子どもを守る目@関西のブログ

子どもを守る目@関西のブログ

このコミュニティーは、育児不安・育児困難を抱えた方をサポートしたい、そんな思いで生まれました。

「学ぶ会」「セミナー」「お茶会」などを通して、
子育てについて語り合い、学び合い、出会いや繋がりを作っています。


テーマ:

「子育て、しんどい時もあるよね」

そんな悩みを共有し合える場所、女子会ラブラブ

 

 

 今月で9年目に突入しましたアップ

 

8年やっていて、誰も泣かなかったのは今日が初めてです()

 

誰も泣かなかった理由を分析すると…

 

他人の言動がいちいち気になって仕方がない時は、

「自分」と向き合う事を避けている時ですむっ

 

そんな時期は、人を批判したりパンチ!人を悪者にしたりパンチ!

マイナスのエネルギーを他人にぶつけることで、

自分の価値を高めようとしますべーっだ!

 

ただし、他人を攻撃している間はまだ元気があるうちで、

やがてそのエネルギーが尽きると「自分なんてどうせしょぼん」と、

今度は自分にマイナスのエネルギーが向きます。

 

人によっては定期的にそのループを繰り返します。

 

「また同じ事が起こったゲッソリ

「また裏切られたムキー

 

そう感じる時は、外に課題があるのではなくて、

自分の内側に課題がある時ですあせる

 

現実として起こっている事象は同じでも、

自分の捉え方が変われば、出来事の意味が変わります。

 

今日の参加者は、しんどい時期を抜けた人が集まったので、

(何度も言いますが丸8年やっていて初めて!)

「喜び音譜」や「幸せラブラブ」をシェアし合う時間になりました。

 

『自分の内側を自分で満たすことが出来るようになったら、

他人を羨ましがったり、妬むことがなくなって、

心がざわざわする事もなくなった照れ

 

『人は人、自分は自分で気にならないおねがい

 

『自分の成長のために時間を使っていたら、

人のことを批判する時間なんてない口笛

 

『この平穏な気持ちは言葉では表現できないラブ

 

等々…。

 

ただただ、穏やかな時間が流れた女子会でした虹

 

過去何回も、泣いてえーん喚いてムキーッ苦しんでショック

 

参加者は毎回違いますが、

女子たちが嗚咽する姿を何度も見てきただけに、感無量です笑い泣き

 

他人の時間やエネルギーを奪って、自分の心を満たすことをやめて、

しっかりと自分の過去や、自分の嫌な部分と向き合い、

課題を乗り越えたみんなは素晴らしいですアップ

 

心に溜まったマイナスの感情は、「例えるなら」心の「ウンコうんち」です。

柳谷和美ちゃんからの受け売り)

 

「ウンコ」は我慢をする事が大事なんじゃなくて、どこで出すかが大事ですグッド!

 

心の「ウンコ」も我慢をすると下痢や便秘になります汗

 

心が本来の働きをしなくなり、

出してはいけない場所で感情を垂れ流してしまいますあせる

 

仮にSNSで垂れ流すと「ここは汚してもいい場所ニヤ」と、

沢山の「ウンコうんちうんちうんち」がそこに集まります。

 

そのままではいつまでたっても成長はなく、

同じような出来事が、繰り返しやってきます。

 

「心のウンコ」を吐き出していい場所をちゃんと見つける!!

 

そのうえで生活習慣(つまり、考え方のクセ)を変えないと、

またすぐに下痢や便秘になって、同じ事を繰り返しますえーん

 

そんな時誰かに、

 

「ここでウンコをしたらダメだよ禁止

トイレでするんだよトイレ

 

と教えてもらえる人はラッキーですチョキ

 

「心のウンコ」はトイレのような場所で出す!!

(言っていい時間、言っていい場所、言っていい人の前で出す)

 

そのうえで考え方のクセを変えることが出来たら、

心がクリーンになって、心の調子が良くなります音譜

 

そうすると、自分で自分の心が喜ぶことがわかるようになり、

「自分が決めた事だから口笛」と、

何かあっても、いちいち心が振り回されなくなります照れ

 

『誰かに怒りの感情を抱いている時が、

一番人間くさかったよね・笑

もう、あんなしんどい体験、2度としたくないけど・笑』

 

今、この世界で、感謝ドキドキと共に成長できる喜びを味わえるのは、

生死を賭けたドロドロな世界ハートを知っているからです・笑

 

女子会は世間が羨む「キラキラママキラキラ☆」の集まりではないけれど、

深い愛にあふれていますドキドキ

 

今月もお昼ごはん&おやつはゆかちゃんの手作りがズラリ!
ゆかちゃん、ありがとう。

 

 

なんとお菓子リュックまで!

 

 

 9年目の女子会もみなさま、どうぞよろしくお願いしますニコニコ

 

女子会の後は…

 

茨木ライオンズクラブさんが、

「ひとり親支援」についてのヒアリングに来てくださいました。

 

 

 「誰かを笑顔にしたいアップ

 

目には見えないあたたかい気持ちが、

空気を伝わってみんなに届きますようにラブラブ

 


テーマ:

「暑い」というより「熱い」夏休み。

子どもたちは室内で過ごすことが増え、
ついついYouTubeを見る時間も増えてしまいます。

 

「ダメ」と言っても変わらない。
ならばちゃんとYouTubeについて学んでもらおう!というこの企画。

講師は立命館大学在学中にIT会社を立ち上げた、

Beyction(ビクション)合同会社の垣端たくみさん&仲間たちニコニコ

 

 

まずは大学に通いながらユーチューバーになって、
現在はチャンネル登録77万人ビックリマークという、
某ユーチューバーの1日について教えてもらいました。

 

朝4時半に起きて夜中に寝る毎日。

撮影だけではなく、打合せや編集にかかる時間の多さに一同唖然…ガーン

 

人に楽しんでもらうものをつくるには、
時間とパワーが必要ということですねあせる
 

ユーチューバーについて学んだところで、
次は実際に企画→撮影→編集→動画アップをやってもらいましょー音譜

 

 

出演者になるか、監督になるかも含め、

動画の構成は自分で考えてもらいます。

 

 

テーマが決まっていない人は、お菓子の紹介をしてもらいました。

 

 

室内だけではなく、屋外で撮影をする人も。

 

 

撮影が終わったらアプリを使って動画の編集を行います。

 

 

テロップを入れたり、トリミングをしたり、早送りにしたり…
やることいっぱい!!

 

「あ~でもない」「こ~でもない」と言いながら、

無事に全員、秘密のチャンネルに動画をアップすることが出来ましたラブラブ

 

「やってみてどうたったはてなマーク」の質問に、
全員が「楽しかった音譜」の返事ニコニコ

 

楽しんでもらえて、良かったですラブ

 

…でもね注意

 

ユーチューバーになるには気をつけないといけないことがいっぱいあります。

 

 

誰かを傷つける動画をアップしない。

著作権に気をつける。

嘘や悪口を広めない。

誰かの「意見」を「事実」と捉えて感情的にならずに、何が正しいことかを判断するチカラを持つ。

相手の気持ちも自分の気持ちもしっかりと考えてからアップする。

一度インターネットにアップされてしまうと取り消すのは大変です炎

 

ユーチューバーのお仕事は楽しいけれど、

楽して稼げるお仕事ではなくて、

好きだからこそ努力をして、努力が報われると楽しくなります音譜

 

誰かに喜んでもらえて、その対価としてお金をいただけているので、

誰かに喜んでもらえるように、日々努力して成長することが大事ですアップ

 

やるかやらないかは自分次第!!

 

失敗しても諦めずにチャレンジして、続けている人だけが成功しています。

失敗は誰でもするので恐れずに、「経験」を増やしていってくださいねラブラブ

みんなが将来、「好き」と「楽しい」を仕事に出来ますようにキラキラと、
心から願っていますクローバー

 

終わってからみんなに聞いてみました。

 

「楽しかったですか?」

全員が「はい!!

 

「同じような講座があったら、また来たいですか?」
こちらも全員が「はい!!

 

今回は小学生対象だったのですが、
1年生~5年生までが参加してくれました。

動画作成にスマホを使うので、
午前・午後あわせて10名しか受付けできず、
告知をしたらすぐに満席になりましたあせる

 

そのため「こんな講座をまっていました!!」という方ばかりが参加してくださり、
お子さんだけではなく、親御さんにもとても喜んでもらえました。
 

「今日は夢が叶って嬉しかったですラブ

そう伝えてくれたお子さんが2人いて、
企画してよかったなぁ…と感無量でしたえーん

私たちも幸せで、楽しく嬉しい時間でしたラブラブ

SNSと共存して生きていく時代なので、
幸せに生きるためのツールとしてネットを使いこなしてくれますように虹


講師の垣端たくみさん、
サポートに入ってくれた学生の皆さん&りえちゃん、
ありがとうございました音譜

 

 

片付けが終わってからのオフショット。

 


青春だね(笑)

 

 

 


テーマ:

本日の女子会口笛

(顔出しOKな皆さんと)

 

今日は祖父母&親&子世代の3世代開催でした。


祖父母の悩みに親がアドバイスをし、

親の悩みに子がアドバイスをし、

子の悩みは近所のおせっかいおばちゃんたちがアドバイスをする。

 

世代を越えてお互いの悩みを合わせ鏡のように映し合い、
自分自身を見つめる時間になりましたクローバー

 

親は子に対して「こうしてほしい」という理想を抱き、

子はその理想通りになろうと頑張ります。

 

しかしそこは別人格を持った人間同士。

理想と現実の間にギャップが生まれます。

 

理想に執着をすると、目の前の子どもの状態を見れなくなり、

「こんなはずじゃなかった」と、親子ともに苦しくなります。

 

うまくいっている時も、うまくいっていない時も、

存在そのものを愛してくれる人がいて、
話を聞いて受け止めてくれる人がいたら、
親も子も前を向いて歩いていくことができます。

 

どんな時も受け止めてくれる人が身近にいると、心に安心感が生まれ、
連動して執着心が消えていきます。

 

執着心は、自分の心の弱さや寂しさ等、心の飢餓状態から生まれます。

 

心が満たされると安心して執着を手放すことが出来ます。

必死で何かを守ろうとしなくてもよくなります。


ありのままの状態でも愛されていることに気づくことができれば、

何かで身を守ろうとしなくても、自分のままで生きていけます。

 

人は誰もが持って生まれた能力を持っています。

 

社会全体で補い合い・支え合いながら、
一人ひとりが本来持って生まれた能力を発揮できれば、
みんなが元気になります。

 

否定・批判・規制のし合いではなく、
認め合い・評価し合い、許し合う。

 

そんな人間関係が広がりますようにラブラブ

 

今日のゲストは岩本さんニコニコ

 

「走れ!児童相談所」を出版されました。

 

重い話になりがちな児童相談所の業務を、
希望とともに描かれた名著です。

 

そして今回は某テレビ局の取材が入りました。

 

いつものごとく、

「親を救えば、子が救われる」

この視点で訴えさせていただきました。

 

今日も数々の差し入れをいただきましたが、
ゆかちゃんからは手作りの品々…ドキドキ

(愛情ダダモレ!美味しい!嬉しい!ありがとう~!!)

 

そしてなんといってもこの方がいないと女子会は成立しません。

託児の福さまラブラブ!

 

教育&心理のプロなので、

子どもたちと全力で向き合ってくれます合格

 

子どもが笑顔になると、ママの心もほぐれます照れ

 

親子は本当に合わせ鏡だなぁ…と実感します。

 

合わせ鏡だからこそ、

親子でこじれた時に親子だけで解決するのは無理です。

 

話す=放す。

誰かに聞いてもらうことで、感情を手放すことができます。

こじれた問題が小さいうちに手放すことが出来たら複雑化しません。

 

人を救うのは「制度」ではなくて、悩みを受け止めてくれる「人」の存在です。

制度をつくってもそこに受け止めてくれる「人」がいないと意味がありません。

 

誰かに優しくしてもらえるから、
誰かに優しくすることが出来る。

 

そんな関係が増えますようにアップ

 

辻 由起子

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス