大阪・こども色彩知育教室

こどもの知性と個性を伸ばし、親は育児がラクになる!大阪(十三・塚本、その他)のこども色彩知育教室です♪


テーマ:

十三加島クラス、初日レッスンには

お友達も体験に来てくださいました♪

 

色と言葉がけで個性と知性を伸ばす
こども色彩知育教室に通うと、
こどもの自己肯定感が高まるだけでなく
親も育児が楽しくラクになります♪

 

 

[大阪]こども色彩知育教室

インストラクター 青木 由美子です。

 

 

10月から、十三加島クラスも

通常レッスンが無事スタート♪

 

色を仲間分けしてみよう!ということで、

あらかじめ、赤系のカード約10色を

ピックアップしてわけてもらったんですが…

 

 

ちなみにこんな色のカードでした。

桜色、ばら色、紅樺(べにかば)色、桃色、えんじ、

紅色、紅梅(こうばい)色、朱色、小豆色。

 

赤って言っても、えんじはちょっと紫っぽいし、

朱色は橙色っぽいので、

どこに色分けするのかは重要ではなくて、

 

人によっては赤の仲間に見える物が

紫や橙色の仲間分けする人もいる。

自分の考えは自信を持っていいし、

いろんな考え方があるんだよ~って

知ってもらうためなのでこちらが示す正解はありません

 

 

この日、3歳の子たちは

「この『桜色』はどの仲間だと思う~?」と聞くと、

 

「青!」

「緑!」

 

おおう、そう来たか!(笑)

直前に聞いた好きな色を指してくれました。

 

4歳のお兄ちゃんは「赤!」だったので

全部の色の真ん中にカードを置くと、

それが気に入ったのか、他の色も

真ん中を指さす子どもたち。

 

うん、確かにどれも「赤」とも言い切れない

ビミョーな色だから真ん中に仲間分け

してくれたんだね~(*^^*)

 

 

 

その後は色分けを体験して身に着ける

ための、色紙を色分けするワーク♪

 

 

 

これも、見本などは示さないのですが、

4歳くんが色紙をくるくる丸めて貼ると

3歳の二人も真似して丸めたり

応用して折り曲げて小さくして貼ったり。

 

 

人って、ゼロから何かを考え出すのは無理で、

過去のなにかしらの経験から発想を得て

まったく別のものを作り出していけるから

真似って大事、と私は思っていて、

(だって、過去の有名な画家もみんな、最初は

美術館に行って模写しまくってますしね~)

 

2~3歳児は、やることすべてが初めて

だらけだと思うので、ちょっと人からヒントを

もらうのは必要なことだと考えています。

 

 

でも、毎度見本を見せてしまうと、マルっと

同じものを作るだけ、以上!に慣れてしまって

こそっと見た(笑)人の良いところだけを真似したり、

過去の真似を思い出して考えるということを

しなくなるかもしれないので見本は見せたくないのです。

 

 

途中、3歳ちゃんが「できない~」とごきげんナナメ。

こうしたいの?これがしたいの?と聞いてみると

4歳くんがしていた三角形が作りたかった模様。

「これをこうやって折ってみるのはどう?」と

やってみせるとニコッと合格をもらいました(^▽^;)

 

四角を折って三角にするって、

誰だって最初はしらないもんね(^^ゞ

 

 

みんな、時間いっぱいすごく集中して、

走り回ったりせず作品作り。

 

 

最後、発表をする時、体験で初めて来てくれた

3歳くんは、恥ずかしがりながらも

ニコニコやる!と手を挙げてくれて、

「楽しかった?」と聞くと

やっぱりニコニコしながらうなずいてくれて

私も嬉しくなりました~(*´▽`*)

 

 

 

あなたのお子さんもぜひ体験にお越しください。

お気軽にお問合せくださいませ♪

 ⇒お申込・お問合せ専用フォーム

 

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございます☆

ぜひまたお会いしましょうね♪

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ  

 

日本こども色彩協会HP

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

[大阪]色彩知育教室・青木由美子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。