工房1234日目 宮崎県での研修会初日が開催されました | 研修企画工房すくすく日記

研修企画工房すくすく日記

全国社会福祉協議会で23年間勤務し、平成22年5月25日
「合同会社泉惠造研修企画工房」を設立しました。研修に対する“こだわり”と
“いつくしみ”を忘れずに、そしてお客様と共に悩み、共に創り、共に喜びを
分かち合える研修パートナーをめざして、毎日頑張っています。


テーマ:
本日と明日の2日間にわたり、
宮崎県社会福祉協議会様主催の
「職場研修企画者養成研修(新任コース)」が
開催されます。

今回の研修は、社会福祉施設等における
新任研修担当者が対象です。
県内各地から68名がエントリーされました。
なお、現任の研修担当者向けの研修は
再来週、あらためて開催されることとなっています。
 
昨夜の到着は遅かったものの、
今朝も(いつもどおり)午前5時に起床。
天気予報では、申し分のない晴れ。
台風一過の朝を迎えました。

実は宮崎県にお仕事で伺ったのは、
全国社会福祉協議会の出版部在籍時代、
雑誌の取材で訪れて以来なので、
なんと15年ぶりくらいになります。
JR宮崎駅舎もすごく立派になっていますし、
街並みもかなり変わった印象です。

タクシーで本日の研修会が開催される
宮崎県福祉総合センターに移動することに。
なんとその際のタクシーの運転手さん、
実は福祉総合センターのすぐ隣に
ご自宅がある方でした(笑) 奇遇も奇遇です。

 
宮崎県福祉総合センターの人材研修館。
社協の他の部署はもう一棟の方にあります。
 
さっそく入館して準備を始めました。
 
午前10時に開講しました。
今回の新任コースは、全社協が開発した
『福祉の職場研修担当者養成コース』に
則って行われます。
シート集Ⅰの内容を中心に置いています。
ちなみに再来週の現任コースは
シート集Ⅱの内容を中心に進めます。
 
一つのグループは6名を基本とし、
様々な職場の方が集まれるようにしました。
 
さすがに冒頭は皆様も緊張していましたが、
 
基調講義やグループ討議を進めていくうちに、
打ち解けて話し合える間柄になってきました。
 
研修担当者になって間もない皆様同士、
時には悩みを話し合い、
時にはアドバイスを出し合いながら、
討議が進んでいきます。
本日は午後4時で修了となりました。
 
台風一過ということもあって、
気温は異様なほどに上がりました。
今回の出張ではワイシャツも秋冬物にしたため、
したたかに汗をかいてしまいました。
 
駅前の案内表示。
そうそう宮崎は神話のふるさとですね。 
 
明日も日中はよく晴れそうですが、
夕方から夜にかけては雨になりそう。
でも何とか受講者の皆様が帰るころまでは
お天気ももってくれそうです。
明日も皆様、頑張りましょうね!

工房長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス