近刊告知

テーマ:

突然ですが、近刊の告知をさせてください。

 

『土木技術の古代史』歴史文化ライブラリー453

吉川弘文館

http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b309188.html

 

詳細は、上記リンクページをご参照いただけるとありがたいです。

 

昨年秋に依頼をいただき、じっくりゆっくり書いてもアカンな、こりゃさっさと今考えているところで勝負しようと思い、11月から執筆開始、3月末に書き終えて、なんとか刊行にこぎつけました。

 

某社の『古代官衙』に書いた原稿よりも文章量はやや多かったのですが、こちらの方があまり制約を感じずに、自分の書きたいことを書かせてもらった感が強い(笑)それでも文章量が増えすぎて、群集墳について書いた1章分を丸々割愛したり、雨落溝についても入れ込むことをあきらめたりと、結構バッサバッサ原稿を切って、それで278ページ(笑)どんだけ書くねん?切らなかったら、300ページ超え、さすがにそれは止めときました…(^_^;)

 

依頼から上梓まで1年弱、吉川弘文館のみなさまには本当にお世話になりました<m(__)m>古代土木ネタ、売れるかどうか不透明ですが(笑)なにせ類書がほとんどない。それでも20数年間、ひとつのテーマに取り組んだ成果、ちょっとは学恩をお返しできるかしら…。

 

悔やんでも悔やみきれないのが、恩師である吉田先生にご覧いただけなかったこと。今でも悔しいです。持参して、「おー、アンタもようやく…、いや~、お疲れさんでした!」その一言を聞きたかった。

 

しかし、刊行の安堵感に浸っている余裕は全くない。

今年の夏は…、

 

祭祀

 

この2文字が全てです。

いや~、こりゃ大変だ…。想像以上に(T_T)

今頃になって夏休みの宿題に追われて、毎日考え込んでいます。

秋に講演も何本か依頼を頂戴しているが、その前にまずこれを片付けねば。先週末からの集中講義でヘロヘロになって、喉が猛烈に痛いが、そんなこと気にしてられません(^_^;)

 

あ~、早く後期の授業が始まってくれないかな。そっちのほうが楽ですね。

AD