工房1381日目 青森市で研修会が開催されました | 研修企画工房すくすく日記

研修企画工房すくすく日記

全国社会福祉協議会で23年間勤務し、平成22年5月25日
「合同会社泉惠造研修企画工房」を設立しました。研修に対する“こだわり”と
“いつくしみ”を忘れずに、そしてお客様と共に悩み、共に創り、共に喜びを
分かち合える研修パートナーをめざして、毎日頑張っています。


テーマ:

本日、青森市民生委員児童委員協議会様主催

「全体研修会」が、ホテル青森で開催されました。




今朝の青森市は、曇り空。




天気予報でも、後々雪になりそうです。




今回の会場となったホテル青森。

実は、私が全国社会福祉協議会の

中央福祉学院に在籍していた頃、

職場研修担当者研修のお仕事で、

このホテル青森に宿泊したことがあります。

もうかれこれ、8年ほど前。




その際、ホテルの斜め向かいにあった

まさにこの居酒屋さんで、夕食を食べたのでした。

お店の人が、歌や踊りを披露してくださる、

とても楽しいお店だったのを覚えています。




午前10時、開会式が始まります。

青森市では、昨年12月1日の一斉改選で

658名の民生委員・児童委員、主任児童委員が就任。

うち100名近くは新任の委員さんです。

本日は、約500名が一堂に会しました。




午前中は、青森県社協様による

「生活福祉資金貸付制度」についての解説や

大会・研修会に参加した委員さんからの報告、

青森市行政による活動費の説明などがありました。

私も横の席で勉強させていただきました。




昼食休憩をはさんで、

午後12時45分から、私が登壇しました。

「地域のつむぎ役となろう」と題し、

地域の現状や課題、今後の行く末について

講義形式でお話をさせていただきました。




お話の後半では、

コミュニケーション技術の一つである

“傾聴” についてお話をさせていただき、

簡単な事例も皆さんで解いていただきました。




午後2時45分、研修会が修了しました。

私も主催者様とお別れをして、

タクシーで新青森駅に移動してきました。




駅構内にはご覧のような

ねぶた祭りのミニチュアが飾られていたり、

お土産売り場も充実しており、

楽しめる場所がいっぱいありました。




本日の帰りは、16時15分発の

はやぶさ号に乗ることとしました。




列車はすでに停車していました。

新青森駅が始発となります。




約3時間30分かけて、

上野駅に戻ってきました。



今回の青森市出張は、

その前日の静岡県下田市からの移動でした。

かなりの長距離出張となりましたが、

しっかりとお仕事をしてまいりました。


また今後も、皆様とご一緒に

いろいろなことを考えていきたいと思いました。



ペタしてね

読者登録してね

◇よろしければ、 「いいね」 ボタンも、ポチっとどうぞ (^^)v
◇当ブログへの 「コメント」 もお待ちしております (^_-)

工房長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス