子どものこころのコーチング協会

子どものこころのコーチング協会

子どものこころのコーチング協会のブログです。
子育てに役立つ情報をお届けしています。

こんにちは。

インストラクターの武田千晴です。


子どものこころのコーチング講座でも、

「コーチングはスパイスのようなもの。

 生活の全てをコーチングにする必要はないのですよ。」

と、お伝えしているのですが、

これは、わたしが学び始めた頃の失敗談です。



・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o

「今のママと話しても楽しくない!」

・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o


わたしはコーチング講座と聞いて、

子どもとのコミュニケーションをよりよくして、

子どもが意欲的に取り組むような声がけや 関わりができたらいい

と思っていました。

そして、「聞くこと」を実践したら、娘がたくさん話してくれて、子どもの中に力があることも感じました。


なので、さらに、学んだとおりに 相づちして、おうむ返しして、引き出す質問をしました。

「どう思うの?」

「どうしたらいいと思うかな?」

「じゃぁ、こんな場合はどうだろう?」


そうしましたら、当時小5の娘がいいました。

「わたしにコーチングとかもうやめて!

 今のママの話しても、全然楽しくない!!

 前のママの方が、よかった!!!」

がーーーん。


「マ、ママはコーチングを学んで、娘ちゃんが話してくれるようになって、嬉しいと思っている…」

と、ロボットのように返事をするしかできませんでした。


そう、わたしはやってしまっていたのです。

コーチングを使って、娘をどうこうしようとしていたのです。

下心の部分はしっかり、子どもには見透かされてたようです。



・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o

子どもが求めていたのは、こんなこと。

・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o


子どもって、すごいと思いました。

「お母さんのこと大好き!」

って言うだけで、感じたこと、思ったこと、全部よこしてくるから、適当じゃすまされない。

そんな風に感じました。


でもどうしていいかわからなくて。

何か伝えなきゃって

何か教えなくては、

何か、子どもにとって、ためになる何かを…

思っていました。


でも、ただ娘は 一緒に遊んだり、歩いてるときの何気ないおしゃべりとか、

楽しいねっていいあったり、大げさに驚いて見せたり、私が楽しそうに笑ってるのが、

単に好きだったんだなって。

わかりました。


なんだ、そんなこと。

そんなことで、よかったんだ。

いいお母さん。とか、ちゃんと育てる、とか。

うまくできたり、やったりなんて、しなくても、よかったんだ。


わたしが、子ども達と一緒にいて

嬉しいとか、楽しいとか、しあわせに感じている

ということが、伝われば それで十分だったんだ、と思いました。

いつも大切なことは、子ども達が教えてくれるように思います。


今では、わたしも娘も自然に話をして、いろいろ言い合って、笑っていることができるのが

とても嬉しく楽しい時間になっています。


最後までお読み下さりありがとうございました。

 
子どものこころのコーチング協会
インストラクター武田千晴
https://ameblo.jp/chiimonkey/