フェアアイルの編地の裏側ってどうなっているの? | 手芸歴40年の愛好家が編物や刺しゅうを完成品にしてお届けする制作代行 宮城・岩沼

手芸歴40年の愛好家が編物や刺しゅうを完成品にしてお届けする制作代行 宮城・岩沼

布糸遊(ふしゆう)工房こころいろでは、あなたの「欲しい!」「作って!」をカタチにするお手伝いをしています。
未完成のまま、おうちで眠っている手芸キットや材料を無くし、完成品にしてお手元へお返しする、制作代行サービスを行っています。


テーマ:

こんにちは、手芸家・ニットクリエイターの阿部裕子です。

 
 
現在、ご依頼いただいているシークレット作品を制作中のため、画像をお見せすることができません。
もうしばらくプライベート作品&オリジナル品の記事を書いていきます。
 
自分用にミクニッツ2018手袋キットを購入して編みました。
 

フェアアイルの編地の裏側って見たくないですか?
 
私はとっても興味があります。
 
いろんな作家さんの編地を見てみたいと思っています。
 
綺麗に編めている編地の裏はすごく美しいんですよ。
 
著名な作家先生の編地を見ると、うっとりするぐらい綺麗で憧れてしまいます。
 
私はまだまだだなぁ…って。
 
編物の恩師に「一生勉強」と言われた通り、私も命尽きるまで学び続けていきたいと思っています。
 
 
では私の手袋の裏側を。
 
 
まずまずでしょうか。
糸端が出ているところは、糸始末をした箇所です。
何度も糸を切るので、糸始末をたくさんしています。
 
 
キットの糸、想像以上に余ったので、何か編もうと考え中。
手袋編めるぐらいは無いかなぁ…
さて、何ができあがるでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
「布糸遊(ふしゆう)工房こころいろ」では、日本全国から手芸に関するご相談をお受けしています。取引実績1,000件以上。

手芸家・ニット雑貨クリエイター 阿部裕子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス