面会交流をやめた理由 | ココミラランド 子供達の心と未来を守る会

ココミラランド 子供達の心と未来を守る会

配偶者のDVやモラハラ、浮気不倫等を原因として離婚をし、面会交流に悩んでいる生の親子の声を、親子断絶防 止法全国連絡会に届けるために、面会交流で悩んでいる親子とそれを支援する人、賛同する人達で組織した会です。



おはようございます。
「子供達の心と未来を守る会」の五木です。

私が面会交流をやめた理由。

 
 


このブログに何度か書きましたが、
離婚後、何度か面会交流していました。

子供がまだ1歳で、
一人だけ預けるわけにもいかなかったので、
私も一緒です。

面会交流した理由は、

「離婚しても親子である」
「離婚しても、
子供と縁が切れるわけではない」
「子供には父親の存在、
父親から愛されてることを
知っていてほしい」

などなど…

共同親権や面会交流を主張している方と
同じような思想でした。


で、実際に面会交流したわけですが…

分かったのは、面会交流が必ずしも

離婚しても親子である」
「離婚しても、
子供と縁が切れるわけではない」
「子供には父親の存在、父親から愛されてることを知っていてほしい」


これらの証明になるわけでは
ないということ。

むしろ、逆効果なケースもあるのでは?
と思います。

法律で決まってることだからと、
嫌々面会交流することになったら、
それは子供にも伝わり、

子供にとって、
愛情じゃないことを痛感させられるだけの
面会交流になってしまいます。

嫌々ではなく、
元配偶者が「会いたい」と言った場合も、
いったい誰のための
面会交流なんだろうかと思います。

実際私も、
元夫に「子供に会いたい」と言われて、
父親やってますアピールにしか
感じられませんでした。

でも私も、それを感じていながらも、
養育費が支払われなくなると困る
(その分自分で稼がないといけなくなるから)
と思い、面会交流を続けました。

「子の福祉」を盾に、元夫も私も、
自分のために面会交流をしていました。


ご飯を食べに行っても、会話はほぼゼロ。

それぞれが子供に話しかけるだけ。

見かけは普通の家族団欒ですが、

実はお互いに腹のなかは真っ黒で、
子供に仲介役をさせるという…。

そんなの子供にとって
良いことではないですし、

私自身も元夫と顔を合わせるたびに
気持ちに波があり、

面会交流をやめました。


また、離婚事由が不倫ですから、
もし定期的に面会交流している時に、
再婚したとかで突然会えなくなったら、

それこそ、
親の愛情を感じるどころか、
私のことはもういらないんだ…ショボーン

って、
さらに子供の心に傷をつけることに
なりますし。


親からの愛情を感じながら育つのがいい、
だから親子の交流を!

というのをツイッターなんかで
見かけますが、

親からの愛情を感じるのは
面会交流じゃなくてもできるし、

今じゃなくてもいいと思うんです。

子供のことを、
将来にわたって
考えてほしいです。


☆この記事を書いた人☆



当会では、
離婚後の共同親権の導入に対する
署名キャンペーンを行っています。
ぜひ皆様のお力をお貸しください。
 
署名キャンペーン
STOP 共同親権•共同養育】
浮気不倫による離婚の場合は、
された側に選択の自由を!
▼クリックで署名サイトへジャンプします▼
 
署名活動への思いはこちら
 
ピンク薔薇ご協力よろしくお願いします ピンク薔薇 


離婚後の面会交流で
悩んでいませんか?

 

 

 ランキングに参加中。

クリックして応援お願いします!

 にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ