1年を振り返って

テーマ:

某所で打ち合わせを終えて、ようやく今年の仕事もおしまい。

加速度的に仕事が増えた2年目。久々に風邪ひきさんにもなりました。

土日に研究会へ出向くことが難しくなりました。

あたふたしているうちに終わってしまいました。

 

公私ともにビッグイベントがあった今年、研究面では念願だった著書を上梓したのが最大の成果(だと思っている)。

都城造営の祭祀については、発表のみならず気合を入れて資料集へ執筆したが、まさかの韓国語のみ。

そういえば、日本語の論文がありませんね…。来年は、きちんと書きます(反省)

講演や発表は、昨年から半減したので、少し楽でしたが、それを補って余りあるほど他の仕事がてんこ盛り。

大学も楽ではないことを痛感した1年となりました。

 

今まで、自分のために勉強してきたが、はじめて他人のため、つまり学生の学びのために勉強するようになったのも今年。

学生の指向性に応じて視野が広がっていく、ありがたいことです。

今年も良書やよい論文に出会えました。

一方、今年は音楽CDを1枚も購入しませんでした。28年前から買い続け、気付いたら1000枚を軽くオーバーしていたCD。

音楽鑑賞がネットへシフトしたことを痛感した1年でした。

 

さて、研究面で今年1年を振り返ります。

備忘録代わりにメモしておきます。

なお、エッセーなどは載せませんでした。

 

【著書】

『土木技術の古代史』歴史文化ライブラリー453、吉川弘文館、10月

【雑誌編著】

『考古学ジャーナル』705号、特集古代寺院の調査と研究、ニューサイエンス社、11月

【報告書】

『特別史跡高松塚古墳発掘調査報告』(共著)、5月

【その他】

「興福寺を掘る―近年の発掘調査成果―」『興福』第175号、興福寺、3月

【学会発表・講演など】

「日本古代都城造営の鎮祭と水辺の祭祀」韓国木簡学会創立10周年記念“東アジアの古代都城の築造儀礼と月城垓子木簡”国際学術会議、韓国・慶州、10月

「南都の寺院を掘る」若木考古会記念講演、國學院大學、10月

「穂高古墳群の発掘調査」古墳で考える安曇のそもそも記念講演会、安曇野市豊科郷土博物館、9月

「古代の高畑」あすならホーム高畑、奈良市、9月

「薬師寺の創建」寺院シリーズ講演会、鈴鹿市考古博物館、3月

「南都の古代寺院」栄区古代史セミナー、横浜市、3月

「前方後円墳の時代」史料でたどる日本と東アジアの古代史5、國學院大學オープンカレッジ、10月

「終末期古墳と古墳の終焉」同上、10月

 

今年もお世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。