工房977日目 横浜市青葉区での研修会(後半2講座)が修了しました | 研修企画工房すくすく日記

研修企画工房すくすく日記

全国社会福祉協議会で23年間勤務し、平成22年5月25日
「合同会社泉惠造研修企画工房」を設立しました。研修に対する“こだわり”と
“いつくしみ”を忘れずに、そしてお客様と共に悩み、共に創り、共に喜びを
分かち合える研修パートナーをめざして、毎日頑張っています。


テーマ:
昨日に引き続き、
横浜市・青葉区民生委員児童委員協議会様主催
「グループ研修会」に登壇してまいりました。

初っ端から話が脇道に逸れますが、
今週は午前4時起きが多かった週です。
22日(火)には、
午前4時過ぎに大きな縦揺れの地震のため目が覚め、
昨日と今日は、青葉区に出張するため午前4時起き、
そして明日はカルチャーセンターのための午前4時起き。
7日間のうち、4日が午前4時起床という週は、
生まれてこの方なかったことです(笑)

 
準備を済ませて事務所を出発。
午前5時30分の最寄駅ホームには人影もまばら。
昨日よりも寒い朝でした。
 
電車に揺られて2時間弱で、
 
市が尾駅に到着しました。
 
本日で見納めになるのかと思うと、
ちょっと寂しい感じがします。
 
青葉区役所に到着。
 
玄関の扉は午前8時45分に開錠されます。
本日も開錠直後に入館し、
会場に向かいました。
 
本日も午前と午後の2回セッション。
150名近い皆様が受講されました。
 
研修会後半はグループセッション。
まずは、地域住民と寄り添う方法や
接し方の工夫などを、個人ワークで書き出します。
 
皆様ご自身のこれまでの経験から、
「こうすれば住民と接しやすかった」
といった体験談が数多く出されてきました。
 
その後、互いに書いた内容を紹介しあい、
類似するものをまとめていきます。
 
 グループ討議で完成した模造紙は、
「展覧会方式」で自由に閲覧していただきました。
 
ご自身のグループとは、
またちょっと違う切り口でアイデアが整理されています。
互いの成果を確認しあうことは大切ですね。
 
無事、2日間、4セッションが修了しました。
1セッション2.5時間でしたので、
全課程10時間の研修会でした。
 
市が尾駅に戻ってまいりました。
平成22年度から、毎年1回以上訪れている駅。
すっかり馴染み深くなりました。
 
本日で青葉区を失礼させていただきますが、
 
またの機会に、
ぜひとも皆様にお会いしたと思っています。

このたび受講された皆様、
誠にお疲れ様でした。
そして主催者様、
本当にありがとうございました。

工房長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス