千葉県の焼肉屋さんが冷凍した肉料理を販売する自動販売機を開発したというニュースがありました。


肉料理は自販機で 焼き肉店が冷凍加工品 印西5月1日から印西市内で焼き肉店「焼肉京城苑」を運営する「松山商事」(同市、菰岡清美社長)は、冷凍した肉料理を販売する自動販売機を開発した。千葉ニュータウン店の前に設置し、5月1日から24時間で販売を始める。同社リンクwww.chibanippo.co.jp


メニューは3種類で「やみつき肉餃子」と「生ハンバーグ140グラム」、「牛とろフレーク280グラム」だそうです。


コロナ禍での飲食店は、テイクアウトやインターネット販売に活路を見出そうとしていますがなかなか結果が出ないお店も多いようで、自動販売機とは新しい発想ですね。


しかしよくこういう事を思いついたなぁと。記事を読むと、「コロナの影響で苦境を強いられる中、中国やアメリカを視察した菰岡翼専務が、現地で急速に進む「無人販売」に新しいビジネスチャンスを見いだした。」そうです。


アメリカや中国のような言い方は悪いけどコロナの先をいってる地域を経験してそこにヒントを得たという事ですね。


やっぱり動くと何かを得られるという事です。黙って雨が止むのを待つのもいいけど、動く事ですね!もちろん動き方も大事ですよ。


この自販機は今飲食店さんからの申し込みが多いあの事業再構築補助金の要件にも当てはまりそうなのでかなり有効だと思います。