ミャンマー ビザ、ATM、両替、バス、バガン入域料、宿代、気候、食事などなど | 子供と一緒に旅に出よう

子供と一緒に旅に出よう

子供がいても、いや、むしろ子供がいるからこそ旅に出たい。
旅好き一家の旅のブログです。


テーマ:
今回のミャンマー旅行まとめ。


○期間 


2015年7月25日~8月19日。


25泊26日間。



○出入国地点 


マンダレー空港。



Simplog




○ビザ 


WEB上で入手可能。






このレターをマンダレー空港のイミグレーションで見せると、


ビザがもらえる。


料金は50USDで、クレジット決済のみ。


観光ビザで28日間有効。



○ATM、両替


マンダレー、モンユワ、ニャンウー、ニューバガン、


パコック、サガイン。

IMG_20150810_121951354.jpg


観光地やちょっとした街にならATMがある。


USD現金は銀行で両替可能。


ただし月~金の10時から15時くらいまで。


ATMはいつでもOKな感じ。



ATMは使用した限りではちゃんと現金が出た。


ただしATM使用料が一回につき、5000Kかかる。


なるべく一回に多い金額を引き出した方がよさそう。



銀行の入り口にあるATMで、なおかつ行員のいる時間帯に使用するのが、


カードの引き込まれなどの万が一の事態に安心。



余ったミャンマーチャットは銀行やマンダレー空港の両替所で


USDに再両替が可能なよう。



○移動手段


道路がよくなってきているので、


マンダレー~モンユワ~バガン間はバス移動で何の問題もなし。


マンダレー~バガン間は直通だと9000K。


バガン~パコック、パコック~マンダレーと分けると、


なぜか5000K。

IMG_20150814_145859244.jpg



バガンには郊外にニューバスターミナルができていて、


ミャンマー各地からのバスはこのニューバスターミナルに着く。


ニャンウーの市街地までは入らない。



そこからニャンウーまたはニューバガンまではタクシーしか移動手段がなく、


地元の人が乗るトラックバスには乗れない。



タクシーは必ずチケット販売所に寄るので、


観光客から入域料の取り漏れを無くすためのバスターミナル移転と思われる。




タクシー料金は言い値で、ニャンウーまで初めは12000Kとか


ふっかけてくる。


適正価格は良くわからないが、


たぶん6000~7000Kといったところだと思う。


(実際に8000Kまでならすぐ下がった)





○バガン入域料


大人20USD。


9歳の子供無料。


11歳の子供は大人と同額20USD。



IMG_20150812_203940493.jpg


5日間有効だが、


5日を過ぎても特に問題なし。


14日間いたが、チェックは最初の一日のみ。


主要寺院以外のチェックはなさそうなので、


最初の5日間に有名どころを見て、


残りはマイナーなところを回るのがよさそう。



バガンでは3か所の宿に泊まったが、


宿でのチケットチェックは無い。



○宿代


雨季のミャンマーは思ったほど高くない。


マンダレーは供給過剰なのか、


一泊ツインまたはダブルで2500円~3000円くらいから、


ホテルに泊まれる。



ゲストハウスではなく、ホテルに泊まれる。


(ゲストハウスの方が高い場合もある)

IMG_20150728_093236468.jpg


ただしアゴダなどのブッキングサイトから申し込む必要がある。


飛び込みだと割引価格にならないと言われたホテルもあった。



IMG_20150810_123100835.jpg


バガンではプール付きの中級リゾートホテルが、


同じく一部屋3500~5000円。



プールのない普通のゲストハウスでも同じくらいなので、


飛び込み以外でゲストハウスに泊まる価値が感じられない。



ただしこれらは雨季で、しかもブッキングサイト経由の値段。


乾季のハイシーズンは倍くらいになるホテルも多いらしい。



そうなるとゲストハウスに軍配が上がりそう。



雨季に限っての話だが、


安ホテル、ゲストハウスレベルの宿は


値段、清潔感、水回りなどの総合的なコストパフォーマンスで


タイの方がいい感じ。



中級ホテル、中級リゾートなどは


コスパはタイと比べてそれほど悪くない感じ。







○気候


日本の夏休みでもあるこの時期は


ミャンマーは雨季。



マンダレーは前半は毎日雨。


モンユワも連日雨。



異常気象で各地で大洪水。


気温も肌寒い。


IMG_20150731_103745415.jpg


バガンは2週間ほぼ全日晴れ。


一日中晴れている日もあれは、


一日に何回かスコールが来る日もあった。


簡単に34度くらいになって暑い。



雨上がりに晴れると景色がきれい。


IMG_20150809_165606558.jpg


後半のサガイン、マンダレーは雨には降られなかったので、


雨季と言えどもいろいろあるという感じ。


ある程度雲があった方が夕日がきれいなので、


雨季の晴れ間の夕陽はとてもきれい。


IMG_20150817_232203688.jpg



タイミングにもよるが、


特にバガンは雨季とはいっても連日雨と言う感じではないので、


ホテル代が安いこの時期はお得感がある。



○治安


全般的に悪い感じがしない。


早朝や夜歩きも、犬を除けば特に問題なし。



食事代はほぼローカル価格と同じで食べれる。


交通費もぼられている感じがしない。


(バス3時間で250円など)


唯一ぼってきたのはバガンのニューバスターミナルのタクシー。



宿にタブレットを置いていても盗難されない。


現金はミャンマーに限らずどんな国でも置いておかない方がいい。


(例えセーフティボックスの中でも)



スリ、強盗、置き引きなどは、今回は存在を感じなかった。



○食事


ミャンマーの食事は脂っこいので、


胃腸をこわすという話を聞いていたが、


中華系の店、シャン系の店を選ぶとそうでもない。



また、ミャンマーの宿は朝食が付くので、


昼と夜に適当なものを食べても、


それなりに満足が行く。


IMG_20150728_093257831.jpg



○ネット事情


非常に悪い。


高い宿ほど速度は早い。


それでもイライラするレベル(笑)。



それでも安宿でも一応WIFIがあるので、


うまくつながればメールのチェックくらいはできる。


フェイスブックに写真をUPするのはかなり時間がかかる。








kakuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス