こんにちは〜。

10月から関東の台風、消費増税の影響か、飲食店でも昨年より集客が出来ていないお店が増えてると聞きます。

今後も飲食店はそういった災害や増税による影響を受けるかもしれませんが、最大のライバルは家庭なんだと思います。

冷凍技術の発達で美味しく加工されたものがネットで簡単に買えて翌日に自宅に届いたり、百貨店やスーパーで販売されてる惣菜も一昔と比べるとかなりレベルが高くなってたり、焼肉に関して言えば、自宅でも煙の出ないカセットコンロ式の焼肉機器が発売されたりと、外に出るのが面倒な高齢者の方々には最適な環境となってきています。

外食産業の恐るべきプラットフォーマーは家庭なんですね。

そんな中、私たち焼肉屋さんがやれることは、

『家庭では食べれない品質、工夫された料理の提供』

これに尽きると思うんですね。


家庭で、この肉寿司。食べれませんよね?




家庭では食べれない価値を持った商品の開発、そしてその販促(これができていないと意味がない。伝わらないのはないのと一緒)をしっかり!!

そうしていくことで、お店にわざわざ来ないといけない価値が生まれてくる。いくら家庭で頑張っても体験できない空間が作られていくのです。

新しい商品開発をしていくことで、金太郎飴のような周辺店舗との差別化も自然とできてきます。

家庭に負けないよう焼肉屋さん、頑張りましょう!!