ピラティスの道具をいくつか新調しました。

バランスボールをググってみたら、ピーナツ型のものと、ドーナツ型のものがあり、早速購入しました。

ピーナツ型のものは、安定感があり、なかなか良い感じです。

ドーナツ型のものも、使いやすいです。


エクササイズサークルも思った以上に、アレコレ使えて、お客様に喜んでいただき、良い買い物したと満足しています。




私の主催するピラティス団体『ピラティスソサエティ』のインストラクター養成コースが上田校と栃木校にて、開催されています。

大変な時期に参加してくださった生徒様、

大変な時期に辛抱つよく調整を続けてくださったマスターの先生方に心から感謝です。

 

コロナ禍にありまして、レッスンの新しい形の模索がいろいろに行われていますが、

世界中の人々が、今ほど健康の大切さを実感している時期はありません。


インストラクターという仕事に誇りを持って頑張っていただきたいと思います。





ピラティスをする時に、自分の体や心に目を向ける事で、自分の事がよく分かるようになります。

最初は、「今日は肩が上がってるな」とか、「腰が反りすぎているな」とか、小さな気づきですが、

だんだん上達してくると、心の声をキャッチするのもうまくなってきます。

例えば、「今日は寄り道をしたい」とか「今日は魚が食べたい」とか、「あの人と話すと、もやっとするから、長話にならないようにしよう」とかです。


心の声をキャッチするのがうまくなるとストレスを回避することがうまくなり、直感もよく働くようになります。



ビジネスをしている人であればチャンスを掴む事ができるでしょうし、

恋人募集中の方であれば、本当に気の合う人を見つける事ができるでしょう。



人生の経験や、仕事を通じて、自分の事を知る機会もありますが、エクササイズに取り組むことで、自分を発見することもあります。


大雨やコロナで、なかなか出歩く事ができませんが、自分を磨く事で、清々しく、楽しい毎日を送りましょうね。





自粛期間中は、とにかく子供を遊ばせるのに苦労しました。

遊具が使用禁止になったり、

海岸が立ち入り禁止になったり、

公園に人が溢れたりしたので、

対策として、私は朝七時に公園に子供を連れて行きました。


ステイホームの日々はひたすら忙しく、

ひたすら眠い毎日でした。


最初のうちは子供も家で過ごすのがうまくなかったのですが、だんだん慣れて家事を手伝ってくれるようになりました。



感染者の増加もひとまず落ち着きはじめて、

アフターコロナの生活を考えはじめた方から

「自粛生活で太ったから、レッスン受けさせてもらえないかな?」とご相談いただくようになり、

私の心にも緊張感が戻ってきました。



緊急事態宣言、前倒し解除、どうなるかな?

発表がドキドキです。




夕方のひんやりした空気を感じながらの散歩道。



神社の社務所に張り紙がありました。

感染者は、減少傾向にあるみたいですが、今からが正念場ですね。



マンションにはこんな張り紙。

平尾レッスンももうしばらくおやすみします。

『人体絵本』ジュリアーノ・フォルナーリより抜粋


肺は大きな臓器で、日常の生活で無意識にしている呼吸では、半分も使われていないそうです。


そのため、肺の底には古い空気や老廃物がたまりやすく、不衛生になりがちです。


そうすると、肺の免疫力は落ちて、伝染病にかかりやすくなるそうです。


そうならないためには、肺の換気をしっかりしてやる事と、呼吸筋を鍛える事が大切です。



家で出来る胸式呼吸法のやり方を記します。

ご興味のある方、是非やってみてください。


①今いる場所の空気が清潔である事を確認します

②軽く息を吸います

③息を吐きます。手を肋骨に置いて、肋骨が萎むくらい、息を肺の底から吐き出します。

④息を吸います。肋骨や背中が膨らむように、たくさん息を吸います。


10秒吸い続けて、15秒吐き続けるのが理想です。
一回三セット目安です。


肺のまわりの筋肉や骨をアコーディオンカーテンのように動かして最大換気を目指してください。


喘息の方は無理をせずに、小さな呼吸から始めましょう。


小さなエクササイズで、身体の中を強く、肺を浄化するイメージを持つことが大切です。


出来る事から少しずつニコニコ

頑張りましょうねウインク


緊急事態宣言を受けて、勤務先のスポーツクラブが休みになったので、子供の保育園を休ませることにしました。

本当は自宅から一歩も出たくないのですが、

元気いっぱいの二歳児を一日中家に閉じ込めておく事は出来ず、

人のいない時間帯、人のいない場所を探してまわるお散歩難民になりました。



ふー。

今日もどこかに行かなければ。。

コロナが猛威をふるって、なかなかおさまる気配が見えないので、平尾レッスン4月19日までお休みします。


家族に医療従事者がいまして、院内感染を持ち帰る危険性を持ち帰る可能性も加味しての判断になります。


いつも仲良くしてくださっているお客様に会えないのは寂しいですが、何卒御理解ご協力のほどよろしくお願いします。


動物園の売店にて。

子供がおもちゃコーナーで、おもちゃをうまく操作できずにいると、隣にいたお兄ちゃんが使えるようにしてくれました。

隣のお兄ちゃんが無言で、子供の扱ってるおもちゃに手を伸ばして来た時はヒヤヒヤしましたが、親切なお兄ちゃんでほっとしました。



人に交わり、誰かと関わらなければ、生きていく事はできません。

今からその練習をちょっとずつしていると思うのですが、見守るのはヒヤヒヤですね。


話は変わりますが、動物園の遊具、かなりレトロです。

昔、岩田屋の屋上にあったものを持って来たんですって。

100円入れると三周回ります。

NASのレッスンは4月から再開だそうです。

このまま落ち着いてくれると良いなー。

あと少しの辛抱でありますように。