こんにちはニコニコ今日は仕事の予定が子どもの発熱でお休みにあせる

でも、代わりにのんびりする時間がたくさん出来ました。

 

 

発熱している子どもは時々「ママ、こっち来て~」と呼ぶので

そこで一緒に添い寝していると、私も爆睡。子どもが寝汗で起きて、着替えてまた爆睡ぐぅぐぅ

という、のん気な1日でした。

でも、こどもも熱が下がり、私も疲れが取れました照れ

 

 

さて、子どもが初めてした習い事のリトミックですが、

私がやらせたい、と強く思って始めてはいませんでした。

母(実母)の知り合いに幼児教育の先生をしている人がいて、

「習い事を始めるならリトミックが良いわよ!!」とおすすめされたそうです。

 

 

この時は「へ~そうなんだ」くらいに思って始めましたが、

今になって思うとうちの子のリズム感の良さ(他と比較してではなく、本人の中では)は

リトミックから来ている所はありそうです。

少なくとも音楽に親しむきっかけ作りとしては良かったです音譜

 

 

そのリトミック、前回大変でした、と書きました。

最初の2回は子どもも目新しいピアノと少人数のお友達がいてドキドキしながらも

終わった後に先生が絵本を読んでくれたりして、新しい環境を楽しんでいたように思いますニコニコ

 

 

ですが、慣れてくると、子どもの本領が発揮され・・・

やりたくない事や何をするか分からない時など

徹底的に輪に入るのを嫌がりました…えーん

 

子どもだけで手をつないで輪になって「こんにちは」「さようなら」の挨拶も

わが子が手をつなぐのを嫌がりなかなか始まらず、終わらず・・・

とうとう、他の子は手をつないで、わが子の所だけスペースが空く、という形。

 

他の子は先生に呼ばれると、一人で言われたようにやってみたり、

みんなでロープでつくった輪の中に入って電車ごっこをしながら音楽に合わせて動いたり。

うちのこはロープに入らず、ロープを後ろから引っ張り・・・さらに、その後ろを私が付かないとやらない、という・・・

 

こうなると私にも子どもにとっても、他の子と同じように出来ないことが苦痛になりました滝汗

(今ならなんでだか理由も分かるので、無理はさせなかったと思いますが、

当時はなんとか他の子と同じようにやって欲しいと思っていましたえーん

 

 

そうなると余計悪循環・・・爆弾

やりたくない子は逃げ回る、私は追いかける。先生はイラッとするむかっという構図が出来上がります。

それでも、リトミックの先生は元は幼稚園の先生なので

決して怒ることもなく、私を責めることはなく。

でも、日々私の悩みはつきませんでした。

 

次回は嫌がる子どもをどうやって連れて行ったかです(笑)