工房1866日目 福島県で研修会が開催されました(第2日) | 研修企画工房すくすく日記

研修企画工房すくすく日記

全国社会福祉協議会で23年間勤務し、平成22年5月25日
「合同会社泉惠造研修企画工房」を設立しました。研修に対する“こだわり”と
“いつくしみ”を忘れずに、そしてお客様と共に悩み、共に創り、共に喜びを
分かち合える研修パートナーをめざして、毎日頑張っています。


テーマ:

本日、福島県社会福祉協議会様主催

「地域アセスメント研修」の第2日が、

二本松市の福島県男女共生センターで

開催されました。



午前7時すぎ、ホテルをチェックアウトし、

郡山駅方面に向かいました。



福島県は日中、雨になる予報も。

昨日は30度越え、そして今日は雨。

梅雨時とはいえ、不順ですね。



郡山駅では、いろいろなものに

見送られます(笑)



東北本線の改札を通りましょう。



あ、ここでもお見送りを受けました。



午前7時35分に郡山駅を出発します。



二本松駅までは、20分少々の距離。



午前8時前には到着しました。



この菊人形、一度観にきたいものです。



二本松駅前に立ってみると、



こんな案内看板も設置されています。

菊人形以外にも、ゆっくりと散策してみたい場所が

たくさんあります。



会場までのタクシーの中でも、

運転手さんと会話が弾みました。



福島県男女共生センターに到着。



正面玄関は午前9時まで開きません。

いつも、職員通用口から入らせていただきます。



本日2日目は、午前9時から午後4時まで。

午前中と午後の2回にわたって、

皆様が作成してこられた事前課題をもとに

インシデントプロセスの手法を用いて、

地域アセスメントを体験していただきました。



各グループで採用した事例と、

その解決方策を、ホワイトボードに貼り、



1グループ6名を、さらに半分に分け、



3名が前半に他のグループの取り組みを

見学に行っている間、



残っている3人が、

他グループからのメンバーを出迎え、

1対1でプレゼンテーションします。

1グループの見学は8分くらいですが、

それでも5グループを周りますので、

40分近くかかってしまいます。

一生懸命説明されていた皆様も、

疲れがでてしまったでしょう。




研修会の最後には、

お互いにメッセージ交換をしていただき、

再会を誓い合って、修了いたしました。

私も、受講者の皆様を見送り、

主催者様にもお別れをいって、

タクシーで二本松駅に向かいました。



帰りの時間は、ちょうど学生さんの

下校時間とかち合います。

ラッシュの中、郡山駅に移動しました。



この緑の濃さが、夏の近づきを感じさせます。



郡山駅に到着。

名残惜しいですが、帰ることとしましょう。



新幹線の改札をとおり、



午後6時30分発のやまびこ号に乗りました。



午後7時42分、上野駅に到着。



さらにここから移動して、

帰社したのは、午後9時過ぎでした。

結局、福島県はそんなに雨も降りませんでした。

でも、関東、千葉県では、

大雨による冠水もあったそうです。



郡山駅では、このような案山子さんも、

見送ってくれました。ありがとう!


今度、8月6日・7日には、

再度、二本松市を訪れます。

『企画力アップ研修』に登壇するためです。

今回受講された皆様の3分の2近くは、

次回の研修も受講されます。


皆様とは、また来月お会いいたしましょう!



ペタしてね   読者登録してね

◇よろしければ、右下の

 「いいね」 ボタンも、ポチっとどうぞ (^^)v


◇当ブログへの 「コメント」 もお待ちしております (^_-)

工房長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス