●照れ屋の彼、ついに2人だけの教室に来てくれました! | 横浜の料理教室・料理合コン【こぶたのカフェキッチン】ブログ

横浜の料理教室・料理合コン【こぶたのカフェキッチン】ブログ

横浜駅12分のカフェごはん料理教室、出会いを作る料理合コン教室、カワイイを作るアイシングクッキー教室

横浜の料理合コン、料理教室「こぶたのカフェキッチン」のオカムラです。

 

先週土曜日の夕方は、二人だけの料理教室でした!二人だけの料理教室とは、こぶたでカップルになった報告をしてくれたお二人にプレゼントしている特別教室です)

 

 

今回来てくれたカップルのお二人、実は彼女さんが毎月料理教室に来てくれたり、彼とケンカしたときは「先生~!涙」ってお悩みメールをくれたりしていたので、馴れ初めやら、うまくいってるだのケンカしただのの状況は知っていたのです。

(この過去記事のA子さんが彼女です)

 

が、彼女は来たいのに「なかなか彼が二人だけの料理教室に来てくれない~!」「なぜか彼が嫌がっている~!」と、彼が警戒しているのかこぶたに近寄らず…。笑 

お付き合いして半年以上たったこのタイミングで、「教室移転の前に!」と彼女が説得して、思い出の場所に遊びに来てくれました。

 

久しぶりに合う彼は、照れ屋さんですがイケメン。彼女はいつもオシャレでスラッとしている、表情豊かな美人さんなのです。

 

実はお二人とも、こぶた3回目の参加だったそう!

「2回参加していい人いなかったから、今度ダメだったらしばらくやめようかな…」ぐらいに思っていた時に出会ったそうです。

 

1回で、いい人いなかったと諦めるなかれ!こぶたはリピート推奨しています!(勝手に!)

初めての参加で出会える人は本当に稀で、どちらかというと「何回か参加して出会った」人の方が多いのです。

 

出会いの時、彼女はカジュアルなダメージジーンズを履いていたそう。それでも、彼から後日ランチに誘われたので「ダメージジーンズ、アリな人なんだ~」と思って、初めてのデートはジーンズで挑みます。

 

が…、彼ウケはイマイチだったよう。彼の中では「あれ?友達な感じかな…」ぐらいの手ごたえだったと言うのです。

 

2回目のデートは彼女が「見たい映画がある」と言って実現。

この日の彼女は、タイトスカートにニット、髪は下ろしていったそうですが、今までのカジュアルなイメージより女っぽい彼女の姿に、彼は「ドキッ」としたそうです♪

 

これ!ギャップ萌え!服装ドキッと作戦!ですね。

 

岡村解説…

実は、合コンや初めてのデートなどの場所では圧倒的にスカートの方が「男ウケ」はいいのです!「女の子が来た!女の子といる~」と実感させられるから!笑

彼が、1回目のデートで「友達な感じかな…」とテンション下がったのも、彼女がカジュアルな格好で現れたのも一因かと思います。

 

男性が「勝負!」と思っている初めてのデートに、ジーンズなどのカジュアルな格好で行くと「あれ?俺の事、男として意識していないのかな…?」とガッカリされることがあります。あなたの事意識していますよ~、媚びていますよ~、ぐらいの女の子っぽい格好の方が、やっぱり好印象なのです。

 

でも、この彼女の場合は、次のデートの時に女っぽい格好をして「ギャップ萌え」に成功したのです。

(本来は、最初にスカート→慣れたころにジーンズ、が安全なギャップ萌えです。笑)

 

脱線しましたが、2回目、3回目とデートは楽しく進みます…が、肝心の告白が…ない!!

あれ?告白4回目でもないの?結構毎日ラインしてるし、ほぼチャット状態なのに、これどうなるの~?…というところの5回目のデートでやっと彼から告白があったそうです。

 

岡村解説…

私的には男性からの告白を強くオススメしています。女性から告白は、大体うまくいかないパターンが多いので。

女子は待つべし!そして男子はできれば3回目のデートまでに告白すべし!

 

今までカップルになった人に聞いていると、やっぱり圧倒的に多いのが「3回目のデート」です。

女性も3回目のデートに出かける時点で「そろそろ言われるかしら…?」と心構えをするものです。あまりダラダラ遊びに行く状態が続いても、お互い「友達」になってしまいます。

 

婚活の場で出会ったなら尚更!「速攻!&3回目までに告白!」が鉄則!男性陣、頑張ってくださいね!

 

 

照れ屋の彼は、写真を撮られるのが嫌だったそうで、なかなか二人だけの教室に来たくなかったそうですが、私もそんなことには少しもひるまず、写真撮りまくりました!30枚以上ね!笑

 

彼女は「今まで付き合った誰よりもくだらないことが喋れて、楽しくて、一緒にいてラク」だそう。彼もやっぱりそんな彼女と一緒にいるのが心地良いそうで、たまにキレたり泣いたりする喜怒哀楽激しい彼女(笑)に困惑しながらも、楽しくやっているようです。

 

「一緒にいてラク」はとっても大事!結婚する相手には「ドキドキする」よりも「一緒にいてラク」な人が絶対オススメです。

二人の無理しない自然体な感じ、ふとした時にツッコミ合い、笑い合う姿がとてもお似合いでした。

 

お揃いのリュックを背負った後ろ姿を見送りながら、このお二人がずっと仲良く続いてくれたら嬉しいな~と思いました。(照れ屋の彼はもちろんお揃いなんか却下するハズなのですが、彼女の賢いプレゼント作戦でお揃いにしちゃったそうです。仲良し~♪笑)