2008年6月 第10回しまなみ遠足100km完走記 | 海辺のランナー、もぐらのブログ
2008-06-07 05:00:00

2008年6月 第10回しまなみ遠足100km完走記

テーマ:ウルトラマラソン完走/リタイア記

ウルトラマラソン 3回目出走


人気ブログランキングへ
海辺のランナー、もぐらのブログ



【6/6(金)19時過ぎ】

海辺のらんなー、おっくんのオット、もぐらのブログ-受付前

みちいさん、あつしろうさんそしてアミノバリューRCで二人と知り合いのパティさんの4人で居酒屋で夕食。
1品100円の料理もあり結構にぎわっていた。
大変安かった。
アルコールを飲むと翌朝、腸が渋るので、アルコールを取らないつもりであったが、生ビール1杯飲んでしまった。
2杯目からはウーロンを飲む。
パティさんは焼酎を含めて、数杯飲んでいた(おまけに解散後ラーメンを食べたと聞く)。



【6/7(土)2:30 起床】
3時起床にする予定であったが、4時には荷物預けで集合するため、2:30に起床。

以下の距離表示は正確ではないと断言できる。

ラップに意味はない。昨年との比較を挿入する。



【5:00 スタート】

海辺のらんなー、おっくんのオット、もぐらのブログ-スタート前

1,109人エントリー。
1,026名出走。
いきなり、パティさんは視界から消えた。
みちいさん、あつしろうさんも開始数100mの信号待ちで先行されて1人取り残された。
とにかく、忍の一字。
信号待ちでは、時間を惜しんでストレッチ。


【5:38:40(0:38:31 前年0:38:13) 5.0km 第1エイド キミセ醤油前】
スタートの混雑を含め、ゆっくり走った割には思ったより早く到着。

前日夕食の影響か、朝のおにぎり等が胃に残っている。

スポーツドリンク以外は摂取せず。滞留時間はほとんどなし。


【6:14:08(1:14:08 前年1:16:10) 10.0km 第2エイド神村トンネル前】
昨年より早くなってしまった。

滞留38秒。

ひたすら2号線バイパスのトンネル内を通過する。

全コースの中で一番つまらないところ。


【6:49:08(1:49:08) 14.9km 第3エイド 高西町 セブンイレブン前】
ここも14秒で通過

6:50:31(1:50:31 前年1:54:21) 15.0km


【7:25:04(2:25:04) 19.9km 第4エイド 尾道大橋下】
いよいよしまなみ海道の入口に到達。

昨年は小雨が降っていたが、今年は雨なし、しかしまだ涼しい。

固形物も摂取する。滞留1分2秒

尾道大橋に登るための車道右側歩道を登る。
登はんする階段を上るためには車道を横切る必要がある。

ガードレールに切れ目がなく、乗り越えなくてはならない。
ここで脚をくじいては元も子もない。

7:27:16(2:27:16 前年2:32:48) 20.0km
昨年より5分以上も早いが、自重して走ってる。

【1番目の橋、尾道大橋、385m、 本州→向島】
尾道大橋は専用の歩道がない。

斜張橋のロープを止めるところが一段高くなっている。

歩道代わりであるが、ロープ止めを通過するためには肩を斜めにしなければならない程狭い。
車道との間に柵もないため、間違って足を踏み外した場合、車にひかれる恐れあり。
しまなみに約1,000人の人数制限があるのは、この尾道大橋通過に危険があるからと聞いた覚えがある。
向島に入る。


【7:55:00(2:55:00) 24.5km 第5エイド、向島、肉屋フジ前】
ここには名物の冷やしうどんがある。
まだあまりお腹が空いていなかったが、食べてしまった。
大きなワンちゃんがいて、みんなの注目を浴びていた。
滞留2分6秒

海辺のらんなー、おっくんのオット、もぐらのブログ-ワンちゃん

8:00:08(3:00:08 前年3:06:59) 25.0km


【:30:44(3:30:44) 29.0km 第6エイド、向島、向島休憩所】
滞留2分2秒。


【第2の橋、因島大橋、1,270m、向島→因島】
この後、階段をひたすら上り因島大橋を通過する。
因島大橋は車道下に歩道と自転車道がある。
歩道の感触が良く、昨年はここで飛ばしすぎた。
今年は、自重するもやはりスピードが上がる。

8:39:07(3:39:07 前年3:45:24) 30.0km

第2の島、因島に入る。


【9:02:54(4:02:54) 34.7km 第7エイド、因島、アメニティ交流館】
和太鼓の響きが遠くからも聞こえる。
また、入口付近で、ふつうのおばさんがホラ貝を吹いている。
とっても上手。
安っぽい白塗りの大きな恐竜のモニュメントも出迎えてくれる。
ここの名物はしぼりたてオレンジジュース。
滞留2分22秒。

9:06:22(4:06:22 前年4:14:23) 35.0km
第7エイドのすぐ出口に表示がある。
昨年もここでヘンだと思った。
エイド滞留も含めて27分台のラップになり、その後40.0kmまでが異常に長い。
二つ合わせて丁度ぐらいである。
他にもこの後変な距離表示が続く。
しかし昨年と変わらない。
誰か進言しているはずであるが、変更しない。
これはレースでなく遠足であるという海宝さんの主張のせいか、とにかくおおらかである。
ただランナーにとって、ラップが取れないのは、時として精神的につらいもの。
特に疲れ果てた後半は何とかしてほしいものだ。
頑張って走ってきたのに、表示ではほとんど進んでいないことがあり、精神的に疲れることがあるからだ。


9:51:06(4:51:6 前年4:58:08) 40.0km

右膝下脹脛に硬直を感じ始める。
昨年の四万十川ウルトラで失敗した坐骨神経痛由来のしびれが出る前兆のように思えた。
慎重に歩を進め、無理しないことに専念した。


【9:53:14(4:53:14) 40.1km 第8エイド、因島、レストランシーガル前】
暑さ対策で帽子と首巻きに水を掛ける。
この後のエイドでは必ずこれを行った。
今回はよっつの暑さ対策をした。
①サングラス(度付き、サングラス跳ね上げ式)…結構、目から疲れが来るので
②ファスナー付き、半そでシャツ。体温をファスナーで調節。
③帽子…水で濡らすと冷却効果があるもの。
④首巻き…同じく水で濡らして冷却するもの。
今回は晴れの予報であったが、曇り気味で風もあり暑さは問題なかった。
③と④の効果も大きかった。
滞留1分44秒。


【第3の橋、生口橋、790m、因島→生口島】

10:05(5:25:05 前年5:33:30) 45.0km
四万十川の魔の43kmを過ぎた。
この頃から坐骨神経痛の恐れはなくなってきた。


【10:33:52(5:33:52) 46.2km、第9エイド、生口島、田中さんの庭】
個人の庭がエイドになっている。
プチトマトが美味しい。
グレープフルーツや
おにぎりも食べた。
滞留3分2秒。


【11:02:14(6:02:14) 49.6km、第10エイド、生口島、B&G海洋センター】
ここは中間地点として荷物を預けている。
ランパンで走っていたが、走り出してすぐに股ずれが発生した。
前日にジェルを塗っており、太もも内側に摩擦が生じていた。
ランパンをスパッツに履き替える。
スパッツは気持ちいいものと判った。

さらにソックスの親指部分が、新品にもかかわらず、孔が開きそうであった。
はき替えた。
これも新品。
凶であった。
はき替えた時から少し違和感があった。
このソックスのおかげで足爪の内出血の足指先の内出血でさんざんな目にあう。

ここで先行していたあつしろうさんに会う。
私の到着直後にあつしろうさんが出発。
みちいさんパティさんの動向は掴めず。

昨年は着替えの後、立ち上がれなかったが、今回は大丈夫。

ただし、45km付近から両太ももが筋肉痛になっている。
直前の追い込みのため、疲労が抜け切れていない。
しかしこれはやむを得ない。
四万十川の右膝下の鈍痛と左腰の靭帯炎が癒えたのは2月中旬。
それまで水泳でカバーしてきたが、脚のスタミナは養えず。

3月初めの長居公園15周フルは8周でダウン。
それから遅まきながら走り込みをしたわけで、無理をしていることは承知であったが、仕方がなかった。

ここにはマッサージコーナーがある。
行列があり、パスした。

滞留8分38秒

11:14:21(6:14:21 前年6:25:53) 50.0km

11:53:32(6:53:32 前年7:08:22) 55.0km


【11:56:42(6:56:42) 55.2km、第11エイド、生口島、サンセットビーチ】
先行していたあつしろうさんと合流する。
私がわずかに先にスタートする。
エイドでバナナとチョコレートを摂取。
太股の影響で少しずつ、勢いが陰っていたのがこの後次のエイドまで復活した。
滞留5分48秒

12:18:40(7:18:40) 60.0km
多々良大橋の入口に表示あり。
昨年は見落とした。


【第4の橋、多々良大橋、1,480m、生口島→大三島】

多々良大橋を渡りきったところで
眼下にエイドが見える。

本物の自衛隊のヘリコプターがあり撮影スポットになっている。
ゴールの後、パティさんとあつしろうさん購入。
下り坂で、しかもエイドが見えているため、ここの写真は多分みんな表情がよいであろう。


【12:36:36(6:56:42) 61.4km、第12エイド、大三島、大三島IC広場】
冷やしタオルのサービスあり。
この後のエイドでもこのサービスがかなりあった。
あつしろうさん到着と同時に出発。
滞留5分28秒

長い単調な道路が続くが、サイクリング用の今治までの距離表示板が約1km毎にあり、それが活力を与えてくれた。

13:06:15(8:06:15 前年8:38:29) 65.0km


【第5の橋、大三島橋、297m、大三島→伯方島】

13:27:40(8:27:40) 66.0km、第13エイド、伯方島、大三島橋渡り終えたところ。

右足の親指に血マメが出来ていることを感じる。
かなり疲労している。
最後まで持つのか心配になってきた。
あつしろうさんには会わない。
滞留3分12秒

13:52:01(8:52:01 前年9:22:59) 70.0km


【13:52:18(8:52:18) 70.1km、第14エイド、伯方島、伯方島SCパーク】
エイドに着く直前にゼッケンを読み取るおじさんがいて、無線で本部に連絡している。
本部では一人ずつおねえさんが名前を読み上げてくれる。
おじさんが教えているとはいえ嬉しいものだ。

ここではマッサージが時間待ちなしで受けられる。
ここで少し息を吹き返す。

マッサージが終わった頃、あつしろうさん到着。
マッサージが受けられることを教えてた。、
あつしろうさんが受けるところを見届けて走り始める。

滞留8分12秒


【第6の橋、伯方大島大橋、1.165m、伯方島→大島】

橋を渡り終わってから次のエイドまで海岸線を走る。
入り江になったところを過ぎたらエイドかと思うとまだ見えないの繰り返し。
とうとう、平地であるが歩きが少し混じってしまった。
大変長く感じる。

14:41:09(9:41:09 前年10:13:52) 75.0km


【14:46:24(9:46:24)75.6km、第15エイド、大島、宮窪地前】
滞留5分22秒

このエイドを出てすぐに坂になる。
最後の精神的なハードル。
だらだら上りがある。
レースの最初の頃ならばなんなく走って登れるが、疲労している時には登れない。
昨年は無理して走ろうとして苦しい思いをした。
歩き続けるにしては長すぎる。
悩むところである。
今年は歩きとおすことにした。

登りきったあとはだらだらとくだりである。
ゆっくり走り始めたが疲れきった太ももにエンジンがかかった。
次のエイドまで一瀉千里。
歩きは成功したと思う。
この後、多少は疲れたがエンジンは切れなかった。

15:31:32(10:31:32 前年11:02:45) 80.0km


【15:37:42(10:37:42)80.7km、第16エイド、大島、吉海町バラ園】
エンジンがかかっているので、後2時間程度で走り切れば12時間台も可能かと一瞬思った。
甘かった。
滞留4分36秒

16:10:11(11:10:11 前年11:53:29) 85.0km


【16:19:20(11:19:20)86.1km、第17エイド、大島、来島大橋直前】
滞留2分58秒

橋を渡ればゴールまで下りである。
気合いを入れてエイドを出るが、橋に至るめでのスロープが長い。
ここは前年同様歩き。


【第7の橋、来島海峡大橋、4,045m、大島→今治本土】
第1から第3までの橋であるが
ランナーにとっては長い長い橋である。
昨年はここでペースメーカーがわりの人について行って、あっという間に渡りきったが、残り8kmがとても苦しかった。
今年は一人旅。
渡りきる直前になり3人の集団になった。

橋を渡る前に90kmの表示があったようだがこれは完全な間違い。
昨年は橋の間に90km地点があり表示しないとアナウンスがあった。


【17:13:56(12:13:56)91.9km、第18エイド、今治本土、来島第3大橋のループを下り終えたところ】
後8.1km。完走を確信する。
隣に座ったおじさんランナーが最後はとても8.1kmとは思えないくらい長いという。
確かに昨年そのように感じたがめげずにすぐに出発する。
滞留2分42秒


【17:49:02(12:49:02)96.2km、第19エイド、今治本土、伊予銀行前】
最後のエイド
滞留54秒

17:41:42(12:41:42 前年13:34:18) 95.0km

18:07:16(13:07:16) 98.0km
残り2km。
ゴール前2kmはコース変更。
市街地図付きで説明があったのでこの後残りは間違いのない距離と確信して安心する。

商店街に突入し地元商店主に盛大な拍手を受ける。

去年は今治城の堀外周を通って今治リソースセンターのゴールとなった。
今年は今治城を突き抜ける。

18:16:41(13:16:41) 99.0km
残り1km。
今治城を抜けたところである。


【18:25:45(13:25:45)、今治リソースセンターゴール】
昨年はなかったがゴール直後に海宝さんの熱い握手を受ける。


海辺のらんなー、おっくんのオット、もぐらのブログ-ゴール


【ゴールの後】
リソースセンター屋内は体育館のような感じである。
荷物を受け取り、パティさんに電話をする。
彼の待っているところを行くあいだに、みちいんに会う。
二人とも無事ゴールイン。
パティさんは10時間台である。
4km程道を間違ったのでサブテンを逃したと言っていた。仰天!

みちいさんも12時間28分でゴールイン。
肉離れをしてほとんど走っていなかったとは思えない。
良いペースメーカーの60過ぎのおじさんに引っ張られたという。
またもや仰天!!

14時間経っても
あつしろうさんが帰ってこない。

心配していたら服を着替えて現れた。
13時間40分台でゴールしたらしい。
前半装着していたポーチのために腰が痛かったと言っていた。
80km過ぎから復活したらしい。
安心、安心。

館内では屋台あり。

土産物もある。

事前に受け取っていた500円券×5枚を使う仕組み。

パティさんとみちいさんはとっくに使い終わっていた。
串刺しステーキとビールがうまかった。

マッサージコーナーがあり全員マッサージを受けた。

3人はフェリーで帰る前にコース上で見かけた銭湯に行く。
私は付近のホテルに行くため、タクシーを相乗りし、先にタクシーを降りた。

長い一日はようやく終わりを告げた。

【最後に】

海宝ロードランニングのホームページから結果速報を載せておく。

エントリー:1109名(44都道府県・1106名/香港・3名)
出走者:1026名
完走者:769名
完走率:74.9%
男性1位:松下剛大さん(29歳・東京都)/記録7時間45分
女性1位:山下まゆみさん(39歳・京都府)/記録9時間49分



ランキングページはこちらです↓


今日は何位かな?

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


ありがとう!

もぐらさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス