ムシムシと | こうなん動物病院
2017年08月30日

ムシムシと

テーマ:看護士ブログ
最近、時間が経つのはあっという間だと感じることがあります。
この間まで蝉の声があちこちから聞こえていて、段々と聞こえなくなったなと思っていたらつい先日コオロギの姿を見かけました。夜になると鳴き声も聞こえてきます。
秋も少しずつ近付いているんですねイチョウ
それでもまだ昼間はムシッと暑い日が多いです。

そんなじめじめとした梅雨から暑い夏の間は、ワンちゃんやネコちゃんは皮膚病になりやすい時期でもあります。
理由としては、バイ菌が暑い時期に増えやすいからです。
黄色の矢印で指してある、雪だるまのような形をしているのがマラセチアという真菌(カビの一種)です。
健康な子でも体表に少なからず菌はいますが、その菌がブワッと増えてしまうと皮膚炎が起こり、ベタつきやフケ、痒みが起こります。

中でもダックスさんやプードルさんの様な垂れ耳さんは耳の中が蒸れやすいので、そこで菌が繁殖して外耳炎になってしまうことも···。
他にも、脇の下や鼻ぺちゃさんのお顔のシワ、汗をかく足の裏なども蒸れやすく、痒みが出て赤くなりやすいです。
ワンちゃんやネコちゃんは気にし出すと、舐めたり掻いたりと一気に酷くしてしまうので注意してあげる必要があります。

定期的にお耳の掃除をしたり、シャンプーをしたりクリーナー等で拭いてあげたりとお手入れをしつつ、皮膚の状態をチェックできるといいですねウインク

こうなん動物病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス