工房1109日目 新潟県研修が修了しました | 研修企画工房すくすく日記

研修企画工房すくすく日記

全国社会福祉協議会で23年間勤務し、平成22年5月25日
「合同会社泉惠造研修企画工房」を設立しました。研修に対する“こだわり”と
“いつくしみ”を忘れずに、そしてお客様と共に悩み、共に創り、共に喜びを
分かち合える研修パートナーをめざして、毎日頑張っています。


テーマ:
新潟県の越後湯沢「NASPAニューオータニ」で
開催されていた「地区民児協会長研修会」が
修了いたしました。

関東地方には次第に雨マーク。
でも新潟県はまだお天気が続きます。

研修会2日目の朝は、午前8時30分スタート。
皆様疲れた顔も見せず、ワークショップに取り組みます。
 
昨日、グループのお仲間で話し合ったことを振り返り、
民生委員・児童委員の行動宣言である
『広げよう 地域に 根ざした思いやり』5か条のうち
1項目をもとに、実現方策を練っていきます。

今回採用したのは「セブンクロス」。
個人ワークで練ったアイデアを、
共通性のあるもので集約し図表化していきます。

すっかり結束力が高まった皆様は、
互いのアイデアを披露しつつ、
議論を深めます。
 

 

 
私もちょっとお手伝い。

完成したシートは、展覧会方式で
皆さん同士が紹介しあいました。

11時30分、すべてのプログラムを修了し、
研修会は閉会となりました。
各地区会長の皆様、それぞれに抱く
さまざまな課題や希望、意見、望み・・・
そういったものを、研修会の場で互いに共有し、
何か一つでもお持ち帰りいただけるものが
あれば幸いです。
皆様、2日間、本当にお疲れ様でした!

≪研修会が終わって・・・≫

 
講師控室として使わせていただいたお部屋から
ずっと見えていた中庭。
研修中は時間がなく出られませんでしたので、
修了後、少しだけ散歩。
 
ご覧になれますでしょうか?
水澄ましが、ツイ~ツイ~っと泳いでいます。
 
巨大なホテルには、たくさんのお客様が集まります。
そこには、こういった大物ゲストも訪れるのですね。

NASPAとは、
「Nature And Sports(Ski) Personal Area」
の頭文字をとったもの。
コンセプトは「人と自然に優しくありたい」だそうです。
 
研修が修了すると、玄関に掲げられていた看板は
もう次の別な団体のものに変わっていました。
こうやって毎日が過ぎていくのですね。

空は少し曇ってきました。
でも研修会の2日間は恵まれたお天気でよかった。

ホテルの車で越後湯沢駅まで送っていただき、
新幹線改札を抜けたところに・・・
 
レルヒさん!

日本の近代スキーの生みの親だそうです。

3日間お世話になりました。
 
帰りは午後1時2分発のMaxとき。
 
入線してまいりました。
では帰るといたしましょう。

といっているほんの1時間弱で、
 
上野に到着しました。
 
パンダさんも
「お帰り~」といってくれた(かどうか・・・)

今回の会長研修会は、
事務を担当される市町村民児協事務局様も
一緒に受講されていました。
12月1日の一斉改選に向けて、また、
それ以降の新体制のなかで、
さらに民生委員・児童委員活動が充実していくことを
心より願っています。

なお、本研修会は、来週もう一度、
月岡温泉でも開催されることとなっています。
新しい出会いを楽しみにしています!

工房長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス