家庭用編み機でスレッド編みの編地を作りました | 手芸歴40年の愛好家が編物や刺しゅうを完成品にしてお届けする制作代行 宮城・岩沼

手芸歴40年の愛好家が編物や刺しゅうを完成品にしてお届けする制作代行 宮城・岩沼

布糸遊(ふしゆう)工房こころいろでは、あなたの「欲しい!」「作って!」をカタチにするお手伝いをしています。
未完成のまま、おうちで眠っている手芸キットや材料を無くし、完成品にしてお手元へお返しする、制作代行サービスを行っています。


テーマ:

こんにちは、手芸家・ニットクリエイターの阿部裕子です。

 
 
家庭用編み機で作った編地を使って作品を作っています。
 
習っていた頃はセーターやスカート、大作でドレス等、身に着ける物しか作っていませんでした。
小物を作った事が無かったので、かえって難しく感じてしまいます。
 
 
編み機ではいろんな編み方、いろんな模様ができますが、一番好きな編み方がスレッド編み。
 
 
 
 
これ、織り地にも見えますが編地なんですよ。
 
細い糸が編んでいる糸で、太い糸は横に渡っているだけです。
太い糸は細い糸に絡めてあるので、簡単に抜けるような事はありません。
 
今回は「織地」のようにしたかったので単純な模様ですけど、いろいろな模様を編めますし、糸の組み合わせでその表情は無限に広がります。
 
この編み方はただキャリジを動かすだけでは編めないので、ちょっとだけ高度。
そして通常は機械の手前側に出てくるのが裏になるのですが、この編地は手前側が表です。
 
なかなか文章だけで説明するのは難しいのですが、ちょっと変わった編み方という事だけは伝わったかな?
 
 
たくさん試作を作ってきましたが、今回はとってもいい感じに仕上がっています。
販売できるようになったらまたお知らせしますね。
 
 
 
「布糸遊(ふしゆう)工房こころいろ」では、日本全国から手芸に関するご相談をお受けしています。取引実績1,000件以上。

手芸家・ニット雑貨クリエイター 阿部裕子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス