9/17こだはぐカフェ@鈴木公民館開催報告 | 小平はぐくみプロジェクト(こだはぐ)

小平はぐくみプロジェクト(こだはぐ)

小平はぐくみプロジェクト(こだはぐ)は「産前産後ママの心と体を癒したい。支えとなり、助け合える仕組みを作りたい。」という思いで、2013年11月に発足したプロジェクトチームです。

こんにちは。こだはぐの阿部です🙂
気温の変化が激しいですね💦
夏の疲れも出る頃。
体調に気をつけてくださいね!

9月のこだはぐカフェ☕️開催報告です。
この日も賑やかに、そしてアットホームな雰囲気に包まれながらのひと時でした🎵
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました😊

お楽しみ企画は、現役助産師さんのお話し会✨

●いのちの神秘●
「子どもたちは生きていく力を持っている!!」
〜現役助産師からママへ送るエール〜

講師に、大森彰子さんをお招きしました😊
大森さんは、「社会医療法人財団大和会  武蔵村山病院 産婦人科」に勤務されている助産師さんです!


始めに、赤ちゃんが生まれるまでお母さんのお腹の中でどのように成長しているのか、神秘的な本を紹介してくださいました✨

↑↑
お母さんのお腹の中で、赤ちゃんはこんな感じで過ごしていますよ~😊
大森さんと同じ武蔵村山病院で働いていらっしゃる助産師の酒井さん✨

*赤ちゃんは、自分で生まれる
よくお腹の中の赤ちゃんに、「この日に生まれてきてね」とお願いしたら、その通りに生まれてきてくれた!というお話を聞きます。
本当にそのようになるケースが多いそうです。

生まれる時は赤ちゃんが決めるので、赤ちゃんのペースに任せましょう!!
例えば血圧が高いお母さんのお腹の中にいる赤ちゃんは、自分がいる環境がよくない、お母さんの命も危ないと判断して、早く生まれるようです。
赤ちゃんは、自分の命もお母さんの命も守りながら生まれてくるというお話に、じ~んときました💕


*どんなお産も立派なお産!
帝王切開を経験された方が、陣痛がなかった、健康な身体を傷つけてしまった、と、落ち込むことがよくあるとのことです。
でも帝王切開もお産のひとつ。種類が違うだけ。立派なお産ですよ❗️と力強くお話してくださいました✨

私も妊娠中に「どのお産がよい、ということではなく、安全に産むことが大切なのよ」と助産師さんに言っていただき、励まされたことを思い出しました。

*おっぱいが出るためには
⚪️夜間授乳をする
産後は朝までゆっくり眠れないホルモンが出ている。

⚪️甘いもの油っぽいものを控える
個人差はあるけれど、日本人の体質で甘いものなどはおっぱいが詰まりやすくなる。

⚪️頻回に吸わせる
赤ちゃんに何度も吸ってもらうことで、出るようになる。

もしうまく出なかったら、是非助産師さんに相談して欲しいそうです!

↑1ヵ月ごとの赤ちゃん人形を紹介してくださいました。
平均的な大きさ重さです✨

↓お母さんの胎盤。赤ちゃんのへその緒とこんなふうに繋がれているのですね!

*ポジティブシンキング
最後に~
ママ達がポジティブシンキングで、お産や育児と向き合って欲しい♪

そのためには、
困ったこと、何かモヤモヤしていることがあったらひとりで抱えず話して欲しい!
いっぱい相談して欲しい!
助産師さんを頼って欲しい!

と、大森さんの力強く、そして温かなメッセージが心に響きました❤️

話すだけで、聞いてもらえただけで、気持ちが晴れることはいっぱいありますよね。
このこだはぐカフェでも参加ママ同士やスタッフと何でも話すことで、少しでも気持ちがらくになったら嬉しいな、そんな場所でありたいな、と改めて思いました😌

大森さん、ありがとうございました❗️❗️

☆ランチタイム☆

<今月のメニュー>
⚪️マーボなす🍆
⚪️雑穀米ごはん🍚
⚪️きゅうりの塩こうじ和えと
                             オクラのおかか和え🥒
⚪️とうがんの煮物🍜
⚪️ぶどうジュースとヨーグルトのゼリー🍇

↑↑
高橋農園さん、いつもこだはぐを応援してくださっている柴田さん、スタッフ高野さんのお父様からたくさんのお野菜をいただきました!
今月もありがとうございました😊


見てください‼️大きなとうがん✨
高野さんお父様よりいただきました😃
赤ちゃんサイズ!?
りえちゃんにっこにこ~😆😆😆

とうがんの煮物↓鍋にいっぱい!!

マーボなす🍆↓
フライパン3つ分作りましたよ😉

~和やかに楽しくランチタイム~

*****************

次回こだはぐカフェは11月です。

11月22日(金)10:30~
鈴木公民館祭りの日に開催します!
そのため、いつもと曜日が違います。
お間違いのないようにお越しくださいね😊

詳しくはブログでお知らせいたします😊
スタッフ一同、楽しみにお待ちしております💕