【お知らせ】

応援してくださっている皆さま、いつも本当にありがとうございます!更新がかなり遅れてしまい、ご心配いただいた方もいらして誠に申し訳ございませんでした(>_<)

今後は、長期で更新できそうにない時は、なるべくお知らせいたします!今後ともどうぞよろしくお願いいたします(*^-^*)

 

 

【それでは本日の日記です】

 

 

ここのところ急に息子が「学校に行きたくない!」と言い出したり、息子のことで学校に呼び出されたりと、大変な毎日だったわ・・・。

 

でも一番辛いのは息子。

 

医療機関では発達に関しての診断名は付いていないけど(関連記事)、学校側や保護者の方からは、息子のことで色々と指摘されることもしばしば。

 

息子自身は学校の友達から、「お前のしゃべり方ウザい!」と指摘され、しばらくの間、一部のクラスメイトから集団無視をされていたらしい。息子は話し方がちょっと遅くて、時々何を言っているのか聞き取れないことがあるので、それが原因なんだとは思う。

 

大人は「ん?もう一回言ってくれる?」と聞き返せるけど、子供同士だとこういうことからいじめに発展することがあるとは、スクールカウンセラーさんから聞いていた。

 

ある朝、息子が急に「学校に行きたくない!」と言い出して、その時に息子が無視されていることが分かった。

 

 

 

 

 

 

私も子供の頃、よく母に「学校に行きたくない!」と言っていたので、親子似てるな~って思ってちょっと笑っちゃった。

 

私の母は学校を休ませてくれたけど、息子と私の子供の頃の性格はちょっと違うので、私が一緒なら息子は学校に行ってくれると思い、学校側にお願いして、息子が落ち着くまで毎日教室まで見送ることにした。その時に息子のことを無視しているクラスメイトにも会えるので、その子たちと私自身が仲良くなろうと考えた。(自営業だからできたことです^^;)

 

小学校低学年の子供たち。まだまだ成長の途中だから、大人はあまり口を出さずに見守ることも必要だと思って、息子が無視されていることは担任の先生以外には誰にも言っていない。私はまだこの程度なら、子供同士で何とかできると思っているので、いじめ話に過剰に反応する保護者の方の耳に入らないよう、担任の先生にもここだけの話にしていただいた。

 

何人かの児童に「どうしてお母さんも一緒に学校に付いてきてるの?」と聞かれて、「息子がちょっと悲しいことがあったみたいで、おばちゃん心配になって付いてきちゃった!でもクラスのみんなの明るい顔を見たら、おばちゃんも元気が出てきた!」と、とっさに言った。

 

こうしてクラスのみんなとおしゃべりしているうちに、1週間もしないうちに、息子を無視していたクラスメイト達も、息子とも話をしてくれるようになって、その姿を見て涙が出てきちゃって、その子たちに「ありがとね!息子と仲良くしてくれてありがとね!」と素直にお礼を言った。

 

以前読んだいじめ関連の記事に、子供たちが誰かを無視する理由は「なんとなく」って書いてあったの。恐らく息子のクラスメイトも「なんとなくイラついて」って感じで無視し始めたんじゃないかと思い、担任の先生にもそのお話をしたら色々とご協力してくださって、先生には心から感謝している。

 

とりあえず息子は一人で学校へ行くようになり、学校が楽しいと言うようになったけど、「蛙の子は蛙」なので、また「学校に行きたくない!」という日が来るかもしれない。

 

でも私は、自分が不登校児だったからか、たとえ息子が不登校になっても、いくらでも進む道はあると思っているので、息子の今後をそんなに恐れてはいない。

 

周囲の子たちに比べると、とにかく発達は遅いし今でも多動気味。保育園の頃からするとかなり落ち着いてきたけど、先日は我が家のテレビを破壊した息子。

 

もちろん本人に悪気はない。親の私がテレビを保護するカバーをし忘れていたのが原因。でもなんとかテレビは視聴可能な状態なので、しばらくはこれで頑張るわ。(笑)

 

 

 

 

 

 

テレビは真ん中が観えればそれで充分だと思うのは私だけかしら?(笑)