【2017年度元気で大きくなったねスペシャル!子ども食堂。今年度お支えいただいた全ての皆様に感謝!!】

3月24日土曜日の子ども食堂は、お花見!

いつも会場をお借りしている、玉里団地福祉館の横「玉里団地中央公園」にて行いました。

{A90C3E24-1F8B-48DE-9EB3-58C7F519DD25}


今年度、子どもたち一人ひとりが元気で大きくなったことを、家族だけでなく、地域のみんなで喜びたい。それぞれの成長を、ほめてあげたい。


そんな気持ちが伝わるように、子どもたちに喜んでもらえる企画を考えました。


前回の子ども食堂の時に、桜の開花予想を考えながら、「お花見できそう!」「いつもの食事をお弁当にしてあげたら喜ぶかもね」「春休みの思い出になったらいいよね」と、ボランティアで知恵を出し合いました。


そして、今日、調理室では窓越しに満開の桜を見ながら、いつものベテランお母さんボランティアによる、美味しいおかず作りがスタート。

{C80F61A4-F266-4633-BBBC-8A088A4172D3}

{BF2DB24A-F6CD-448B-9A92-5B598A4FF4BD}


卵焼きをひたすら巻くお母さん。唐揚げを揚げ続けるお母さん。ホクホクのポテトサラダ。可愛いミニトマト。

唐揚げの香ばしいにおいと、卵焼きの甘いにおいが、福祉館にただよいます。隣の児童ルームで遊んで待っている小・中学生も、鼻をクンクン。


大切に洗ったお米が炊き上がるにおい。

いつもご飯をみんなで食べる、大きな和室が、今日はお弁当屋さんに。


流れ作業でおにぎりを作ります。

握る人、ふりかけをかける人。

{36C0ED8A-D178-4258-B089-9E90E895D9A5}


横では、ズラリとならべたお弁当箱に、出来上がったホカホカのおかずを詰める人。人。人。

{20679F8B-9BB3-47C6-B0A5-EE8AE33BBA1F}


今回は、鹿児島工業高校、鹿児島玉龍高校、鹿児島女子高校、鹿児島中央高校、鶴丸高校の8人の高校生、鹿児島純心女子大学、熊本短期大学の2人の大学生がボランティアに参加してくれました。人数が多かったので、流れ作業で手際よくお弁当を詰めていきます。

初めて会うボランティアもいる中、共同作業でいつの間にか連帯感!


食材を提供してくださった皆さん、この1年も、活動を支えてくださった会員さんの思いもカタチにしたいと、ボランティアで心を込めて作った「森の玉里子ども食堂*お花見弁当」が完成!!

{F445AE21-006E-4FB6-83F3-0A3E37173F24}

{E6E257C8-D471-4EEC-A9B4-15D75592FCAA}


そして、次々と、お母さんたちや子どもたちがどっと福祉館にやって来ました。


「わーい、お弁当だぁ!」「公園で食べるの?」「桜、いっぱいだよ!!」「ねぇ、一緒に食べよう。」「お母さん、食べたら遊んでいいの?」「なわとび持って来た!!」嬉々とした子どもたちの弾む声。


そして、みんなが桜の木の下に集まって、「いただきまーす!」

{564E40FC-0D54-4FC0-81D9-D7A00ACF8844}


「この卵焼きうまい!超うまい!」と、高校生。

「美味しかったっす。唐揚げが一番美味しかったっす。」と、体の大きな中学生。

青空の下で食欲が湧き、お弁当の後に大田ベーカリー様からお土産にいただいたパンも食べる子どもがたくさん。

{1221BCC0-B2AE-4B2F-A4BE-CFD2560CB256}


遊びが大好きな子どもたちは、お腹いっぱいになった後、青空の下で思い切り遊ぶことができました。

{03FBDDA4-168E-4E76-871D-2BAAFECFA64C}


子どもたちが、道路に出たり、小さな子どもだけで広い公園の遠くに行ったりしないよう、事前にボランティアで下見をしました。


でも、実際はよちよち歩きの子どもから、園児、小・中学生、高校生まで、みんなで同じ広場でワイワイ遊んでいました。


高校生たちは、すぐに子ども目線で遊べる一方、安全にも配慮してくれ、頼もしい存在です。

{04C5C0B3-F738-4A7B-9D87-CF1CCB1F8BC0}


そんな子どもたちの遊ぶ姿を、離れて見守る大人も、自然と会話が生まれます。

{F9314E7A-C30E-4793-B1A9-60EEFF11B0AF}


赤ちゃんを抱っこしたお母さんたちは、シートに座っておしゃべりしながら、見守っています。


心配していたお身体が元気になられ、久しぶりに子どもたちに会いに来られた女性。「今日は本当に良かったわ。私、お花見初めてなの。」


桜が風に舞うのを見て、小さな女の子たちが「わぁー、雪みたい。」それを聞いて、顔を合わせて微笑む大人たち。


それぞれの、幸せな時間が流れます。


1人ではない、ゆるやかな、「みんながいる幸せ」に包まれます。


桜、ありがとう。

{2A0DD879-6B68-43D4-BCB6-690069FFD8ED}



たくさん食べてたくさん遊んだ子どもたち、ありがとう。


子どもは地域の宝物。



{8BA097D8-6933-43CA-8443-3658F8EB97A2}


2017年度も、活動をお支えしてくださった、全ての皆様、ありがとうございました。

{D95BC96D-779D-4010-A566-DE83F2142263}


【3/24子ども食堂はお花見!!必ず予約を!!予約締切3/18 20時です】

{F43F53B8-E982-4869-B5BD-8445D44ACD90}


次回の子ども食堂は、桜の開花に合わせて、いつもの会場(玉里団地福祉館)隣にある、広場(玉里団地中央公園敷地内、テニスコート横)で桜を見ながらシートを敷いてお弁当を食べたいと思います(^^)

3/24土曜日  12:00〜14:00

受付は、いつもの玉里団地福祉館です。


いつものご飯をお弁当箱に詰めます。

数を確実に把握したいので、参加を希望する方は、必ず予約をしてください。


[予約方法]

yoyaku_tamazato@yahoo.ne.jp

こちらに、メールでご連絡ください。

メールができない方は、099-285-7911または090-5381-1868までお電話ください。


[予約で事前に教えていただきたいこと]


①保護者のお名前と連絡先、②大人の人数、③子どもの人数、④アレルギーの有無、⑤交通手段(駐車場に限りがあります。なるべく徒歩、公共交通機関、乗り合わせをお願いします)、⑥12時を過ぎることがわかっている方は到着時間


もちろん、いつもの通り子どもだけの参加も可能です。


※なお、家にレジャーシートがある方はご持参ください。


当日は玉里団地福祉館にまず来てお弁当を受け取ってください。ボランティアが隣の公園広場まで案内します。

雨天時は、いつもの和室で食べます(^^)


子どもたちにとっては、大勢でお花見というのも滅多にない経験になるのでは思います。

食後に、いろんな年齢の子どもたちが、学生ボランティアの見守りで楽しく遊べます。


お母さん、お父さん方も、ゆっくりと語りましょう。


https://www.google.co.jp/amp/s/weathernews.jp/s/topics/201801/170105/amp.html

本日、18時から20時、玉里団地福祉館にてみんなで晩ご飯です。
今日のメニューは、ハンバーグきのこソース、洋風白和え、大根のポタージュ、大根のからあげ(!)、フルーツポンチです。
今回も、多くの個人、団体様より、御提供いただいた食材を使って、地域のベテランお母さんたちが愛情込めて調理します❣️
{D5A1BA29-E525-4227-B665-AB485BC1189E}


今週は、月に一度のボランティア運営委員会があり、運営に携わっているコアメンバーで、改めて子ども食堂の活動をしている意味ややりがいについて、語り合うことができました。
いつも、私には地域に住んでいて我が子と同世代の子どもさんの様子がわかることもあって、子ども食堂のやりがいをますます感じています。
しかし、同じく汗を流しているボランティアメンバーが、まもなく2年が経つこの活動に、改めてどんな手応えや課題を感じているのか、知りたいなという気持ちがありました。

先週、東京で「子ども食堂をまちのプラットホームにするためのお泊まり研修」に参加して、みんなで思いや願いを共有し、行動に移すためのヒントをたくさんいただきました。
それを受けて、運営委員会で改めてメンバーで活動への思いやお互いの価値観を確認できました。

「地域の子どもに、一人でも、心をあったかくする火が灯れば幸せ、それがやりがい」

そう言ってくれたボランティアの仲間の言葉を、今日子どもたちが来る直前のボランティアミーティングでも投げかけて、学生や全てのボランティアとまた会話を広げつつ、みんなで頑張りたいと思います(^^)。
{DEFF2338-0DB0-4A07-92F3-CB4AA7D8A2F5}

{91180F76-7016-4780-8056-022542769AD9}

{83362807-5A20-4E19-972C-EC526E020852}

写真は、徳之島のこども食堂さんからおすそ分けいただいた、たんかんとじゃがいも、いつも御支援くださるN様がお母様の病院付き添いの大事なお時間を縫ってお届けくださった油とフルーツ缶詰です。
今日は入試休みを利用して、高校生のボランティアも参加してくれます(^^)食後に異年齢のこどもたちの楽しい笑い声が響く、ますます明るい森の玉里子ども食堂です。ぜひのぞいてみてくださいませ。
{0C2B1905-5D4D-4372-AD28-5D805C8CDF72}

{678CE1E5-B376-473C-9D3E-381894A9ADA9}


こんにちは。


新年が明けて早くも8日ですね。皆様良い年末年始をお過ごしでしたでしょうか。

本年も何卒よろしくお願いいたします。

2017年、子ども食堂は、鹿児島県内様々な場所に広がったようです。2017年の最後の南日本新聞1面は、森の玉里子ども食堂の写真が掲載されましたキラキラ(2017年12月31日南日本新聞)

{8B579A6F-EF6C-45AA-9F98-C267627FCD28}

さて、1月最初の子ども食堂は今度の金曜日、12日です。時間は、

1730分から絵本の読み聞かせ、

18時から20時まで食事

(食事の受付時間は1930分まで)です。

予約を受け付けますので、前日までにご予約のメールをお送りください。(メールはyoyaku_tamazato*yahoo.co.jp  *を@に変えてください。)

特に、駐車場を希望される方は事前にお知らせくだされば場所を指定してお伝えします。


{F571FE46-D0AA-420D-8917-DE06C97B675C}

メニューはまだ決まっていませんが、アレルギーをお持ちのお子さんがいらっしゃる場合はその旨お伝えくだされば幸いです。上の写真に笑顔で写っている調理ボランティアが今年も腕をふるいます❗️


2018年も、森の玉里子ども食堂が、お母さん、お父さん、子どもたち、地域の皆さんにとって楽しい地域の居場所のひとつになれますように。

家族以外の様々な年齢、世代、個性をもった人たちとのつながりが持て、みんなでワイワイしたりホッとしたりできる場所になりたいと思っております。月に2回の子ども食堂で、できることは限られていますが、みんなで多様な経験をし、地域の人との関係性を豊かにできることで、子どもたちの成長に少しでも役に立てばと思っております。ぜひ、今年も子ども食堂でみんなでおいしいご飯を囲みましょう。


今後の子ども食堂

112日金曜日夜ごはん

127日土曜日昼ごはん

29日金曜日夜ごはん

224日土曜日昼ごはん


ぜひご予約ください。

森の玉里子ども食堂 

こんにちは😃
なかなか、活動報告ができずにおりました。すみません!
管理者は子育て真っ只中で、離乳食を開始した三女、やんちゃが楽しくて仕方ない次女、子ども食堂ですっかり人との関わりが楽しくなり起きている時間ずっとおしゃべりする長女の3人を育てています。
合間に出来ていたブログ管理も、何故か滞り、、、てへぺろでも、子ども食堂の活動自体は、たくさんのボランティアさんやサポートしてくれるみなさんのおかげで、この秋冬も順調に進められました。

まとめて、ご報告しますね❗️
{451CD741-160B-45D9-B31F-FC455DFBE3DF}
11月は10日金曜日と25日土曜日でした。

{E3DD005C-BF85-42D6-A9B9-64A9617CA3F1}
玄米の研究を鹿児島大学大学院でなさっている宝蔵さんが、美味しい玄米入りのおにぎりも提供してくださっていました。
白米の方も、おにぎりにしたら食べやすいとボランティアさんが握ってくれました🍙

{2D6A375A-82FD-45E7-92B2-BC317CB87CA3}
さつまいもの提供をたくさんいただき、秋の味覚を味わいました。


{DD2FEDCE-5F4B-4E26-9071-DD8F429EBF6F}
果物をたくさんいただき、柿やミカンなど秋の果物をみんなで分けて食べられたのもとてもありがたかったです。

{B63CA90E-0021-4850-AF13-2986CF415EE4}
ボランティアさんが、子どもたちが自分で配膳かしやすいように、机を以前よりたくさん出して、おぼんをスライドしながら配膳できるように工夫しています。

{D92A983E-805B-4077-BE69-6A50B32A1059}
みんな食欲の秋なのか、たくさん作ったおかずがキレイに完食され、足りるのか調理室で心配になる程でした。子どもたちがたくさん食べてくれるのはとても嬉しいです😃

{1FEB63C0-C8ED-4E90-9E90-51CD59C177D4}
宮崎県の小林市のみなさんが見学に来てくださいました。子ども食堂の活動が小林市でもスタートされるとのこと。ぜひお互いに地元の子どもたちのために活動を充実させたいもので、心強いです(*≧∀≦*)

{5141744C-33A1-4F94-98BE-FEF98AE0618C}
エビを入れた揚げ餃子を作りました。食べられない子どもたちが来た時のために、お肉のおかずも準備しました。初めてエビを入れたおかずを献立にしたのですが、喜んでもらえましたニコニコ調理室で1匹ずつ餃子の側に包み丁寧に作りました。

{E1A8D3DE-8C70-451F-96EE-F2AD7334B546}
食後は、大人が何も声をかけないのに、高校生のボランティアが、「子どもたち、これから公園に遊びに行くよ。行きたい子はお母さんに言ってから靴を履いて〜〜。」と呼びかけて、大勢でとなりの公園広場で遊び始めました。お母さんたちが顔を見合わせてほっこりしました。ウチの子どもは、普段は高校生のお兄ちゃんと遊んでもらう機会は子ども食堂以外ではなかなかありません。子ども同士、お母さんと離れても異年齢で遊べる関係になっていることをありがたく思います。見守りながらお母さん達が安心しておしゃべりをする姿が子ども食堂終了後にも見られました。

{F37D1699-F973-45BF-8156-AF6794E611B7}
11月も、多くの方の御支援で美味しい食事が提供できました。感謝の気持ちでいっぱいですニコニコ