秋冬バッグ『バスケット編みのワンマイルバッグ』を編んでいます | 手芸歴40年の愛好家が編物や刺しゅうを完成品にしてお届けする制作代行 宮城・岩沼

手芸歴40年の愛好家が編物や刺しゅうを完成品にしてお届けする制作代行 宮城・岩沼

布糸遊(ふしゆう)工房こころいろでは、あなたの「欲しい!」「作って!」をカタチにするお手伝いをしています。
未完成のまま、おうちで眠っている手芸キットや材料を無くし、完成品にしてお手元へお返しする、制作代行サービスを行っています。


テーマ:

こんにちは、手芸家・ニットクリエイターの阿部裕子です。

 
 
現在、ご依頼いただいているシークレット作品を制作中のため、画像をお見せすることができません。
もうしばらくプライベート作品&オリジナル品の記事を書いていきます。
 
 
秋冬バッグを編み始めていました。
少し遅いぐらいですねぇ。
 
糸は何ヶ月も前に用意していたのですが、お客様の作品が優先ですので、自分の作品は後回しになってしまいます。
 
 
今編んでいる定番作品の『バスケット編みのワンマイルバッグ』です。
今回は編地のアップをご覧いただこうかな。
 
 
 
 
今年のバッグは糸の種類を変えてみました。
メーカーは同じ野呂英作です。
 
今までも何度か書いてきましたが、初めて野呂英作を知った方のために。
野呂英作の糸は手作りの糸。
軽くてやわらかく、空気をたっぷりと含んだふっくらとした糸です。
太さがまちまちで、所々すごく太くなったり細くなったりします。
優しく扱わないと、糸が切れてしまうぐらい撚りが甘い糸だったりもします。
 
何よりも私の心を掴んでいるのがこの色。
10年以上前、初めてこの糸に出会った時の衝撃から、今も糸に触れた時のトキメキは何も変わっていないんです。
 
糸だけで見ると派手で、日本人には受け入れられないような色合いをしていますけど、こうして編地になると素晴らしく…。
このバッグにはこのメーカーの糸以外には考えられないのです。
 
 
こちらのお色はパープルが中心のバッグ。
たくさんの色が登場しますが、秋のイメージにピッタリのお色です。
 
完成までもう少しだけお待ち下さいね。
同じ糸・同じ色番でも、全く同じものができないバッグですので、1点ものになります。
お値段はカスタムオーダーよりも心持ち良心的になっています。
 
 
どんなバッグになるかというのは、こちらのページを参考にしてみて下さいね。
 
 
 
「布糸遊(ふしゆう)工房こころいろ」では、日本全国から手芸に関するご相談をお受けしています。取引実績1,000件以上。

手芸家・ニット雑貨クリエイター 阿部裕子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス