新年号「令和」最初のいけばな展 | 加古川市で いけばなと・・・ を 楽しむ 光風流 播南支部(ばんなんしぶ) 

加古川市で いけばなと・・・ を 楽しむ 光風流 播南支部(ばんなんしぶ) 

私たちのグループは、加古川・神戸・明石・小野 方面 など広範囲からお越しいただいています。

花を置く場所が・・・ なんて心配はいりません。
どんなスペースにも飾れます。
いけばながもっと身近に感じられますよ。
いっしょにいけてみませんか?


テーマ:
光風流播南支部さんのプロフィールページ
https://profile.ameba.jp/me?device_id=1e31558bf9e548958dc93fea9e811006
今年一番のイベント新年号「令和」になって長期のお休みのGWも過ぎましたがお疲れはありませんか?私は恒例の田植えで腰、太腿、脹ら脛がバキバキに痛かったです(T-T)
そんなこんなのなか、春の風物詩大丸での《いけばな神戸展》が始まりました。
加西支部の皆さんの力作を楽しんで来ました❤️
舛田珠甫先生の作品は緑の曲線が柔らかい作品です。
初夏を思わせる今らしい作品です。
私はここに初夏を感じました(笑)
古角君甫先生は紅葉が青々と美しい流石の作品です。
この日は、少し暑かったので水面が気持ち良さげです。
ううぅ(T-T)葉組が、葉組が…勉強になりますm(__)m
松尾良甫先生はガラスの器に緑と
黄色が映えて美しい作品です。
良く見たら黄色、オレンジ、ブルーの花の取り合わせが落ちついた感じになっています。
花器と花台の組合せも涼しげです。
長田達甫先生は緑の伸びやかさに五月を感じました❗

花から伸びる曲線と真っ直ぐの線と新芽の柔らかさに新緑の五月を実感しました。
最後は家元の作品です😃
うーん、圧巻です(笑)FBで見ていましたが、実際に目にしたら一枝、一枝に動きがあります。実物は違いますね😃あ、禿げていませんでしたよ
どこから見ても、禿げていません。家元曰く、禿げてしまうかも?と言っていましたが、まだ大丈夫です🎵皆さん、お誘いあわせて見に行って下さい(^∇^)あ、1人でも大丈夫です。会場で知り合いに会うかもしれません。
「後藤さーん、昨日はありがとう~❤️とっても楽しかったです❤️」 

光風流播南支部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ