百人一首の覚え方 | 功学塾のブログ

功学塾のブログ

世の中にあるいろいろな電子機器端末を利用して学習できる電子教材を製作・販売する功学塾のブログです。
百人一首と四字熟語の問題を時々出してます。


テーマ:
これから百人一首を覚えようとする人に向けて、覚えるヒントになればと思い、このブログを書きました。

ここで紹介させて頂く方法は、特別な方法ではなくすでに先駆者の方々が言われている記憶に適した一般的な方法に基づいて、私が百人一首を覚えるとしたらこの方法が良いと思う方法について書いています。

以下の3点を目標に考えています。

目標1.できるだけ楽しく覚えられることニコニコ

目標2.できるだけ長い間覚えていられることグッド!

目標3.自分の頭の中だけで覚えているかどうかのチェックができることにひひ

1、2は重要であることはもちろんですが、実は3がとても重要です。
自分は覚えたと思っていても実際は忘れてしまっていて、忘れていることに気が付かないことがよくありますよね。でも、3ができると忘れていることに気づくことができます。
それによって、2をより長期にわたって実現することができるわけです。チョキ

覚えるのに何度も何度も文を読んで、頭に入れていく方法でやられている方も多くおられると思いますが、人間の脳は文を長期にわたって記憶させておくには向いていませんので、せっかく苦労して覚えたても3日もたたないうちに忘れてしまうでしょう。叫び
それにそのような覚え方をしても楽しくないですよね。むっ

では、どうするか。

ひらめき電球そうです。絵や映像で覚えることです。記憶術でよく使用される方法ですね。

絵や映像でキーワードを覚え、それを関連づけて歌を思い出す方法がもっとも記憶に残り、忘れにくい方法だと思います。
絵や映像は無限に想像を膨らませることができるとともに、そこに感情や感覚を付加して記憶に留めておくことができます。
私は記憶を助けるのに感情や感覚を付加することがとても重要と思います。
楽しかったことはとてもよく覚えていませんか?そうなんです。楽しいニコニコことは忘れないのです。忘れたくないのでいつまでも記憶していられるのです。それをうまく利用することです。

一生懸命覚えた文は時間がたつと記憶に残らず跡形(あとかた)もなく忘れてしまいます。叫び
しかし、絵や映像、それに関わる感情や感覚は、情報量が多いだけに、長い時間たっても薄っすらと記憶に残っているのです。何かが残っていると、それをきっかけにして記憶を呼び起こせる可能性が高いということは明白ですよね。
完全にその句を思い出せないにしても、秋の雰囲気もみじの歌だったとか、寂しい感じしょぼんだったとか、川波が流れていたとか、月三日月が出ていたとか、動物馬がいたとか、そんな何かが残っていれば、そこで覚えた努力がよみがえってきます。


では、具体的な作業に入りましょう。

【ステップ1】「あなただけの百人一首の10階建て妄想マンションを作ろう!」

まず100首をすべて頭の中で言えるかどうか確認できるように土台作りをしましょう。
あなたは豪華な10階建てマンションのオーナー(所有者)です。ビル
あなたが所有する10階建てのマンションの各フロアには、10部屋ずつ広い部屋があり、各部屋には順番に1から10まで番号がついています。
各歌の番号と各部屋の番号を一致させるために、階は0階から9階までとしましょう(0階の8番目の部屋は8番目の歌、5階の3番目の部屋は53番目の歌ということになります)。

各部屋に歌に関係したものを入れていきます。あなたはマンションのオーナーとして、どの部屋に誰がいるか、何があるかを覚えておく必要があります。

一度に100個やるのは大変なので、数を決めて順番にやっていくと良いでしょう。


【ステップ2】「マンションの各部屋に各歌をイメージできるものを入れよう!」

次にやることは、各歌をぱっとイメージできる映像を決めましょう(作業を進めながら、変更していってもかまいません)。
例えば、0階は

    1番.田んぼ   (「秋の田の‥‥」)
    2番.山      (「‥‥天の香具山」)
    3番.山鳥ヒヨコ   (「‥‥山鳥の尾の‥‥」)
    4番.富士山富士山 (「‥‥富士の高嶺に‥‥」)
    5番.鹿      (「‥‥鳴く鹿の‥‥」)

というように決め、各部屋の扉をあけるとその映像がパッと現れるようにしましょう。
0階の4番目の部屋は富士山に関係する句なんだとその程度でよいです。作業を進めていくうちにより細かい絵や映像になっていきます。そして、左隣には山鳥がいるな、右隣には鹿がいるぞという感じですね。
何度も部屋を訪れ、確実に何の部屋か(何について読まれた句か)をぱっと映像でイメージできるように何度も繰り返しやってください。
もちろん、その句の意味を理解し、その句の意味通りの映像をイメージできれば句の意味も同時に勉強することになるのでベストです。
でも、それだとやる気がしないとか、それはちょっと苦手だと言う人は、必ずしもその句の内容にこだわる必要はありません。その句には関係しないけど、その句のキーワードにつなげられるものであればどんなものでも良いです。語呂合わせでもいいです。突拍子もないものであればあるほど逆に覚えていられるものです。

例えば、とても人気のある「嵐」というグループがいますよね。あらしにちなんだ歌は、3種あります。それぞれの部屋で嵐の5人が何をしているかを映像としておけば、とても印象的ですよね(何をしているかは歌にちなんだものでなければ意味がないですよ。)

★ポイント:部屋の扉は分かれていますが、部屋に入れば、隣の部屋も見渡せる感じにしてください。

★ポイント:覚えた部屋が増えてきたら、下や上の部屋に何があるかも思い出せるようにしてください。

【ステップ3】「各部屋の住人、風景を明確にしよう!」

次に各部屋の映像をより詳しくしていきます。
歌の中からキーワードを抜き出し、それを映像に結びつけてください。
簡単なものは、動物(鳥、鹿など)や自然(山、川、月など)だったり、地名などですね。
歌によってはどうしてもキーワードが抜き出せないものもあります。その場合には、語呂合わせでも良いので、力技でやってしまってください。

次にキーワードをできるだけ歌の順番にちりばめた映像を記憶しましょう。映像から順番にそのキーワードが出てくるようにしてください。

キーワードの数は、その歌を思い出せるのに必要な数だけ欲しいですね。あなたの好きな歌で既に覚えてしまっているものであれば1つで良いですが、全く覚えていない場合には何個か必要でしょうね。

また、もしその歌を詠んだ歌人が歌を思い出すきっかけになりそうなら、その歌人は住人として住んでもらいましょう。ドアを開けて、まずその歌人にあいさつするところから始まってもいいですね。人によっては、それだけで思い出せる句もあるかもしれませんね。

★ポイント:キーワードは、できるだけ歌の順番にちりばめて映像を記憶しましょう。

★ポイント:歌の先頭のことばをできるだけ最初に思い出せるようにしましょう。

★ポイント:いろいろな歌に同じようなキーワードが出てくる場合には、同じもので結びつけるようにしましょう。


【ステップ4】「各部屋のドアをあけて、部屋の風景、印象、キーワードから、歌を思い出そう!」

映像を記憶したら、そこから歌を思い出す作業をしましょう。
思い出せない場合には、映像やキーワードを変えたり、増やしたりしていくとよいでしょう。

作業をしていくとわかると思いますが、映像やキーワードが難しい歌がとても多くあります。
でもそこはあきらめずに工夫をすることです。

たとえば、10番の歌に「これやこの」というどうしたらいいんだーみたいなことばがありますが、「これ」も「この」も英語で言えば「this」です。部屋じゅう「this」という文字で飾られていると考えるのも一つの考え方です。和歌なのに英語が出てくるという違和感がいいですよね。

語呂合わせで、よく知っている芸能人や有名人、友人・知人、食べ物、動物などに結び付けてもよいです。
あなたの無限の発想力が成功への鍵ということになります。

【ステップ5】「マンションのオーナーとして定期的に各部屋を訪問しよう!」

覚えているかどうかの確認作業になります。
マンションのオーナーとしては、そのマンションを放置しておいてはいけません。時々、各部屋を訪問して、部屋の中に異常がないか確認して回る必要があります。
このとき、隣の部屋の風景も忘れずに思い出しましょう。仮にその部屋がどんな部屋だったか忘れてしまった場合でも、隣の部屋に行くことで思い出せる可能性があります。
この作業を行うことで、今自分が何を覚えていて、何を忘れているかがはっきりわかりますので、忘れたところはステップ2、3、4を繰り返して、思い出せるようにがんばりましょう。
これは頭の中だけの作業なので、時間があるときには場所を選ばずできます。

★ポイント:寝るときや時間のあるときなど、自分が作った百人一首の妄想マンションを頭に思い浮かべながらどこまで覚えているか常に確認してください。


以上のやり方であなただけの百人一首の妄想マンションを作ってみてください。

重要なのは楽しみながら覚えることです。しかも、あなたオリジナルであればあるほど、記憶に残るということです。
百人一首の各歌をどれだけ自分風味にアレンジして楽しく覚えるかはあなた自身の空想力・妄想力しだいです。
歌によっては、キーワードや映像にするのが難しいものも少なくありません。そこはいろいろな工夫をしてみてください。結局うまくできないかもしれませんが、それはそれで良いのです。それをすることで、何度も何度もその句をいろいろな角度で見ることになり、知らず知らずのうちに記憶として残っていきます。要はその作業をしている自分を記憶していくことになるわけですね。
この作業は一人でやるよりは、仲の良い友達とあれこれ話しながら作業をする方が断然記憶に残るでしょう。一人で黙々とやるとそれは自分の頭の中だけの狭い作業になってしまいますが、話ながらやると、その時の会話や誰がいったことばなのかも合わせて記憶されていくので、より記憶の絆が深まるわけです。相手にヒントをもらいながら、自分で一番いいと思うもので覚えていくことが重要です。話すというのは、あくまでも覚えるためのヒントをあげたり、もらったりするためです。

この方法で覚えると、句の一部を見て、そこから出てくるキーワードから、パッと映像が現れ、句全体を思い出すということもできるようになってきます。

最終目標は100首ですが、最初から無理だと思ってあきらめてはいけません。まず10個試しにやってみてください。意外と覚えているなと思ったら、次の10個をやってみてください。

それでは、がんばってください。パー

#この方法でやってみようという方は是非コメントください。

-------
以下、句の意味通りに映像やキーワードを作るのが難しい場合の力技の例です。
あくまでも参考です。また、年齢的な問題で、知らない人名が出てくるかもしれませんが、お許しください。

力技でキーワードを連想させるための例:

「あらし」→嵐(ジャニーズ)、毒蝮三太夫(ウルトラマンのアラシ隊員)
「いのち」→アントニオ猪木(いのち)
「ありあけ」→有明コロシアム
「しのぶ」→坂上忍、大竹しのぶ、諸見里しのぶ
「きみ」→卵の黄身(きみ)
「はる」「かすが」→オードリー春日
「あき」→八代亜紀、秋篠宮殿下、秋葉原、秋元康
「あま」「あまの」→尼さん、海女さん、キャイーン天野
「うらめし」→ゆうれい
「こい」→鯉(こい)
「あさ」→モーニング娘。
「よ」「よる」→ナイツ
「みね」→峰竜太
「こころ」→夏目漱石

あなたの知っている友達や周りの人などを登場させるのもいいでしょう。あなたにとって興味深いものにつなげていくことで、より記憶力が高まります。

イメージの作り方の例1:

8(0階の8番目の部屋)-ここには「庵」(草木で作った粗末な家)があります。
扉をあけると、
その庵は、私の「庵」で、そこには「都」はるみ(歌手)と藤波「辰巳」(プロレスラー)と「しか」(鹿)(注:句ではこの鹿の意味ではありません)が住んでいて、その2人と1匹が自分に向かって「よ、内山」(注:句では「うちやま」ではなく「うぢやま」です)と呼びかけてくる。自分は内山ではないのになあ。

キーワード:私の庵、都、辰巳、鹿、住む、「よ、内山」、呼ぶ
→「わが庵は 都の辰巳 しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり」

イメージの作り方の例2:

69(6階の9番目の部屋)-この部屋には「嵐」の5人がいます
扉をあけると
「嵐」の5人が「三村さん」(注:句では「みむらさん」ではなく、「みむろのやま」です)が持っている「もみじ」の「葉」をフーッと「吹く」と、その葉は「竜田川」に落ちて、それが「錦」になる。いやー、嵐ってやっぱりすごいなー。

キーワード:嵐、吹く、三村さん、もみじ、葉、竜田川、錦になる
→嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり

ペタしてね読者登録してねフォローしてね

功学塾さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス