工房1401日目 千葉県で研修会が開催されました | 研修企画工房すくすく日記

研修企画工房すくすく日記

全国社会福祉協議会で23年間勤務し、平成22年5月25日
「合同会社泉惠造研修企画工房」を設立しました。研修に対する“こだわり”と
“いつくしみ”を忘れずに、そしてお客様と共に悩み、共に創り、共に喜びを
分かち合える研修パートナーをめざして、毎日頑張っています。


テーマ:

本日、千葉県民生委員児童委員協議会様主催

「民生委員講座」が、千葉市民会館で開催されました。

先週に引き続いて2回目の開催です。




今日は、初夏を思わせるような陽気でした。

これで桜の開花も早まるかもしれません。

午前11時すぎ、JR千葉駅に到着しました。




千葉駅前は、春休みということもあってか、

いつも以上にすごい人でした。




会場に移動する道すがら、

見上げるとブルーのモノレールが

滑走していきます。

思った以上にスピードを上げていました。




ほどなく、本日も千葉市民会館に到着。

主催者様と事前の打ち合わせに入りました。




午後1時からの開会式に続き、

まずは基調講義にあたるお話を

私からさせていただきました。




本日は、千葉県内の各地区民児協で

リーダー層にあたる方々の研修会です。

150名近い方々とご一緒に、

地域の現状やリーダーとしての立ち位置、

地域連携といった点について考えました。




その後、壇上には民生委員・児童委員のお二人、

行政担当者、社会福祉協議会担当者が座り、

対談が行われました。

地域連携のあり方、新任委員との向き合い方等を、

それぞれの立場から意見として出していただきました。




休憩をはさみ、研修会後半では、

おおむね6名で1グループを組み、

千葉県民児協の機関紙『ひだまり』をもとに、

話し合いをしていただきました。

リーダー層として、活動しやすい環境を

今後どのように創っていけるか、

ご自身の体験も踏まえながら考えていきました。




グループ討議は約45分間続きましたが、

かなり濃密な話し合いができたようです。




午後4時30分、すべてのプログラムが修了しました。

受講された皆様や主催者様ともお別れし、

千葉駅に戻ってきました。


平成25年度の研修事業は、

本日の研修会が最終回でした。

今年度も、たくさんの研修会を通して、

全国各地のたくさんの方々と出会えました。


平成26年度も、引き続き、

各地の皆様との出会いが続くといいな、

そんなふうに思っています。


この場を借りて、

今年度出会うことのできた皆様、

誠にありがとうございました!

また今後もご一緒に、研修の場で

いろいろなことを考えてまいりましょう!



ペタしてね

読者登録してね

◇よろしければ、 「いいね」 ボタンも、ポチっとどうぞ (^^)v
◇当ブログへの 「コメント」 もお待ちしております (^_-)
 

工房長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス