Fishing Trip

テーマ:

こんにちは わさお


今日はお仕事~~~~~~~




・・・・・・の





・・・・・・・・・・ハズが 汗







ボートが

壊れましたっ!!





がーーーーーーーーーん ガーン!!


しか~も、エンジンチェックしたときはなんでもなくて、

ゲスト40数名を乗せて出発 船


そしたら15分くらいしたあたりでエンジンが死にました。

いえ、正確には死んではいませんでしたが、

死にそうになってました。


・・・つーーーーか、煙出てたし 煙

あのまま無理してたら火を噴いてたかもですし。


あっさり、他のボートにヘルプを頼んで、水上でゲストを移動。

我々はこれまた別のボートに牽引してもらってマリーナに戻りました。


笑える・・・。(いや、笑えないけど)

一昨日は人のボートを助けて、

今日は人のボートに助けられて。。。。


ま、小さい島ですからね。

お互いに助け合わないとです~~~~ らぶ


そんなこんなでお仕事終わり。

今日の分はお給料でません。

ぢぐじょーーーーーーーーーーっっっ oh no!


マリーナまで出かけた車のガス代と

顔と身体に塗りたくった日焼け止め代と

水着に着替えた私の労力と

20分くらいだけゲストに向けた笑顔の分の


お金くれっっっっ!! $$$


わはは

どんだけケチ??


ま、冗談ですから~~~~~~。


さて、今日はフィッシングトリップのお話 うお座


ケイマンではいろんなタイプのフィッシングができます。

私が好きなのはDeep Sea Fishing.

遠くまで出かけてツナとかブルーマーリンとかマヒマヒなんかを狙います。

4時間のときもあるけど、だいたい8時間かなあ。 魚時計


Deep Seaのときは海が荒れてても出かけます。

結構みんな酔いますね。

アメリカ人なんて日本人に比べたらずっと船酔いには強い人種ですが、

それでもゲロゲロやっちゃう方は多いです。


ん?私?

私はね。意外と平気なんです。

自分でもびっくりしました。


もともとの私はものすごい酔いやすい人。

ボートに限らずすべて(飛行機以外の全部)の乗り物に酔う。

ところが仕事だと大丈夫なんですよ。

そりゃ時々は気持ち悪くはなりますが、吐くまではいかない。

不思議ですね~。


でもいっちばん最初のDeep Sea Fishingのときは

絶対に無理だと思ったんで、普段は使わないようにしている

酔い止めの薬を飲んで出かけました。

薬はやっぱり反応が鈍くなっちゃうから我々イントラには向いてない。

判断力の低下が事故につながったら怖いですからね。


で、このときは薬を。。 薬

しかもこっちの有名な強い薬を飲んだわけです。

ダイビングじゃないし、いいかな?なんて気楽に・・・・。


大失敗でした。


フィッシングのときは、私はキャプテン。

ひたすらボートの操縦。

だって、お魚とのファイトなんてできないもの。

数時間ものファイトなんて


無理無理無理無理・・・・・・・・・・・・!!


で、薬を使ったこの日。。。

当然のように酔うことはなかったんですけど、

もーーーーーーっ!眠たいのなんのって。。。。。。。。眠い

気がつくと寝ちゃってるの!!! 

操縦しながら・・・・・。

ボスにどつかれて目が覚めたりして。

でもまた寝ちゃう。

最後には椅子から転げ落ちましたもんね。寝ながら あくび

それくらいキョーーーーーレツな薬。


まぶたにマジックで目を書きたいくらい眠い・・・。

爪楊枝でまぶたを押し上げておきたいくらい眠い・・・。

人生であんなに眠たい思いをしたことのない眠たさでした。

たぶん、目をなんとか開けていたときも、白目剥いてたかも(爆) ガーン


しまいにはさすがのボスもあきれて

笑いながら操縦代わってくれましたが

(たぶん相当危なかったんだとおもわれます。私の操縦)

あとで、めっちゃくちゃ怒られました。

そりゃそうだ。

最低だもの・・・。反省しましたよ。本当に ガクリ


それ以来、薬は使ってません。

いつもコーラの6缶パックをクーラーボックスに入れて持っていってます。コーラ

Believe or Not!!!

これ、効きますよ~~~~~。船酔い止めに。

下手な薬よりもよほど効きます。

炭酸を飲めば、胃の中でガスが発生するからそのガスが充満することで

胃袋が落ち着くんです。

いや!これホント!!!


乗り物に酔いやすい方は一度お試しあ~~~~れ~~~~ネコの肉球



ケイマンの大物記録は300キロ以上あるブルーマーリン。

ファイティングタイムはなんと6時間以上ですって。。。


そんなことやったら死ぬ。


うちのボートでの記録は200キロちょっとのブルーマーリン。

ケイマンの記録からは程遠いですね。

でもこれでも大変でした。

私は運転してただけだったけど。

それでも操縦が忙しくてね、

ボスにずっとどなられてました。。。

前へ進め、いやバックだ!遅い!前だ!NO-!!!後ろだ!

スローダウンだ!早く前に出せ!!NO-!!!STOP!!!!

・・・とまあ、忙しいわけです。ハラ立つくらい。

まあね。魚の動きに合わせるのが大変。。

私からは魚見えてないし。

ボスは自分が興奮してるからもう舞い上がっちゃってて。

なんせゲストより興奮してますからね。わはは。

その分、大物を釣り上げたときのうれしさといったら

ゲストもクルーもみんな充実感と一体感を感じられます。


最近、Deep Sea行ってないな~~~~~~~。


なんせ使ってたボート・・・ハリケーンで海の底へBYE~~~台風

破片だけずいぶん後にみつかったりしましたが。


怖い怖い。ハリケーンは怖い。

またそのうちに、わたしのハリケーン体験でも。。。


最近よくやってるのはReef Fishingです。


これは名前の通り、リーフの内側でのお魚さん釣り~。


こごっちな暮らし
(Caymanの海は青いです)


子供さんを連れた家族に人気がありますね。

それと、確実にお魚を釣りたい方むけ。

なんせDeep Seaの場合は当たれば大きいけど、当たりが来ない日もありますから。

けっこう悲しいですよ。

ぜんぜんヒットがない日って。

ボートの上の雰囲気もしら~~ってなるし。


Reef の場合はそんな心配もいりません。


ほぼ確実に何かは釣れます。


何かって???


ははは・・・・・たまにはハズレもあります。

食べられない魚が釣れたりね。そのときは逃がすだけの話です。


たいていはスナッパーとかグラントとか

いわゆるフエダイ系の白身のお魚が釣れます。

ときどきグルーパーなんかのハタ系。


でもときどきはこんなのも


こごっちな暮らし
トランクフィッシュです。

こごっちな暮らし

えっと・・・日本語はなんていったっけ??

う”””””””””--------- あせる


そだっ!ハコフグ!!!!

それそれ!!!


硬い殻みたいなので体を覆われた魚。

うろこはありません。

この殻。

ゆでるとやわらかくなる・・・らしいです。

試したことないけど。


こごっちな暮らし

食べれますよ。

綺麗な白身でフィレが3つとれます。


解体の仕方がおもしろいけど、

ちょっと写真で載せるには残酷かしらん。。。

やめときますか。


ま、多かれ少なかれフィッシングでは残酷なこともありますよね。

だって生き物を殺しちゃうんだから。

それは牛だって豚だって鶏だって一緒。

あ!コンク貝もだわ。


だから、ちゃんと心して食べないとね 食事


このときのハコフグちゃんも、ゲストがちゃんと持って帰って

食べてくださいました。

後からメールが来て、びっくりするくらいおいしかったって。

良かったです。


この日は確かバケツが2杯満杯になるくらい釣ったので、

ゲストだけでなく、マリーナの他のボートのクルーにおすそ分け。


私はフエダイを2匹フィレにしてもらって持ち帰りました。


軽く塩コショウして、

小麦粉はたいてオリーブオイル(+ちょこっとバター)

火を通しておしまい。


新鮮なものはシンプルが一番 akn


海の恵みをいただいた日でした~♪


日本に帰ったら、魚釣りなんて機会はめったにないでしょうから

今のうちにせいぜいしっかり楽しんでおきます。


ではではFishingの話はこのへんで。

バイバイ*