんで使われている用途でよく聞くのは、ユッケやレバーです。
 
ユッケやレバーって生じゃないの?というツッコミが来そうですね。
 
基本的に精肉を生で提供するのは禁止されていますので、この低温調理器を使って国が示した温度と時間でお肉に火を通します。そしてそれをユッケや生レバー風に提供するのです。そういえば温泉卵を作るのに便利だよ!と言う焼肉屋さんもいましたね。
 
ご自宅で低温調理器を使うとすれば記事にあるようにステーキですね。輸入物のお肉が通常のフライパンで焼くだけに比べて柔らかいままステーキにできます。ただ、お肉の質があまりにも良くないと筋が残っちゃったりで硬いままなので、アメリカ産ならプライムというランクのようにある程度の質のお肉を使うのがベターかと思います。
 
低音調理器はアイリスオーヤマや他メーカーから結構安いものも出てるので色々見てくださいね。