おかげさまで6周年を迎えることができました◎

いつもありがとうございます!

 

この1年、世の中もいろんなことがありましたね。

 

広大な宇宙から見れば

とてもとても小さな

この星の上で

せっかく

奇跡的に巡り逢ったのに

人間たちは常にドタバタとして

我先に奪い合い

傷つけあうような

殺伐としたニュースばかり。。。

 

そんなものにへこたれずに

限りある人生のなかで

ぬくもりのある

平和な暮らしを

ひとつひとつ

積み重ねたいですね。

 

 

 

昨年のクリスマスには なんと!

サンタさんが立ち寄って下さいました(^^)。

 

目の前にサンタさんが現れると、

子供たちだけでなく

大人もなんだかワクワク ソワソワ。。。

サンタさんて

すごいパワーを持っているんだなぁと

あらためて思いました。

 

与えることに徹している人。

その存在自体が癒しですね。

 

今年は来てくれるかなぁ・・・。

 

 

さて、この1年、個人的にトライしたこと。

 

【粘土団子作り】(野菜などの種を粘土でくるんで畑や野山に投げておく自然農)。

 

 

 山野に撒きましたが、イノシシたちにほとんど食べられてしまいました(*_*)

 彼らの嗅覚に驚嘆!! 

 

【ゆべし作り】(ゆず皮のなかに味噌、ごまなどを練り炒ったものを入れ、蒸して、干す保存食)。

 

 

 

 

 

 軒下に干すと、てるてる坊主みたいに。

 味は、ゆずの薫が心地よく、

 お茶漬けにも合います。

 

【コンポスト トイレ作り】(大便を発酵させて肥料化する。小便は薄めて液肥に)。

 

 

 

 「自然にカエルS®」というコンポストを利用。

 用を足したら、側面のハンドルを

 (写真では隠れてしまってますが)

 クルクル回し、土と便を攪拌します。

 発酵すると、便も無臭化!

 配管や水も不要で、エコ&災害時も有用です。

 

【ニホンミツバチ巣箱作り】(奈良市にあるビーフォレストクラブさんの御指導を受けて)。

 

 


 セイヨウミツバチのように

 人間が蜂蜜を採取するために

 飼育する養蜂ではなく、

 受粉を媒介し、森を維持する

 ニホンミツバチの居場所を

 増やす活動です。

 まだ僕の巣箱には、

 ニホンミツバチは住んでいませんが(*_*) 

 来春には入ってくれるように

 周囲の草刈りなど

 快適な環境づくりをがんばります!

 

 

そして、新たな仲間との出逢い!

 

 

 

生まれて5か月経った頃から、卵を産むようになりました。

エサは、こだわりの無農薬玄米を主食に。

 

小屋作り、エサやり、飲み水替え、土整備など

手間はかかりますが、小屋の中に

ぽつんと置かれた卵を見るときの嬉しさは、

まるで宝石を見つけたような感じ!

スーパーで卵を買っていた時には味わえなかったものです。

 

幸せって、こういうもんだな、と自分でうなづく日々(^^)。

 

案外、ニワトリにも個性があり、2羽の性格は全然違います。

片方は甘えん坊、もう片方は食いしん坊。

 

羽根の模様も2羽で違いますが、どちらも

神様が作ったとしか思えないほどきれいです。

 

 

 

この星に

 

生をうけた

 

そのときのまんま

 

まんまるで

 

まっすぐな

 

その目で

 

みつめている

 

 

この星で

 

巡り逢った

 

あのときのまんま

 

まっさらで

 

まっすぐな

 

あの目で

 

みつめている

 

 

道に迷ってもいい

 

遠回りしてもいい

 

濁ってなければいい

 

 

どんなに振り回されても

 

必ずここにかえってくる

 

天と地を

 

むすぶところ

 

おのずから

 

しかるべきところに

 

 

いまは

 

過去のつみかさねのうえに

 

未来は

 

いまのつみかさねのうえに

 

 

なにも

 

心配しなくていい

 

いまを

 

生きればいい

 

 

生まれたての

 

なんの濁りもない 

 

いまを

 

生きて生きて

 

生き抜けばいい

 

 

のびやかに

 

はれやかに

 

 

全身で

 

味わえばいい

 

 

この星に

 

生をうけた

 

そのときのまんま

 

まんまるで

 

まっすぐな

 

その目で

 

みつめている

 

 

この星で

 

巡り逢った

 

あのときのまんま

 

まっさらで

 

まっすぐな

 

あの目で

 

みつめている