小言オヤジの暇ん日記
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

脱帽(アーモンドアイ)。

こんばんは。

当たったのは当たったけど・・・アーモンドアイに申し訳ない。

本日、行われた第40回ジャパンカップ(GⅠ・芝2400m)は、
C.ルメール騎乗の1番人気、アーモンドアイ(牝5)が勝利。
同馬はこのレースで引退を表明しており、
芝G1・9勝目をマーク、見事に有終の美を飾った。

また、アーモンドアイはこれまでJRAで12億1632万9000円、
海外で3億9570万900円を獲得しており、この勝利で3億円を加算。
19億円超えを達成して、歴代1位の”キタサンブラック”の
18億7684万3000円を抜き総獲得賞金ランキングで1位となった。

2着にコントレイル(2番人気)、3着にデアリングタクト(3人気)。

アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト、史上初めて
3頭の”三冠馬”が激突した「世紀の一戦」を制したのは、
アーモンドアイだった。
本当に強かったな・・・ピークを過ぎたなどと云って申し訳ない。
GⅠ勝利も「9勝」・・・暫く抜かれることは無さそうな大記録。

他の馬たちも、死力を尽くして頑張ったと思う。
先ず、勝利した「アーモンドアイ」は”完璧な騎乗”だった。
芝がギリギリ綺麗な内側のラインを選び、距離ロスなく、
グローリーヴェイズの後ろを追走、
仕掛けどころでしっかり外に出し、”横綱競馬”で突き抜けた。

2着の「コントレイル」・・こちらはかなり厳しかったな・・・。
道中は「アーモンドアイ」と同じくらいの位置にいたのだが、
仕掛けどころで、かなり外を回ってしまった為、
”ポジション”が下がってしまった。
最後の直線は”最速の脚”を使っていただけに、少し勿体なかった。

3着の「デアリングタクト」・・こちらもヤバかった。
最後の直線で、「コントレイル」に先に動かれて、進路が無くなり、
やむを得ず、前を走っていた「カレンブーケドール」の内側を選択。
苦しいところに入ってしまった。
本来なら「カレンブーケドール」に負けてもおかしくなかったが
そこは”三冠牝馬”の底力で、ハナ差凌いで価値のある「3着」。

ただ…この馬、直線で結構”追っていた”ところを視ると、
東京コースの”スピード決着”はあまり得意ではないみたいだな。
オークスの時と同じように”苦しい走り”になってしまったからね。

4着の「カレンブーケドール」・・・この舞台は”得意”なんだな。
騎手が津村君だったから躱されたが、岩田騎手や川田騎手だったら
「デアリングタクト」くらいは封じていたかも知れない。

5着の「グローリーヴェイズ」・・アーモンドアイと同様、
まったく無駄のない競馬で川田騎手は”完璧”だった気がする。
最後まで伸びていたし、上位馬には「キレ負け」した感じ。

6着の「ワールドプレミア」・・相手が”三冠馬・3頭”、
”休み明け”を考えると相当優秀だ。
”ひと叩き”された次走は多分「有馬記念」に出走すると思うが、
期待出来る。
ただ、鞍上・武豊騎手は”中山競馬場だけ”は「下手糞」だから、
去年のように「最後方」から大外をブン回していては勝てないか。

”期待馬”が”期待通り”の走りだった・・・配当が低い訳だね。

ジャパンカップ2020。

こんばんは。

厳しい”コロナ禍”にあっても、盛り上がっている「中央競馬」。

2020年の今年は無敗の「三冠馬」「三冠牝馬」共に”誕生”した
”日本競馬史上”過去にない”特別な出来事”が起こった。
それだけではなく、過去”GⅠ・7勝”が最高だった名馬たちの”記録”を
三冠牝馬の「アーモンドアイ」が更新し「8勝」を挙げた。

そんな究極の”猛者・3頭”が、明日”ただ一度”だけ「勝負」する
”日本競馬史上”・最大のイベントが開かれようとしている。
本来であれば、こんな「化け物」が”3頭”も出走して来るレースに
参戦しても”勝算”は限りなく「0」に近いのだが、
出走馬の”番組表”に名を連ねること自体が「名誉」となる・・・
出走頭数が「15頭」も揃った。

そんなレースに触れないのも野暮な話・・・。
的中する”自信”など無いが、「予想」して視ることにする。

本命◎は、今年(2020年)の”三冠馬” 6.『コントレイル』。
ここまで「7戦7勝」クラシックレースの”王道”を駆け抜け、
総て”勝利”して来たこの馬を『1番手』に挙げない理由が無い。

前走の「菊花賞」・・・芝:3000mの距離は彼にとって非常に
厳しいモノだった。
だが、持ち前の「根性、底力」で捻じ伏せた。
血統的には、2着馬(アリストテレス)のほうが”断然有利”。
数々の”2冠馬”が、その「血統」に泣いてきたのだが、
この馬はそれを振り払った・・・強い上に「成長」している。

”東京コース”は出世レースの”東スポ杯(GⅢ)”を「圧勝」。
”日本ダービー(GⅠ)”も同じく「圧勝」。
今年は”左回り”の中京で行われた”神戸新聞杯(GⅡ)”も「圧勝」。
その勝ちっぷりから不安要素が全くなく「東京芝:2400m」が
”最良の舞台”と云えるだろう。
菊花賞の”激走”で、少し調子を落としていたみたいだが、
今週に入って”スイッチ”が入ったのが、回復したようだ。
”100%”の出来に無くても「勝ち負け(1,2着)」にはなりそうだ。
古馬との力関係も「サリオス」が”毎日王冠”で証明してくれている。

対抗○は、GⅠ・8勝、2018年の三冠牝馬 2.『アーモンドアイ』。
現役最後の”1戦”は、確実に”勝ち”に行くために
一昨年”レコード勝ち(2・20・6)”したこのレースを選んだ。

”東京コース”は「超得意」だし、彼女の良さが最も”活きる”舞台だ。
だが、本命◎を打てなかったのには不安があるから。
先ず、天皇賞(秋)を勝利し、JCを連勝した馬が殆どいない事。
おやじの記憶では「テイエムオペラオー」と「ゼンノロブロイ」だけ。
「シンボリクリスエス」も「キタサンブラック」も負けているし、
「ディープインパクト」も、この”ローテーション”は選ばなかった。

また、天皇賞(秋)の勝ちっぷりが、以前ほど”圧巻”では無かった点。
”ピーク”を過ぎている気がしたんだよな。
”距離不足”で適距離ではなかった「フィエールマン」にあそこまで
詰められていたからね・・・。
この馬は「マイル路線」を使っているように”適距離”は、
「1600~2000m」で「2400m」という距離は強いから走れるだけ。
「レコード勝ち」しているとは云え、ベストではない。

また、一昨年は東京の馬場が”パンパン”過ぎて、スタミナを要さない
”スピード決着”になった為、この馬の良さが最大限に活きた。
本日の競馬を視た感じ”走る場所”を考えないと拙いくらい
馬場状態に「差」が出ている。
スーパーカーの彼女が、”SUV車向き”の「馬場状態」を克服出来るか
分からない。

3番手▲は、今年の三冠牝馬、5.『デアリングタクト』。
長年積み重ねられたの「競馬データ」からは”53kg”の斤量で
出走出来る「3歳牝馬」は、かなりの”好成績”を残して来ている。
”JC”は「3歳牝馬」が勝ち負け出来る代表的なレースだ。

だが「無敗」の彼女、まだ、古馬とも牡馬とも戦った事が無い。
また「無敗」とは云え「5戦5勝」とレース数も非常に少ない。
戦った「同世代」の牝馬たちを「物差し」として考えると、
古馬との一戦「エリザベス女王杯」で”最先着”を果たしたのは、
「4着」だった”ウインマリリン”。

勝った”お姉さん(ラッキーライラック)”とは結構「差」があった。
このお姉さんは、”アーモンドアイ”に「完封」されている・・・。
彼女とウインマリリンは”オークス”では「半馬身差」。
しかも”ウイン”鞍上の「横山典弘」騎手にうまく乗られてしまった為
何とか「差し切った」感じだった。
視る限り、東京コースが「得意」という感じではないんだよな。

やってみないと分からないが、”強気”にはなれない。
”アーモンドアイ”よりも勝っているのは血統からくる「スタミナ」。
これを巧く活かせれば、”逆転”は可能かも知れないけど。

長くなったので、後の△は、手短に・・・
”京都大賞典”で苦手の”休み明け”を快勝した15.『グローリーヴェイズ』。
”有馬記念”以来の休み明けだが「成長力」が異常で、不気味に映る
3.『ワールドプレミア』。

3連複で:『6-2,5-2,3,5,15』。
3連単で:『6,2➤2,5,6➤2,5,3,15。』
おやじの”思考”として「本命馬」を”3着”にはしたくないけど
一応『2,5➤2,5➤6』も買っとこうかな・・・。

考えたら”5頭”しかいないし「2,3,5,6,15」のボックスにすれば、
「10点」くらいで抑えられるんだな・・・。

思考が真面じゃない。

こんばんは。

まじで「阿呆」か?・・今度のトップも冷静な判断力ないのか。

先日24日の「国会」での話・・・
立憲民主党の枝野代表が、政府の「GoToトラベル」事業が
新型コロナウイルスの”感染”を「拡大」したと追及したのに対し、
菅首相は「エビデンス(証拠・根拠)はない」と強調した。

菅首相は、GoTo事業が地域経済を支えていることは事実だとして、
今後も事業を継続していく方針を強調した。
完全に「新型コロナウイルス」を舐めているようだな・・・。
こういう奴は自身が「ウイルス」に感染しないと分からないか。

立憲民主党・枝野代表は、
「(GoToによって)直接感染が広がったかどうか、エビデンスはない。
でも、なぜ広がっているか分からないなら、(GoToが感染拡大の)
”理由ではない”というエビデンスがないんじゃないですか?」
と揚げ足取り・・・
一方、菅首相
「GoToトラベルによって、地域経済を下支えしているということが
事実では。GoToトラベルが感染拡大の主要な原因であるとの
エビデンスは、現在のところ存在しない」・・・と返す。
見苦しいだけの「言い合い」に発展している・・時間の無駄だな。

それにしても「エビデンス」なんて言葉は久々に聞いたな・・・。
昔、推していた「AKB48・藤田奈那」のシングル曲
”右足エビデンス”以来だな・・・「証拠・根拠」と云う
便利な日本語があるのに、どうやら菅総理も「横文字」を使うか。

話が逸れたが、こんな事を繰り返していたら感染など止まらない。
本日も実に『570人』・・”感染者数”が益々増えていて、
前回「規制・制限」をかけた時よりも、遥かに「悪化」の
一途をたどっている。

ウイルスの”拡散元”が「東京都」だったのは物理的に確かだろう。
元々「ウイルス」など何も無いところに、
”東京から”来た人間や”東京から帰って来た”人間が「感染」して
拡散させている・・・疑いようもない事実だろう。
山梨なんかは感染者が少ないから「感染経路」がはっきりしていて
殆どが”東京絡み”、ひとり”大阪(ライブハウス)”だったけどな。

この期に及んで「エビデンスが存在しない。」とか・・・
”アンタ頭大丈夫か?”としか思えないよな。

結局、「経済優先」で国民の「命」を蔑ろにしているだけだ。
これでは「警戒心」が強く、コロナウイルス蔓延の”初期段階”から
「警戒」し、”宿泊施設”や”温泉施設”などを早くから閉めて、
経済活動を我慢して来た「山梨県」なんかはホントに馬鹿馬鹿しい。

ただ・・・昨日(11月26日)、あれだけ「感染者」が出ていたのに、
山梨県が『0』だったのは、ある意味凄いな・・・。
東京都が「481人」、神奈川県が「254人」、埼玉県が「160人」。
隣接している都県が”3桁”を超えていたからね。

”検査に行かなかっただけ”かも知れないけどな・・・。

過ぎたるは猶・・・?

こんばんは。

確かに”期待”はしていたけど、何か違う方向へ行ってるな・・。

この頃、ネットを視ているとやたらめったら掲載されているのが、
元・テレビ東京のアナウンサーで現タレントの『鷲見玲奈(30)』。

”アナウンサー時代”の印象が余りに素晴らしく、
”明るくて爽やかで色気もある美人”・・・として注目していた
とても魅力的なアナウンサー。

”スキャンダル”から「テレ東」を退社し、現在フリーになった彼女。
その”美貌”と”明るいキャラクター”が放っておかれる筈が無く、
フリー後は、様々な”仕事”が舞い込んでおり、
請け負う範囲(守備範囲)が広い(NGが少ない)のか、
数々の民放に出演する姿を見掛けるようになった。

ファン・・・と云うか、彼女を注目している人間からすれば、
「テレ東以外」でも、視る事が出来て嬉しい限りなんだが・・。

ただ、気になるのは、”忖度”でも受けているかのようにネットで
やたら挙げられている事。
確かに”美人”で”魅力的”だが、ちょっとやり過ぎてないか?と
思うくらいどうでもいいニュースまで毎日のように挙げられている。
彼女に好意的な人間でも、若干"ウンザリ”するレベルだ・・・。

”アナウンサーの垣根を超えた・・・”などと煽てる記事もあるが、
抑々、フリーになってから「アナウンサー業」をやっているのを
視た事が無い・・・いつもゲスト出演ばかりだよな。
例えるなら、本職を卒業した「宝ジェンヌ」が、その後、芸能界で
”遅咲き”のデビューしているのに近い感じ。

ここまで連日で煽ると、徐々に彼女の視たくない「粗」も・・・。
「あれっ?こんなモンか・・」という面も”見え隠れ”して来たよ。

恐らく”男性ファン”の中に、そう感じる者が少なからずいたらしく
「おせっかいな書き込み」する輩もいたようだが、
その書き込みに対して『お前らの意見なんかどうでもいいよ!』と
言わんばかりの”コメント”を返している。
どうやら彼女のスタイルは「田中みな実(34)」路線なのかな。

男性と云うのは(女性もそうかも知れないが)意外と”外見”以上に
その”中身(性格)”も視ているモノだ。
特に「アナウンサー」から「タレント」に変わったのだから
尚更、その”人間性”も世間に”監視”される事になる。

そういう点で、”テレ東”時代の彼女を「100点」だとすると、
意外と「プラス」に感じるモノが無くなった気がするな・・・。
アナウンサー時代が良過ぎた分、そう感じるのかも知れないけどな。

”被写体”としては今も「極上」だと思う・・・だが、何か違うな。
今は”チヤホヤ”されているが、このまま行くと、思ったより早く
「飽きられちゃうんじゃないか・・・」と心配になるよ。

少し前まで”文句なし”に「ナンバーワン」だと思っていた
”魅力的なアナウンサー”だったのだが、今は、彼女と”他社同期”で
彼女と親友らしい「林美沙希」アナ(30・テレビ朝日)とか、
とりわけ「テレビ朝日」の”現役アナウンサー”に魅力を感じている。

恐らく「会社員(局アナ)」時代はそれ程、メディアで「本音」を
語らず”控えめ”、「プライベート」をそれ程知られていないからこそ
「魅力」が増していたのかも知れないな。

”モテアピール”なのか「恋愛遍歴」を饒舌に語るのも残念・・・
同姓にマウントを取りたい輩がよくやる手法だが、赤裸々語りは、
男性の視点からすればタダ性的に緩い、ドン引きするだけの話・・・
女性としての品位を損ね、安っぽくなるから、やめて欲しいな。

フリーになって、露出が増え、言いたい事言うようになったら
「案外、この程度か・・・」という事なんだろうな・・・。
『競馬番組』でも「後出し・裏馬券」とか、競馬ファンからすると
”反感”を買うような「タブー」を平気でしてしまうしな・・・。
「的中したレース」も”人気馬”から「点数」を多く流せば、
(要するに金を持っている(財力のある)やつが手広く流せば)
比較的簡単に”的中出来た”モノばかりだったしな・・・。

最近買った「2021年カレンダー」・・これが最後になるのかなぁ。
メディアに露出し過ぎたのが、却って裏目に出てないかな?

正論。

こんばんは。

頭にカビの生えたプライドばかりが高い「OB共」が”時代錯誤”に
ウダウダ言っているようだが、答えは「シンプル」・・・。
現役の”彼”の発言が明白な真実だろうね。 

昨晩行われたSMBC日本シリーズ2020第4戦・・・
3連敗で迎えた崖っぷちの読売巨人は1―4でソフトバンクに敗れ、
4連敗で終幕・・・8年ぶり日本一を逃した。
2年連続で1勝も出来ず日本シリーズ敗退が決まるのは、
プロ野球史上初の屈辱。
また、この敗戦で楽天と対戦した2013年第7戦から日本シリーズ
”9連敗”となり、西鉄(現西武)と対戦した1958年第4戦から
南海(現ソフトバンク)と対戦した61年第1戦に喫した
シリーズワースト記録に並んだ。また、巨人のこの敗戦で、
セ・リーグ球団は敵地で2013年第7戦から「19連敗」となっている。

・・・だがこんなのは結果として積み重なったモノ。
メディアやOB達が”責任を押し付けるような文言”を並べるのは
おかしな話だ。
”8連敗”などと騒がれるが、寧ろ”巨人”がペナントレースを「連覇」
したからこそ、目立ってる見えるだけ・・・。
例えば、最近「優勝」していない「ヤクルト」辺りが優勝し、
日本シリーズで「4連敗」したとする。
そして”15年後”くらいにまた優勝したとして、日本シリーズで
「4連敗」しても同じ「8連敗」なのにこれほど言われない。

読売巨人で”キャプテン”を務める「坂本勇人」(31)は、
「去年の悔しい思いを、今年は何とかやり返したいという気持ちで
臨みましたが、”力足らず”が結果に表れてしまいました」とコメント。

これは視ていて分かる・・彼の云う通り「力足らず」なのだ。
それはチーム力だけではなく、「個人差」も大きな要因だ。

先ずは”投手力”・・・。
「読売巨人」は昔から「3本柱」と呼ばれるエース級が『3人』はいた。
だが、現在のチームを視るとどう見ても『菅野智之1人』なんだよね。
特に”短期決戦”は、ゲームを作れる”エース”が多いほど有利だ。

SBには”千賀滉大”をはじめ「計算」が立つ投手が揃っている。
そして”決定的に違う”のが『中継ぎ・抑え』の信頼感。
いつ打たれるか分からない巨人に対して、本当に打てない投手ばかり。
6回くらいまでに”セーフティリード”を作らないと駄目だ。

次に”打者”。
やはり「パワーヒッター」の数が違う・・・。
読売巨人は「岡本和真」だけ・・・「坂本勇人」も「丸佳浩」も
”パワーヒッター”と云うよりは”アベレージヒッター”だ。
岡本を含め、今年は”3人”とも「3割」を打っていないしね。

”一発の怖さ”は「岡本」や「他球団のスラッガー」に較べ弱い。
”ウィーラー・中島・大城”なども「一発」はあるが、
苦手なコースに丁寧に投げれば、比較的打ち取りやすい。
ウィーラーは”外角低め”に落とせば大概「空振り」するし、
大城は”内角低め”の足元に落とせば「空振り」する。
中島は”高めの釣り球”に弱い・・・。

ソフトバンクは中村晃の後に”柳田・グラシアス・デスパイネ”など、
投げ損じたら「即・スタンドイン」の”化け物”が揃っている。
その上、栗原・甲斐など、粘着質(粘り強くしぶとい)の打者が
いるので”穴”が少ない。

つまり”個人の能力”でも、チーム間に「差」があったという事。
これで”プライド”だけで「頭ごなしに勝て!」と云うのは無理だ。

ただ簡単に無理と云うのは簡単な話で、解決にはならない。

来年度に向けて巨人がやることは、ペナントレースで
シーズンを安定して「固定レギュラー」として戦える打者を作る事。
非レギュラーは、少し打てないとファームに落とされるので、
ゲームを楽しむ余裕が無いから、プレーが小さくなってしまう。
多少駄目でも我慢して、起用し続けないと、シーズン安定して
強い選手を作ることは出来ない。
『日ハム・大田泰示』がいい例・・HR数が全然違うモンな・・・。

「日ハム・清宮」までとは云わないが、
多少は眼を瞑っても、使い続ける選手が必要だと思う。

結果、レギュラーとして頭角を現すのは「走・攻・守」揃った、
”スモールベースボール”を得意とする無難だが、華の無い
”器用貧乏”ばかり・・・”大舞台”でヒーローになれる
阿部慎之助みたいな「大物選手」の存在がまだいないんだよな。

素材として捕手の『大城卓三』・・・
捕手を3人も使い回しているから、なかなか実力が付かない。
毎試合に出ている”SB甲斐”と較べたら「経験値の差」は、
益々ついてしまうだろう。
”成長次第”では「阿部慎之助」に近いパワーヒッターになれる
素材なのだから「捕手」をチョロチョロ替えるべきではないよ。
”炭谷銀次郎”や”小林誠司”は完成されているから、
彼らこそ「控え」であり”炭谷”は「長打力」があるから、
”捕手”よりも「代打の切り札」として位置付けたほうが良い。
もし「大打者」を育てたかったら、
ある程度”固定”して、使い続けなければ、”成長”は見込めない。

また『吉川尚輝』も同じ・・・もう少し我慢してでも、
固定して起用しないと”底力”が付かないだろう。
彼は守備力は抜群だし、ホームランを打てるパワーもある。
”仁志”や”篠塚”のような「名選手」になれる素材だ・・・。
多分、現役時代の「元木コーチ」よりは、遥かに”上”だと思う。

後は「投手」か・・・こちらは時間が掛かりそうだな・・・。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>