風見鶏

テーマ:

風見鶏とは、主に鶏をかたどった風向計です。9世紀ごろからヨーロッパで屋根の上に取り付けられていた。鶏の方向によって風向きがわかることからウェザーコックとも言われている。実際は鶏として魔除けとして取り扱われた。鶏は雄鳥である。雄鳥は警戒心が強いことをしめしている。中世で用心深さを大切にされた。また鳴き声は悪魔をよせつけないとも言われていて魔除けに使われている。キリスト教の逸話から「罪への警告の象徴として「飾られた。日本ではしゃちほこのように災いの厄除けのお守りとして扱われている

 

広報PR+風見鶏の効果てき面です!