こんにちは!中村心春です。

次は8室と12室についての記事を!

。。。と思っていたのですが、以前書いた「ヨッド」と「ブーメラン」の記事に関する新しい気付きがあったので、先にそちらについてを星


【過去記事】
          ↓
「神の手」と呼ばれる「ヨッド」と「ブーメラン」のアスペクトを体感する


この記事に書いたように、私は「ヨッド」と言われる使いにくいアスペクトを持っています。

この「ヨッド」を一気に動かすアスペクトが「ブーメラン」です。

使いにくいヨッドですが、これを使えたときには、秘密兵器のように面白い自分が出現します。

私の「ブーメラン」を発動するのが、蠍座の20度前後にあたります。

ですので、蠍座の20度前後を、トランジットの天体が通過する時期。

もしくは、ここに天体や感受点を持つ相手と出会うとき。

人生が大きく動くことにつながるのです。

実際に、ここに【太陽】【ドラゴンヘッド】を持つ、私のタロットの先生との出会いで、今の道が一気に開けて、実際にこの道を進むことになりました。

トランジットの【木星】がここを通過しているときに、ちょうど仕事を辞めて、新しいスタートを切りました。

私の「ヨッド」の頂点は【月】なので、自分が意識しないところでの変化が、大きかったです。

この【月】は12室で『牡牛座』なので、「隠されたもの」を表すところにあります。

ですので、見えない世界、精神世界のところで、自分の才能や感覚を使っていくことが、【月】をつかうということなのかなと。

ヨッドの残り2つの点は、7室の【海王星】と、5室の【太陽】と【木星】です。

なので、【月】を使うことで、「他者」を理解し、「自分を表現」することにつながっていくのだと思います。

Tスクエアなどの複合アスペクトは、その頂点をしっかり使うことで、のこりの点にあるハウスの事柄を生かすことができるようになります。


あと、私のこの【月】は「ヨッド」以外にアスペクトがなく、「ヨッド」を使えなければ宙ぶらりんのとても不安定で寂しく心細い【月】です。

ブーメランとなってくれる人との出会いは、外からも内からも、支えとなってくれる存在になるようです。

さて、そんな大切な「ブーメラン」さん、実は、ものすごく近くにもいたことが判明しました!

それは。。。


旦那さんでした!!

今さら(笑)!


家族のホロスコープは何度も見ていたのに、これぞ西洋占星術の不思議。

必要なときに、必要な星が見えてくる。
(単に私が抜けているだけかもですが)

旦那さんの【MC】が、ちょうど「ブーメラン」の位置にあったのです。

びっくりするとともに、納得でした。

私が仕事を辞めたあとすぐ、怒濤のように、旦那さんの周りも大激変しました。

私の「ヨッド」が動くことが、旦那さんの【MC】社会との関わり、天職、のところを動かした、、、ということだったのかもしれません。

今、旦那さんも、大きな変化を経て、自分の道を、夢と目標を持って生き生きと走り始めています。

旦那さんと出会った頃、

「この人といれば、私は何があっても大丈夫だ」

と、なぜか根拠もなく感じていました。

それは今でも変わらず。

そうか、私の【月】を支えてくれていたのか。。。

そして、私が【月】を使って生きることは、旦那さんの人生を、必要なところに向かって動かすことにもつながるのかもしれません。


ずっと思っていることですが、やっぱり、人は人と関係して生きることで、自分だけではできない力が出せるのです。

例え、葛藤を伴うものだとしても、動きがあるところにはエネルギーが生まれます。

それは、必ず人生を動かしてくれる原動力となります。


鑑定でも、相性をみてくださいというご依頼は多いです。

その人と「合うか合わないか」じゃなくて、どうその人を「理解し、関わっていくか」
お伝えしています。

どんなに良い相性でも、お互いの努力なしに良い関係は続けられないですもんね。

人とのご縁は宝物です。

ましてや、家族やパートナーとなる人ならなおさら。

私も、自分の「ヨッド」を使っていくことの変化が、どう旦那さんにも影響していくのか??逆もしかり。

楽しみにしていたいと思います照れ


ありがとうございました!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


~鑑定・レッスンについてHPはこちら~

https://www.koharu.space


西洋占星術のレッスンについての記事

こちら