こんにちは。

kodamaです。


今日はカフェで涼みつつ、本を読んでいました。


もう何度も読んだことのある本で、前職のときなんかは、いつも机の引き出しに入れていたほどの愛読書。


なんだか今日、ふと目に留まって、読み始めました。



最近は休みのときは、あんまり仕事のことを考えたくない・・・と思い、

脳を切り替えていたのですが、今日はものすごく今の仕事にリンクしてしまいました。



船井総研のカリスマコンサルタントの五十棲さんの著書。



「あなたはなぜ、今の仕事をしているのか?」


「自分にしかできないオリジナリティのある仕事ってなんなのか?」



自分に疑問を投げかけつつ読んでいたのですが、

今のことや過去のこと、いろいろと考えてしまいました。



思い起こせば、前職のときって、『さぁ考えよう!』と思わなくても、

日々の面談同席やヒアリングなどで、人を通して、自分に対しても、上記のようなことをいつもいつも

あたりまえのように考えていたなと。


それに引き換え、今は、会社に行ってただ仕事をしているだけでは、そんなことは全く考えない。


だからいつまでたっても、『なんだかやりがいを感じない。』 『お客さんの顔が見えない』と感じていたんだと。



今の会社で、お客さんに対するサービスを新たに考えようといったとき、


『何をしてあげたら喜ぶか?』『どんなプレゼントが喜ぶか?』いきなりそんなふうになる。



でも、今日、この本を読んで思ったのは、


『そもそも、お客さんはなんでうちで買い物をしてくれるのか?』ということ。


商品がいいから?


何かプレゼントがもらえるから?


なんとなくよさそうだから?


たまに割引とかあるから?



まずはそこから考えないと、おそらく的外れなサービスになってしまうのではないかと。



『お客さんがうちに求めていることってなんなのか?』


『うちのオリジナリティって何なのか?』




そう、言ってしまえば、『ミッション』という一言に尽きる。



あまりにいろんなところで言い尽くされて、『ミッションが大事』なんて今更誰も声を大にして言ったりしないし、

言われても『そんなことわかってるよ!』と、多くの人がいうと思うけど、

じゃあ実際どれだけの人が、その『ミッション』について現実に落とし込んで考えているか?



これは企業の姿勢でもあり、個人の生き方にも関わってくる。



その企業のミッションが違うと感じるなら、その会社は去ったほうがいいだろう。



自分の生き方について考えるつもりが、今の会社の思わぬ発見をした感じでした。




『なぜ働くのか?』ということについて、いろんな事例を交えつつ、またいろんな角度からずっと問いかけてくれるこの本。


おそらくこれからも私の愛読書となるでしょう。



そして、自分のミッションを深く感じた時、それを今度は伝える側になるんだろう。




おそらく3年ぶり?くらいに見た本だったけど、思わぬ収穫でした。



やっぱり、いい本は読み返すほどに気付きがありますねぇ。




最近読んでなかった!という方も、まだ読んだことない!という方も、そして、方向性に迷っている、現在提供しているサービスに迷いを感じているという方にも、ひじょ~にお勧めの本です!


夏休みの課題図書にしてもいいくらい!


なぜ、あなたは働くのですか?―仕事を通じて幸せを手に入れる 人生で大切なのは、そんな「天職発想」です/五十棲 剛史
¥1,365
Amazon.co.jp

もし読まれたら、あなたの感想もぜひ聞かせてください☆