13階段

テーマ:

こんばんは にゃー


先日読んだのはこちらです 本


こごっちな暮らし

高野 和明


13階段


講談社文庫




犯行時の記憶を失った死刑囚。

その冤罪を晴らすべく、元刑務官の南郷は前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。

手がかりは死刑囚の脳裏に甦った『階段』の記憶のみ。

処刑までに残された時間はわずか・・・・。



この作品は第47回(平成13年)江戸川乱歩賞の受賞作。

高野和明のデビュー長編。

高野和明は映画やTVの脚本家であったそうですが、

この作品で作家へ。

なんでもこの時の江戸川乱歩賞の選考はとっても楽だったんだとか・・・。

この「13階段」がダントツに良かったということで。

・・・と、解説で、選考委員の一人でもある作家の宮部みゆきが書いてました。


なるほど、これがデビュー作というのはすごいわ!!


「死刑制度」という重たいテーマにプラスして、

犯罪者というのは本当に更生できるものなのか?

という問いかけもしています。


限られた短い期間での調査。

刑務官・南郷の過去。

仮釈放中の青年・三上の過去。

調査している事件の被害者の意外な人間性。

被害者の遺族の感情。


・・・などなどが絡み合って、

緊張感のある作品に仕上がっている感じ。


ただ冤罪を晴らしておしまい・・・というのではなく、

南郷にあてた三上の本心が書かれた手紙を最後に持ってきたのが

「おーーーーーーーーーっ!」という感じでした。


これはすごいわ・・・・・・・。


見事な構成!


この手紙の部分が無かったら確実に星の数が1個減ってたわね。

ちょっと、事の終わりが個人的にはがっかりだったもので・・・・。


この作品は映画化されたそうですね。

調べたら反町くんが三上役で出てた~~~(昔、かなり好きでしたドキドキ

でもこの映画、興行も悪くなかったみたいなのに、

高野和明は映画の仕上がりに不満だったのだとか。

まあ、作家には自分の描いたイメージが頭の中に当然あるでしょうからね。


ふ~~~~~ん。日本に帰ったらDVD探して観てみようっと。


ちなみにワタクシ。高野和明氏の他の作品も結構好きです。


お勧めの作家!!



星 星 星 星

星4つ