およそ40数年前、牛タンが焼肉店で歴史上初めて登場したと言われています。


そのお店はかの有名な六本木の叙々苑さん。

もう全国の焼肉屋さんはこれだけでも新井社長には頭が上がりませんよね。


どんなきっかけで牛タンにレモンをかけるようになったかわからないけど、40年経った今でも全国の焼肉屋さんでレモンが牛タンに1番使われていることは間違いありませんから凄いことです。


うちのような町の焼肉屋が成り立っているのも、先駆者の先輩方の存在があってのもの。


今一度初心に帰って焼肉の歴史について認識を高めるときかもしれません。