今日、北海道札幌市南警察署から電話があって、タラバガニ密輸事件前に

元道警辻本警部補が転勤で行っていた方面本部の稚内での出来事で、密輸や

違法な商売で儲けている者に、融通を利いて懐を温めていた両者の犯罪に

辻本元警部補が本部に異動で

道警元石坂警部と松葉会薄井秀夫との密輸犯罪に加わり、最初に当方に

600万円を強要して断れず、辻本元警部補の言う通り、稚内の者にお金を送った。

その後、辻本元警部補は恩を返せと稚内の者に当方の600万円を1年後に700万円にして返せで、押し付けたらしい。

そして結果、1年後にお金を700万円渡したのは辻本元警部補の命令で

薄井秀夫ヤクザに渡したらしい。

その間の1年間、辻本元警部補に何度も返済をお願いしたが、当方には

貸した人間が逃げたとか、連絡が取れなくなったとか嘘をついていたのだ。

その理由は、更なるお金を当方から引っ張る為の策略だった。

当方は司法や政治・知事・道議会議員がみんな見て見ぬふりをするので

実名に切り替えた。

親告罪で訴えるなら訴えればいい。名誉棄損の数十倍返しで全てを公表したいからだ!

人気がないので拡散出来ず、苦しんでいるが会話の証拠も弁護士・司法に

渡してあるのに、無視を貫くスタンスはトップダウンで絶対だ。

その証拠は別のブログを見てください。

その稚内の調停での約束で名前がネットから消えないから南署に訴えると

南署から電話があったので、どうぞ訴えてくださいと言った!

しかし、方や調停での約束で違法なことをしていたが利用された立場でもあるので削除の約束はしたので、出来る範囲で削除はするつもりだ。

今回はこれがオチだが

余談(下記)で・・・

この辺で、強権石坂元警部補を当方に紹介し、後でわかった、ヤクザの

薄井秀夫と手を組んで、結果両者からの脅迫で追加1000万円を取られる

形になった。

その金でタラバガニの密輸の買い付け金にして儲ける、更に暴力団にも声をかけて、ほぼ全部からお金を集め買い付けて大金持ちを狙ったが

窓口に立てていた那波登始広が、多分他の裏と手を組んでお金を持ち逃げで

薄井は殺されるのを心配して本州に逃げ、警察関係者は那波登始広を探し

見つけたが逆に脅されたらしい。

そんなことも知らなかった当方はとにかく返済を訴えた。

数年してお金を作って数億円を薄井秀夫が北海道の関係者に返す話で

それが実現したが

この時、元石坂警部が直接店に来て、お前に払う金は全部俺が貰う。文句があるなら元辻本警部補に言え。で、その後は裏社会と更なるズブズブ関係に

今まで当方が訴えていた

別件事件で処分、元辻本警部補はヤクザの上層部に情報を提供していたから、情報漏洩処分、薄井秀夫は今も札幌にいて青森の裏社会の関係者となんか儲け違法な事をしていると聞いた。

ただ、元石坂警部だけは死んでしまったが、殺されたか自殺教唆だろう。

何故?相当裏社会に情報提供しながら一緒に儲けていたが、儲けのほとんどを、自分のものにしてカシラを顎で使っていたので、生きるも地獄だったからだろう。

それを警察は事故処理で幕引きを最後まで違法で隠蔽した。

勿論家族関係者は悲しむどころか、みんなお金を残して共犯者の肩書が取れるから、これほど嬉しいことは無い!

考えられる政治関係・省庁関係・司法・行政・知事・道議 みんな無視か言葉を

濁す。 そこまでするなら金返せって思う。

特に薄井秀夫は今金がないと思うが、辻本幸夫元道警警部補とその妻は共犯者だ。辻本が返すか、石坂修二元道警警部の死で喜んでる兄弟と妻

特に兄の美瑛で不動産と老人介護の商売をしている石坂範広社長、元警部

妻の石坂礼子も笑いが止まらない。

事件になっていないから保険金、遺族年金以前にいくら金を貯めていたか?

どちらかが返せばいい、3千万円返す気になったら電話ください。全て削致します。

警察組織はここまで広がったら逆に動けないのでよろしく!

当方はあきらめませんし、国か道を訴える選択も弁護士には言ってます。