2017-11-13 02:01:21

道が復旧!市原隼人氏も絶賛した神秘のにこ淵と西滝

テーマ:素晴らしい景勝地と史跡

[神聖なる碧い淵と新・高知県一の滝]

映画「サムライせんせい」(11月18日高知先行公開)のロケで先々月頃、高知県を訪れていた市原隼人氏はクランクアップ後も一日、プライベートで高知に宿泊し、いの町のにこ淵や県境に広がる四国カルストを探勝後、愛媛県に抜けて帰路に着いた。隼人氏は写真が趣味のため、太陽光の当たり具合によっては、水面が神秘的なエメラルドグリーンに輝くにこ渕を訪れたのだろう。

 

近年、滝を擁すにこ渕は全国放送のテレビ番組等で取り上げられたことにより、県内外から観光客が押し寄せるようになり、今日(11/12)も渕への下り口に近い駐車スペースとその斜め向かいの広場は満車となっていた。これはフィンガー5の晃や仮面ライダー・ドライブのショーが行れた「グリーンパークほどの」でのもみじ祭りも影響しているものと思われる。

 

当方はにこ渕がどんな番組で放送されたのか、いつ、探勝路が整備されたのかは知らないが、崖下にあることや大蛇の神が棲む伝説があることから、元々地元民が訪れることは殆どなかった。

 

大蛇の神とは元々、高知城下の商家の娘で、父親があくどい儲け方をしていたため、神罰が娘に当たって肌がウロコのようになったという。

年頃だった娘は城下を離れ、にこ渕近くまで来た際、民家に一夜の宿を乞うたのだが、「就寝時、絶対覗かないで下さい」という娘の言葉を無視して主人が覗くと、大蛇がとぐろを巻いていた。

翌朝、娘は民家を後にする際、主人に「あれほど約束したのに」と言い残し、にこ渕に入水してそこの主になったという。

 

公的サイトではにこ渕での飲食、入水、トイレを禁じる注意書きをしてあるが、以前、述べたように過去、この禁止事項を破った若者のグループが事故に遭っている。ここはレジャー地ではなく、神聖なる場所であることを肝に銘じた上で探訪して戴きたい。神が住まうからこその美しさ、とも言える。

 

そんな幻想的なにこ渕だが、11/12は探勝路下り口に警備員が終日立って、観光客が立ち入らないようにしていた。これは先月下旬の台風21号によって道沿いで土砂崩れが起こったため。普段、警備員が立つことはなく、ただ単に立入禁止バーが設置されているだけなのだが、もみじ祭りで観光客が倍増することによる措置だったようである。

 

しかし事前にいの町観光協会に問い合わせると、立ち入る観光客もたまにいるようなので、警備員の立つ正規コースではなく、その下り口の谷を挟んだ北側から斜面を下る踏み跡を辿ってみた。

 

踏み跡はやや下ると三差路に達し、そこを左折すると前述の谷に突き当たって終わっていた。が、対岸には国土調査のテープが巻き付けられていたため、歩き易そうな箇所に立ってみると、そこはにこ渕に落下する滝の横の崖だった(2枚目写真)。

 

木々に掴まりながらヤブ漕ぎして崖を下流に進むと探勝路の左急カーブ下方に出た。そこから土砂や倒木を乗り越え、足を泥だらけにしながら探勝路に出ると、土砂崩れ箇所は皆無だった。どうやら土砂は撤去されているようである。

 

しかし数日前、いの町観光協会に問い合わせると復旧は未定、グリーンパークほどのでは復旧は12月以降になるだろうとのことだった。と、いうことは、土砂は地元有志が撤去したのだろうか。ただ、鎖場やロープ、梯子は土砂の影響か泥だらけなのでハイキンググローブや軍手は必須。

 

神秘的なエメラルドグリーンを見るには、午後より午前の方が良さそうである。早朝も不向きだろう。

ところで、前述の踏み跡の下り口を過ぎると道路からかつて「吾北のナイアガラ」と呼ばれた、程野滝(四つの滝の総称)が懸かる断崖を仰ぐことができるが、高倍率のカメラズームで程野滝の一つ、西滝(地形図では「程野滝」と表記)の一部を捉えることができる。

 

程野滝は’90年代半ば、戸中山へ登った際、探訪したのだが、全景の写真は撮ってなかった。故に滝の落差の記憶もなかったのだが、先日、改めて西滝展望所から西滝の全景を見てみると、落差は明らかに愛媛県一の滝・高瀑(132m)を超えている。以前紹介した県内の赤滝は大雨が連日続くと落差は200m近くになり、西又東谷は200数十m以上になるが、常時ある水量の落差で言えば、この西滝が高知県一だろう。尤も、探訪地点の景観で言えば、程野滝では西滝より東滝(別称:トトロ滝)の方が見応えがある。

 

にこ渕のように、実際には探勝路が通れるにも拘らず、土砂や落石により通行を禁止する旨の看板やロープが設置されてある滝が黒潮町にもある。「朝鍋轟の滝」(上の地図。その上の写真は滝の天辺。更に上の写真は全景)である。流石にハイヒールでは歩くことができないが、革靴なら歩ける。

 

他にも美しい淵や滝を紹介してほしい、という方は次のバナーをプリーズクリック。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

春野公麻呂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

油未使用のヘルシーフライヤー 無煙無油の卓上遠赤グリルで何でも焼ける HDD&ブルーレイレコ内臓小型テレビ レコードをCD以上の音質で聴くにはこれ

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。