5月11日金曜日夜ご飯のご案内をいたします。

17時30分から絵本の読み聞かせ

 18時から20時まで食事(受付終了は19時30分) 

今回のメニューは、ご飯、とんかつまたはチキンカツ、マーボードーフ、チーズ入りポテサラ、青のりのお汁です。
なんと、卵とじとカレーも作りますので、お好みで、カツ丼やカツカレーにすることができますよ!! 

写真は、会場の玉里団地福祉館。お花がよく手入れされて、キレイですよ。

予約を受け付けます。当日での参加も可能です。しかし、車でお越しになる方は特に、駐車場の把握をしたいために予約をしてください。

予約は、こちらのメールに、代表者のお名前、大人、子供の人数、アレルギーの有無、交通手段

をお知らせください。

 5月は、近隣の母子生活支援施設に出張子ども食堂をするため、玉里団地福祉館での開催は、1回だけです。ご了承ください。


 6月の予定もお知らせします。こちらも予約受付けます。
 6月1日金曜日夜ご飯(18時から20時食事) 
 6月23日土曜日昼ご飯(12時から14時食事) 



子供やその親が安心して挨拶や話をすることができる、地域の多様な人々とのつながりづくりの場になりたいと思っております。

また、今はそれほど大きな問題として表面化しなくても、日々、子育ての大変な苦労や、ちょっとした疲れなどは、誰しもがあります。
何かが爆発することを未然に防ぐことが出来るような、皆さんにとって絆創膏のような場所にもなりたいと思っております。
同じように子育てをしているボランティア、子育てを経験したボランティア、子育てに全く参加したことがない若いボランティアなど、いろいろいます。話したい人に話せるだけ、いろんな話をしませんか。
お互いに語り合って、みんなで元気になれたりほっとできたりしたら嬉しいです。もちろん、専門家にお繋ぎすることもできますので、「自分だけで抱えずにSOSを出してもいいのだ」、と思ってもらえるような私たちになれたらと思っています。

写真は前回の子ども食堂での、子どもたちとボランティア、地域の方々とのふれあいの様子の一部です。



こども食堂が、もっと、社会みんなに理解され、応援してもらえるように、そしてこどもたちのために活動が継続できるように、こども食堂安心安全プロジェクト‬に参加しています。
クラウドファンディングまだまだ実施中!▶︎▶︎ https://camp-fire.jp/projects/view/68605

❤️Yahoo!ネット募金からもご支援お願いします!▶︎▶︎ https://donation.yahoo.co.jp/detail/5170001

みなさまからの応援メッセージはこちらからご覧いただけます!

※森の玉里子ども食堂ボランティアも、大勢でメッセージ動画を投稿しています。たぶん、投稿されている中で一番大人数で撮影したメッセージではと思います。なんと字幕付き!子ども食堂運営者のメッセージも多くはないので、ぜひご覧くださいませ。
http://kodomoshokudou-network.com/anshin/
(下は写真なのですが、このようにページから動画が見られます)


9月までの予定です(^^)

テーマ:
9月までの予定チラシができています爆笑次回は久しぶりの金曜日5/11  です。

17:30〜絵本の読み聞かせ  
18:00〜20:00 食事  (19:30受付終了)です。

転入して来て地域とつながりの欲しい方も歓迎です。
また、「まだ小さな赤ちゃんがいる」「交通手段がない」「近くに子ども食堂がない」「大勢の中で食事をするのが苦手」など、子ども食堂が必要だが、なかなか参加が難しいとおっしゃる御家庭もあります。

そのような方、またお知り合いの方は、個別にご連絡をいただけたらありがたいです。何らかの形でできることを一緒に考えたいです。ニコニコ

実際に、そのようにしてつながっている御家庭も複数ありますので、御気軽にお問い合わせください。
090-5381-1868園田までお願い致します!

チラシの裏面では、森の玉里子ども食堂について、紹介をしていますv(^-^)v





これからも、たくさんの子どもたち、お父さん、お母さん、地域のみなさんとつながって笑顔や元気をシェアできる場所になれるように、ぼちぼちと頑張りますニコニコ

【2017年度元気で大きくなったねスペシャル!子ども食堂。今年度お支えいただいた全ての皆様に感謝!!】

3月24日土曜日の子ども食堂は、お花見!

いつも会場をお借りしている、玉里団地福祉館の横「玉里団地中央公園」にて行いました。

{A90C3E24-1F8B-48DE-9EB3-58C7F519DD25}


今年度、子どもたち一人ひとりが元気で大きくなったことを、家族だけでなく、地域のみんなで喜びたい。それぞれの成長を、ほめてあげたい。


そんな気持ちが伝わるように、子どもたちに喜んでもらえる企画を考えました。


前回の子ども食堂の時に、桜の開花予想を考えながら、「お花見できそう!」「いつもの食事をお弁当にしてあげたら喜ぶかもね」「春休みの思い出になったらいいよね」と、ボランティアで知恵を出し合いました。


そして、今日、調理室では窓越しに満開の桜を見ながら、いつものベテランお母さんボランティアによる、美味しいおかず作りがスタート。

{C80F61A4-F266-4633-BBBC-8A088A4172D3}

{BF2DB24A-F6CD-448B-9A92-5B598A4FF4BD}


卵焼きをひたすら巻くお母さん。唐揚げを揚げ続けるお母さん。ホクホクのポテトサラダ。可愛いミニトマト。

唐揚げの香ばしいにおいと、卵焼きの甘いにおいが、福祉館にただよいます。隣の児童ルームで遊んで待っている小・中学生も、鼻をクンクン。


大切に洗ったお米が炊き上がるにおい。

いつもご飯をみんなで食べる、大きな和室が、今日はお弁当屋さんに。


流れ作業でおにぎりを作ります。

握る人、ふりかけをかける人。

{36C0ED8A-D178-4258-B089-9E90E895D9A5}


横では、ズラリとならべたお弁当箱に、出来上がったホカホカのおかずを詰める人。人。人。

{20679F8B-9BB3-47C6-B0A5-EE8AE33BBA1F}


今回は、鹿児島工業高校、鹿児島玉龍高校、鹿児島女子高校、鹿児島中央高校、鶴丸高校の8人の高校生、鹿児島純心女子大学、熊本短期大学の2人の大学生がボランティアに参加してくれました。人数が多かったので、流れ作業で手際よくお弁当を詰めていきます。

初めて会うボランティアもいる中、共同作業でいつの間にか連帯感!


食材を提供してくださった皆さん、この1年も、活動を支えてくださった会員さんの思いもカタチにしたいと、ボランティアで心を込めて作った「森の玉里子ども食堂*お花見弁当」が完成!!

{F445AE21-006E-4FB6-83F3-0A3E37173F24}

{E6E257C8-D471-4EEC-A9B4-15D75592FCAA}


そして、次々と、お母さんたちや子どもたちがどっと福祉館にやって来ました。


「わーい、お弁当だぁ!」「公園で食べるの?」「桜、いっぱいだよ!!」「ねぇ、一緒に食べよう。」「お母さん、食べたら遊んでいいの?」「なわとび持って来た!!」嬉々とした子どもたちの弾む声。


そして、みんなが桜の木の下に集まって、「いただきまーす!」

{564E40FC-0D54-4FC0-81D9-D7A00ACF8844}


「この卵焼きうまい!超うまい!」と、高校生。

「美味しかったっす。唐揚げが一番美味しかったっす。」と、体の大きな中学生。

青空の下で食欲が湧き、お弁当の後に大田ベーカリー様からお土産にいただいたパンも食べる子どもがたくさん。

{1221BCC0-B2AE-4B2F-A4BE-CFD2560CB256}


遊びが大好きな子どもたちは、お腹いっぱいになった後、青空の下で思い切り遊ぶことができました。

{03FBDDA4-168E-4E76-871D-2BAAFECFA64C}


子どもたちが、道路に出たり、小さな子どもだけで広い公園の遠くに行ったりしないよう、事前にボランティアで下見をしました。


でも、実際はよちよち歩きの子どもから、園児、小・中学生、高校生まで、みんなで同じ広場でワイワイ遊んでいました。


高校生たちは、すぐに子ども目線で遊べる一方、安全にも配慮してくれ、頼もしい存在です。

{04C5C0B3-F738-4A7B-9D87-CF1CCB1F8BC0}


そんな子どもたちの遊ぶ姿を、離れて見守る大人も、自然と会話が生まれます。

{F9314E7A-C30E-4793-B1A9-60EEFF11B0AF}


赤ちゃんを抱っこしたお母さんたちは、シートに座っておしゃべりしながら、見守っています。


心配していたお身体が元気になられ、久しぶりに子どもたちに会いに来られた女性。「今日は本当に良かったわ。私、お花見初めてなの。」


桜が風に舞うのを見て、小さな女の子たちが「わぁー、雪みたい。」それを聞いて、顔を合わせて微笑む大人たち。


それぞれの、幸せな時間が流れます。


1人ではない、ゆるやかな、「みんながいる幸せ」に包まれます。


桜、ありがとう。

{2A0DD879-6B68-43D4-BCB6-690069FFD8ED}



たくさん食べてたくさん遊んだ子どもたち、ありがとう。


子どもは地域の宝物。



{8BA097D8-6933-43CA-8443-3658F8EB97A2}


2017年度も、活動をお支えしてくださった、全ての皆様、ありがとうございました。

{D95BC96D-779D-4010-A566-DE83F2142263}


【3/24子ども食堂はお花見!!必ず予約を!!予約締切3/18 20時です】

{F43F53B8-E982-4869-B5BD-8445D44ACD90}


次回の子ども食堂は、桜の開花に合わせて、いつもの会場(玉里団地福祉館)隣にある、広場(玉里団地中央公園敷地内、テニスコート横)で桜を見ながらシートを敷いてお弁当を食べたいと思います(^^)

3/24土曜日  12:00〜14:00

受付は、いつもの玉里団地福祉館です。


いつものご飯をお弁当箱に詰めます。

数を確実に把握したいので、参加を希望する方は、必ず予約をしてください。


[予約方法]

yoyaku_tamazato@yahoo.ne.jp

こちらに、メールでご連絡ください。

メールができない方は、099-285-7911または090-5381-1868までお電話ください。


[予約で事前に教えていただきたいこと]


①保護者のお名前と連絡先、②大人の人数、③子どもの人数、④アレルギーの有無、⑤交通手段(駐車場に限りがあります。なるべく徒歩、公共交通機関、乗り合わせをお願いします)、⑥12時を過ぎることがわかっている方は到着時間


もちろん、いつもの通り子どもだけの参加も可能です。


※なお、家にレジャーシートがある方はご持参ください。


当日は玉里団地福祉館にまず来てお弁当を受け取ってください。ボランティアが隣の公園広場まで案内します。

雨天時は、いつもの和室で食べます(^^)


子どもたちにとっては、大勢でお花見というのも滅多にない経験になるのでは思います。

食後に、いろんな年齢の子どもたちが、学生ボランティアの見守りで楽しく遊べます。


お母さん、お父さん方も、ゆっくりと語りましょう。


https://www.google.co.jp/amp/s/weathernews.jp/s/topics/201801/170105/amp.html

本日、18時から20時、玉里団地福祉館にてみんなで晩ご飯です。
今日のメニューは、ハンバーグきのこソース、洋風白和え、大根のポタージュ、大根のからあげ(!)、フルーツポンチです。
今回も、多くの個人、団体様より、御提供いただいた食材を使って、地域のベテランお母さんたちが愛情込めて調理します❣️
{D5A1BA29-E525-4227-B665-AB485BC1189E}


今週は、月に一度のボランティア運営委員会があり、運営に携わっているコアメンバーで、改めて子ども食堂の活動をしている意味ややりがいについて、語り合うことができました。
いつも、私には地域に住んでいて我が子と同世代の子どもさんの様子がわかることもあって、子ども食堂のやりがいをますます感じています。
しかし、同じく汗を流しているボランティアメンバーが、まもなく2年が経つこの活動に、改めてどんな手応えや課題を感じているのか、知りたいなという気持ちがありました。

先週、東京で「子ども食堂をまちのプラットホームにするためのお泊まり研修」に参加して、みんなで思いや願いを共有し、行動に移すためのヒントをたくさんいただきました。
それを受けて、運営委員会で改めてメンバーで活動への思いやお互いの価値観を確認できました。

「地域の子どもに、一人でも、心をあったかくする火が灯れば幸せ、それがやりがい」

そう言ってくれたボランティアの仲間の言葉を、今日子どもたちが来る直前のボランティアミーティングでも投げかけて、学生や全てのボランティアとまた会話を広げつつ、みんなで頑張りたいと思います(^^)。
{DEFF2338-0DB0-4A07-92F3-CB4AA7D8A2F5}

{91180F76-7016-4780-8056-022542769AD9}

{83362807-5A20-4E19-972C-EC526E020852}

写真は、徳之島のこども食堂さんからおすそ分けいただいた、たんかんとじゃがいも、いつも御支援くださるN様がお母様の病院付き添いの大事なお時間を縫ってお届けくださった油とフルーツ缶詰です。
今日は入試休みを利用して、高校生のボランティアも参加してくれます(^^)食後に異年齢のこどもたちの楽しい笑い声が響く、ますます明るい森の玉里子ども食堂です。ぜひのぞいてみてくださいませ。
{0C2B1905-5D4D-4372-AD28-5D805C8CDF72}

{678CE1E5-B376-473C-9D3E-381894A9ADA9}