九州古墳巡り旅行の第1日目。


早朝、さいたまの自宅を出発して、羽田から飛行機に乗り、宮崎空港に降り立つ。

宮崎空港の側で、予約しておいたレンタカーを借り、北上して西都市へ向かう。


西都原古墳群 …………………………………………………………………
まず訪れたのが、日本でも有数の巨大古墳群である西都原古墳群

311基あるという古墳群の雄大さに感動しながら、
最初に宮崎県立西都原考古博物館へ。



■宮崎県立西都原考古博物館……………………………………………………
西都原古墳群 をはじめ県内で出土した貴重な文化遺産などが
収蔵、展示されているが、ただ遺物を展示するだけというのではなく、
見せ方などに斬新な新しさを感じる。
これで入場無料とは驚きである。
古墳群を訪れた方はまずここを訪れることを強くお勧め!



■西都原ガイダンスセンターこのはな館で昼食♪………………………………
ここで、情報や資料をゲットしたのち、西都原ガイダンスセンターこのはな館へ。

午後からの古墳群散策に備えて、古代メニューが楽しめるという
『レストラン-旬菜家-』で昼食を取った。
古墳時代より食されている赤米・黒米をメインに、地元で採れた旬の素材を
いかした自然食のお店らしい。

広い古墳群の中では他に飲食ができるような店もなく、
こうした観光地の食堂ではあまり期待もできないだろうと思ったが、
良い意味で期待はずれ♪
なかなかの美味で、しかも値段が安い!

『古墳の森』探検日誌 ←『冷や汁御膳』 800円


物産館では古墳群探訪記念に、はにわプリントのTシャツをゲット。
探検に備え、『日向夏天然水』などご当地ドリンクもゲット。

やはり古墳群の中は車ではなく、空気と風と感じながら、探索したいので、
車は『このはな館』の駐車場に止めておいて、
お借りした自転車(何と無料!)で探索に出発した。



陵墓参考地 …………………………………………………………………

まずは陵墓参考地 となっている男狭穂塚古墳女狭穂塚古墳 へ。

巨大古墳だが、陵墓参考地 のため、柵で遮られ、近づいて見ることはできない。

『古墳の森』探検日誌 ←【女狭穂塚古墳




第3古墳群 ………………………………………………………………………
この支群86基中、前方後円墳は船塚古墳 一基のみ。あとは小円墳の嵐。

このエリアで特筆すべきが、西都原111号墳と4号地下式横穴墓
普通は墳丘中か上から埋葬施設が掘られるものだが、
地下に横穴墓が作られるのは南九州地方でしか見られない独特な墓制。
この西都原111号墳 には地下式横穴墓の他、墳丘中にも埋葬施設がある。

4号地下式横穴墓の内部はCCDカメラで自由に覗けるようになっている。

『古墳の森』探検日誌
↑【4号地下式横穴墓】CCDカメラでのぞいた内部


第2古墳群 ……………………………………………………………………
この支群は38基と数は少なめだが、、前方後円墳は10気もある。

前方部が低く細長い柄鏡形と呼ばれる九州地方の独特な前方後円墳。

このエリアで目立つのは西都原100号墳
葺石が復元され、落ちないように樹脂加工されいる。

『古墳の森』探検日誌 ←【西都原100号墳



石貫神社鬼の窟古墳 …………………………………………………
第2古墳群 散策途中、コースアウトしてしまい、偶然にたどり着いた
石貫神社 には、鬼の窟古墳 に関する伝承と、天井石といわれるものが
伝わっていた。

『古墳の森』探検日誌
↑大山祇命が【鬼の窟古墳 】から抜き取ったという天井石

第2古墳群 散策終了後、鬼の窟古墳 へ。
一基だけ独立して存在する大形円墳。
西都原古墳群 では唯一、横穴式石室が開口している。
周囲を巡らせている土塁と芸術的に美しい横穴式石室と
高水準の排水技術に圧倒!

『古墳の森』探検日誌
↑ライトアップされて美しい【鬼の窟古墳 】の石室。


坂元ノ上横穴墓群 ……………………………………………………………
この頃には、雨が本格的に降り出した。
幸い、坂元ノ上横穴墓群 は遺構保存覆屋内に保存されているので、
ゆっくりと見学ができた。


『古墳の森』探検日誌
↑6本公開されている墓道のうち、【6号墓道



第1古墳群 ……………………………………………………………………
残るは第1古墳群 のみだが、雨が激しくなったので、このはな館に自転車を返した。

あまりにどしゃ降りなので、このまま撤収しようかと隊長と相談したが、

せっかく宮崎まで来て、ここで諦めることはできないと、車に乗って、向かう。

91基 と姫塚から構成され、第3までの支群の中では、一番古墳数が多い。

道が小川のようになるような激しい雨で、視界も曇る中、探検を強硬。

西都原13号墳 は主体部見学施設が作られ、粘土槨が公開されている。
これは見事!

『古墳の森』探検日誌
↑雨にけぶる【西都原13号墳 】。後円部から中に入れる。

他にもたくさんの古墳があったが、雨のため、姫塚を初め、
多くの古墳を見逃した。残念……!


■平和台公園とはにわ園 ……………………………………………

圧巻だった西都原古墳群 を離れ、宿泊予定の宮崎市に引き返す。
段々、雨が止んできて、宮崎市に着く頃にはやんだ。

宿に入る前に、平和台公園に立ち寄り、はにわ園 へ。

たくさんの種類のはにわが約200種420基も所狭しと並んでいる。
際に全国各地から出土したはにわを元に制作したらしい。

入り口付近には「はにわ館」なる資料館?のようなものがあったが、
辿り着いた時には既に閉館していて、入館できなかった。残念!

『古墳の森』探検日誌



■豪華なコンドミニアム……………………………………………………
その後、焼肉店で夕食を取り、今夜の宿へ。

予約したのはフェニックス・シーガイア・リゾート内の「コテージ・ヒムカ」。

しかし、「ラグゼ 一ツ葉」と共通のフロントに行ってみると、
料金の高い「ラグゼ 一ツ葉」の方に、料金はそのままで泊めてくれるという。
超ラッキー!

ラグゼ 一ツ葉はコンドミニアム型で2LDK。オーシャンビュー。
素晴らしいお部屋で、一晩だけの滞在ではもったいない感じ。

ずぶぬれになっていた私達には、洗濯機と乾燥機もついていたので

濡れて汚れた服を洗い、乾かす事ができ、ありがたかった。

もちろん、寝室は一人一部屋。隊長は和室。私は洋室。
リビングのソファもとても良い座り心地。
貧乏旅行で安いビジネスホテルばかり利用していた私達には大感激だった。




∴九州古墳巡り・2日目~宮崎から熊本へ~高千穂・阿蘇 へつづく。



~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~
このページの古墳の詳細を知りたい方は、
本館の「古墳の森 」の「宮崎の古墳」→「西都市の古墳」「宮崎市の古墳」へ。

詳細なデータやマップもあります。
~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~

AD