工房1215日目 群馬県伊香保温泉での研修会2日目が開催されました | 研修企画工房すくすく日記

研修企画工房すくすく日記

全国社会福祉協議会で23年間勤務し、平成22年5月25日
「合同会社泉惠造研修企画工房」を設立しました。研修に対する“こだわり”と
“いつくしみ”を忘れずに、そしてお客様と共に悩み、共に創り、共に喜びを
分かち合える研修パートナーをめざして、毎日頑張っています。


テーマ:
昨日より、伊香保温泉「森秋旅館」で開催されている
「群馬県民生委員児童委員教室」。
2日目の朝を迎えました。
 
今朝の天気予報でも晴れ。
今回はお天気に恵まれました。
 
午前9時に再開しました。
本日は、「地域の灯台となるとために」というテーマで
フィッシュボーン(魚骨図)技法により、
意見集約を図るワークショップを実施しました。
 
まずは、個人ワークとして、
ご自身なりのアイデアや意見を
出来る限りたくさん書き出します。
 
その意見を互いに紹介しあい、
類似性のあるものを集約しながら、
魚の骨の形をした図形の中に整理していきます。
 
この図形には、中央に背骨にあたる部分があり、
その上下には、中骨が広がっています。
 
さらにその中骨には、小骨がついているのですが、
その小骨ごとに、皆様が書かれたアイデアを
整理していけるようになっています。
 
整理するにあたり、グループとして、
何らかの優先順位ずけをするわけです。
たとえば、「緊急性の高いもの」「重要なもの」
といった基準に基づいて、アイデアを並べ直し、
 
それを図形に整理していくことにより、
自分たちが目指す目的までの道のりを
明確化させることができます。
  
完成したフィッシュボーンシートは
会場内の壁に貼り出しました。
 
皆様で展覧会の絵を観るように、
他のグループの成果をみていきます。
 
それぞれのグループが、
じっくりと話し合って整理した内容は、
  
今後の委員活動にも役立てていただけると
思っています。
 
それぞれのグループのメンバーにより、
アイデアや整理の仕方も変わってきます。
 
作業時間の関係で、転機する時間がなく、
付箋紙をそのまま貼ったグループもありました。
議論の時間がかなり活性化したのでしょうね。
 
午前11時30分、研修会を終えるにあたり、
皆様に私から贈る言葉を差し上げました。
 
2日間の長丁場のなか、
皆様大変お疲れ様でした!
 
主催者様ともお別れをして、
再び渋川駅に戻ってきました。
一昨日は真っ暗な中でしたが・・・
おお、こんな素敵な駅舎だったんですね。
 
渋川駅から上越線で高崎に移動します。
 
またいつか、この駅の改札をくぐれるように、
私も精進していかねば。

高崎に移動後、そのまま新幹線の改札へ。 
当初の予定より、少し早めのチケットに切り替え、
上野駅を目指すことにしました。
 
高崎駅の新幹線ホームに入線してきます。
いつもこの瞬間に、お仕事のことを
全体的に振り返ることにしています。
本当に走馬灯のように、
いろんな場面を思い起こすんですよ。
 
ほんの45分ほどで、上野駅に到着。
台風の襲来から始まった出張でしたが、
帰社時には、よい天気で帰ってくることができました。

このたびのお仕事でも、
皆様、たいへんお世話になりました!

工房長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス