恨むこと | ココミラランド 子供達の心と未来を守る会

ココミラランド 子供達の心と未来を守る会

配偶者のDVやモラハラ、浮気不倫等を原因として離婚をし、面会交流に悩んでいる生の親子の声を、親子断絶防 止法全国連絡会に届けるために、面会交流で悩んでいる親子とそれを支援する人、賛同する人達で組織した会です。

おはようございます。
「子供達の心と未来を守る会」メンバーの
桜木春菜です。
(会の仲間には、つばきちと呼ばれています)


離婚して随分年月が経ち、

元旦那のことを思い出すことって

ほぼ無いです。


ブログ書くのに思い出す位ですかね。


離婚する前は、

元旦那や愛人さんだけが

幸せになるような気がして、

離婚したら辛い気持ちが残るのではないか?

と思いましたが


人を恨むのって、

すごく自分の精神を

マイナスに追い込むんですよね。

恨めば恨むほど、自分が恨みに囚われて、

自分が不幸になってしまいます。


恨んでる時の自分の顔。

離婚前、かなりヤバかったです。

そりゃ、人の不幸ばっか願う訳だから、

目元もシワよるし、顔も強ばるし、

アンチエイジングとは真逆で、

人の顔とかけはなれて行きますよね。


あと、

恨んでる時は時間もエンドレスですが、

それ本来は貴重な時間です。

恨んでる間、

ずっと旦那と愛人さんのこと考えてる訳で。


そんな状態だと何より

一緒にいる子供たちは、

もっと不幸ですよね。


まさに負の連鎖ですよね。


だから、離婚した時点で

恨みはナシと決めました。


何より、元旦那さんと愛人さんが

幸せになってもらわないと、

逆に恨みがうちの子供に向けられるのが

一番イヤだから。



そう、離婚時に思い、数年経った今。



子供たちの話を聞いて明日が楽しくなる。

子供たちの寝顔を見て安心して

眠ることができる。

子供たちの笑顔を見て

胸が温かく幸せに感じられる。


こんな、恨みとは程遠い毎日を

過ごせていることに感謝です。




☆この記事を書いた人☆




当会では、
離婚後の共同親権の導入に対する
署名キャンペーンを行っています。
ぜひ皆様のお力をお貸しください。
 
署名キャンペーン
STOP共同親権•共同養育】
浮気不倫による離婚の場合は、
された側に選択の自由を!
▼クリックで署名サイトへジャンプします▼
 
署名活動への思いはこちら
 
ピンク薔薇ご協力よろしくお願いします ピンク薔薇 


離婚後の面会交流で
悩んでいませんか?
 


ランキングに参加中。

クリックして応援お願いします!

 にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ

 にほんブログ村