こだま堂漢方薬局のブログ

こだま堂漢方薬局のブログ

東京都多摩市・府中市にある漢方専門薬局です。
漢方・健康の話題を中心にブログを書いていきます。
ぜひ遊びに来てね!

こんにちは。

こだま堂の長峯です。

 

日本人は無宗教と言うけれど、神社やお寺には誰でも行ったことがあるでしょうし、信心深い人も少なくないと思うんですよね。

 

ご相談をしていると、たま~に、「自分が病気になったのは、罰が当たったんだショボーンとか、「神様を信じてたのに、なんで自分がこんな目に合うんだムキーという方がいらっしゃいます。

 

きっと、とても信心深い方なんでしょうね。

 

あと、神様ではないけど、「肉ばっかり食べてたからガンになったのかも・・・」とか不摂生を悔やんだりすることもありますよね。

 

でもね、そこはあんまり悩まない方がいいと思うんです。

 

何でかって言うと、「悩むと身体に悪いビックリマークから。

 

ただでさえ、病気はストレスなのに、過去の行いとかいろいろ悩むと余計に治癒力が落ちるわけですよ。

 

病気になるのに、いい人も悪い人も関係ないですし・・・。

 

健康に気を付けていても、病気になることもあるし、不摂生でも長生きする人もいますよね。

 

もちろん、生活習慣が悪かったら、これからはなるべく気を付けた方がいいですよ。

 

でも、気を付けすぎるとオルトレキシアになっちゃうかもしれないし・・・。

 

 

なので、ほどほどでOKチョキ

 

難病や死期が迫った方では、信仰心がある人の方が心の平安を得られやすいのですが、神様って別に罰を与えたりしないんじゃないでしょうかはてなマークはてなマークはてなマーク

 

別にご褒美もくれないと思いますが・・・。

 

一生懸命、頑張って生きていれば、それだけでイイんじゃないかなはてなマーク

 

だから、今までの行いを後悔するより、これからやらなかったら後悔するかもしれないことを実践していきましょうね!!

こんにちは。

こだま堂の長峯です。

 

最近東洋学術出版社から出版された漢方の本、「皮膚疾患の中医治療」

 



カラー写真も豊富ですごく良い本ですビックリマーク

 

コレは役に立つ本だから、取り急ぎ2店舗分、聖蹟桜ヶ丘店用と府中店用の2冊買ったんですが、買った後でなんとメーカーからの割引購入ができたのを知って、大ショック・・・チーン・・・高いんだから、ソレもっと早く教えてよ・・・笑い泣き

 

で、この本をテキストに皮膚病のZOOM勉強会も増えたのですが、皮膚を治す上で、ものすごく重要なのはやっぱり「食養生ナイフとフォークということ。

 

食事を改善せずに完治はナイ!!のです。

 

漢方薬で良く使われるのは、清熱解毒薬や活血薬、理気薬など毒素を取り除きやすくするものと、補血薬、補気薬など修復を手助けするものに分かれます。

 

症状が激しいときは、毒素を抜かなければなりませんが、毒になる食べ物があります・・・。

 

毒になる・・・と言っても、五臓の働きが正常に機能していて、食べ過ぎなければ、本来毒にはならないんですが、毒になりやすい体質になってしまっているから、体質が良くなるまで控えなければいけません。

 

どんなものが毒になりやすいかと言うと、

 

砂糖、チョコレート(ハイカカオでもダメ)、ココア、コーヒー、チーズ、アイスクリーム、ケーキ、ナッツ、エビ、カニ、餅米、アルコール、ニンニク、トウガラシ・・・などなど。

 

コレが美味しい物ばっかりなんですよね・・・滝汗

 

ある患者さんの症例で、漢方の治療と食養生を続けて一年後には9割方良くなったのに、油断して辛い煎餅をドカ食いしたら、一気に悪化した・・・という話・・・。

 

でも、逆にそれが自分に悪いことがハッキリ分かったので、また頑張って気をつけて良くなっているそうです。

 

しょうが無いよね、たまには好きな物食べたいよ酔っ払い

 

皮膚病を治すためだけに生きてる訳じゃないし。

 

悪くなったらまた控えればいいと思います。

 

あと、体にイイと思ったら「納豆アレルギー」だった方もいらっしゃいました。

 

毎日のように食べている好きな物も要注意です。

 

まず、半年は食べないように我慢して貰って、皮膚が良くなってきたら試しに1回だけ食べてみて貰ってます。

 

それで悪化しないようだったら、2週間に1回くらいだけ食べてみて、皮膚が悪化しない許容範囲を探っていきます。

 

一生食べられないわけじゃないんですよね。消化管粘膜が丈夫になればアレルゲンになりやすいタンパク質は入りにくくなるし、しっかり消化できれば分解されてアレルゲンになりにくくなります。

 

炎症を起こしやすい脂肪酸の割合が減ってくれば、過剰な免疫反応も起こしにくくなります。

 

体質が良くなってくるまでは、悪さをするものを避けて、漢方で排毒していく・・・というのが重要です。

 

いくら清熱解毒薬飲んでも、辛い物を食べれば熱が生まれるし、祛湿薬を飲んでも、チーズケーキやアイスを食べていればジクジクは取れません。

 

特にはじめの3ヶ月、漢方と食養生をしっかりやっていただければ、改善が見えてくると思います。

 

また、自分で適当に漢方薬を飲むよりも、相談しながら漢方薬を飲んだ方が、自分では気づかなかった生活習慣の問題点にも気づきやすいですよ。

 

時間はかかるけど、続けた方は着実に良くなっているので、ご相談下さいねビックリマーク

こんにちは。

こだま堂の長峯です。

 

動悸って結構ご相談があるのですが、病院で調べても「異常ナシ」ってことも多いです。

 

まぁだいたいは「自律神経ですね~ストレス溜めないようにね~」みたいな感じはてなマーク

 

異常ないって言われても、心臓だから何かコワイですよね。突然死ぬかも・・・滝汗とか。

 

たしかにストレスが原因にもなるんですけど、頻繁に同じような時間帯に動悸がある人・・・特に夕方頃・・・の方は、食事の内容を気にしてみて欲しいです。

 

動悸の原因が血糖値の乱高下、または反応性低血糖症のことがありますビックリマーク

 

血糖値が乱高下すると、自律神経が乱れるんです。

 

コルチゾールやアドレナリンなどがメチャクチャに分泌されて、興奮や緊張を起こします。

 

夕方は特に血糖値が下がりやすい時間帯なので、動悸しやすいです。

 

この動悸は、冷や汗や脱力感、倦怠感なども伴い、何か食べたり飲んだりすると治まりやすいです。

 

気を付けたい食事の内容・・・というのは、「糖質・炭水化物の多い食事」

 

血糖値上がるからイイんじゃないのはてなマークと思われそうですが、血糖値が上がりすぎて、乱高下・低血糖を引き起こします。

 

私もこの症状があって、20代の頃は動悸の原因が分からず、病院にも行ったのですが「異常ナシ」

 

自分で気づいていたのは、コーヒー+糖分を摂ると数時間後に必ずなるということ。コーヒーってインスリン分泌を促進するそうです。

 

あとは、おにぎりだけ、とか炭水化物だけの食事をするとなりやすい。

 

いろいろ考えて「これは低血糖じゃないかはてなマークと思ったわけです。

 

その後「分子栄養学」を学ぶ機会もあり、「反応性低血糖症」という症状があることを知りました。

 

今も不摂生をするとたま~になりますが、だいぶこの症状を起こすことは無くなりました。

 

だから、甘いジュースとかガブガブ飲める人、すごいなぁ・・・と思います。

 

もしそんなことしたら・・・数時間後に死にそうな目に・・・汗

 

怖くて飲めない・・・。

 

まぁ具合悪くなったら糖質摂れば治るんだけど、堂々巡りで血管が糖化するから良くないんですよ。

 

このタイプの動悸、結構いらっしゃいます。

 

空腹時に甘い物を食べたり、食事が炭水化物ばっかりで動悸するって言う人は、血糖値の変動、気にしてみて下さいね。

 

血糖値・・・とは関係なさそうだったら、活血薬の「冠元顆粒」や強心薬の「六神丸」などがオススメかなはてなマーク(漢方は体質によるので・・・絶対じゃないよ)

 

病院に行ったけど、異常ナシの動悸・・・でお困りの方は、ご相談下さいね~ビックリマーク