3月16日オンラインこだはぐカフェ開催報告 | 小平はぐくみプロジェクト(こだはぐ)

小平はぐくみプロジェクト(こだはぐ)

小平はぐくみプロジェクト(こだはぐ)は「産前産後ママの心と体を癒したい。支えとなり、助け合える仕組みを作りたい。」という思いで、2013年11月に発足したプロジェクトチームです。

こんにちは。
今日も暖かな日差しでしたね。

今年度最後のオンラインこだはぐカフェを
3月16日に開催いたしました。

親子deピラティス
~骨盤の引き締めと凝りをほぐして
リフレッシュ~

講師は
渡辺 操さん(MISA)
ピラティストレーナー


4人のお子さんを育てた経験豊富なママ。
小平市中央体育館で行政主催の講座を多数開催されています。
フットワークも軽く、精力的に活動されている素敵な先生です✨

今回は呼吸法やお腹や骨盤の引き締めに効果がある体操を教えていただきました。


▫️▫️▫️
「普段の子育てでコリコリになっている所をほぐしましょう〜」とミサ先生のお声かけでスタート!


先ずは全身のストレッチをして、身体をほぐします。すでにこの時点で身体がポキポキ音を立てている私(^^;;  
日頃の運動不足が…バレバレ💦


しっかりと身体をほぐしたら
先ずは坐骨歩きをしました。


お尻のほっぺたで前に進んだり
後ろに下がったりしながら
お尻の筋肉をほぐします。


お子さんがいらっしゃる方は
お子さんを太ももに乗せてチャレンジ。
皆さん挑戦されていました。
赤ちゃんも楽しそうです。


日頃使っていないお尻付近の筋肉を動かしたらお尻の筋肉が柔らかくなったかも‼️
動きもスムーズになりました。


次は足首をぐるぐる〜
ミサ先生の足首のスムーズな動作に目がテン!
しなやかな動きはさすがプロの先生でいらっしゃいます。

関節の動きも滑らかで
柔軟な動きがとても美しかったです。


今回先生が特別に準備してくださった物が
2つありました。


■膝が動く赤ちゃん人形
(とても珍しい様です)


■骨盤模型  


この2つを使いながら、骨盤周りの筋肉や身体の仕組みと、お膝が動く人形で赤ちゃん向けの股関節周りの体操を教えていただきました。


赤ちゃんはお腹の中にいる時は
骨盤の中で股関節がギュッと閉じたままなので、生まれたら股関節を動かす体操をして、動きをスムーズにしてあげるそうです。


ミサ先生がレッスン生のお子さんで
デモンストレーション動画を撮ってくださったので、股関節体操の動画を流しました。


声をかけながら股関節を動かしてあげると
赤ちゃんが気持ちよさそうな表情に。
大人も赤ちゃんのすべすべ素肌に触れられて
気持ちが穏やかになりそうです。

おむつ替えの時にスキンシップも兼ねて
ぜひ股関節の体操にチャレンジしてみてくださいね。


インナマッスルを使える様になる
赤ちゃんと一緒の体操も教えていただきました。


腰の下のあたり、
手で触るとコリコリとした骨がありますか。
それが尾骨です。

尾骨を床につける様にしながら
おへそをグッと引っ込めて、足を山型にして踵を浮かせ、赤ちゃんを太ももに乗せてお尻の筋肉をキューと締めます。

わかるかな?

お腹がピリピリしますが、バランスが取れていると、インナマッスルが鍛えられるそうです。



気軽に出来るタオルを使った体操も教えていただきました

両手でタオルを肩幅くらいに広げて持ち
手を挙げたり横に動かしたり
グルーと頭の周りを回旋させてみたり。

このタオル体操はスタッフにも好評で
気軽に出来て、ストレッチ効果も感じて
子育て中の忙しいママにもぴったりです。
ぜひぜひお試しくださいね。

▫️▫️▫️

肩こりや腰痛が気になったり
添い寝でちょっと身体をひねってしまったり。
スマホをチェックしてきたら、肩がパンパンに張ってしまったり。

その様な身体のサインを改善する為にも、日々のメンテナンスは大切ですね。


本日参加してくださった皆様
ミサ先生
ありがとうございました。




先生の活動は下記からご覧ください。

今年度最後のオンラインこだはぐカフェは
いかがでしたか。


来年度からはスタッフの動画を
Instagramで配信いたします。
どうぞご覧ください。

小平はぐくみプロジェクト