『アラジン』・6月4日マチネ観劇♪ | 向かい風の後には追い風が来るさ

向かい風の後には追い風が来るさ

一歩ずつ 少しずつ…

今話題沸騰中の『アラジン』を、昨日観に行ってまいりました☆
                     


                    


その前に、ブロ友さんとランチを♪
四季話(他)で楽しく盛り上がりながら、開場の時を待ちます。

そして、少し早めに劇場へ到着。
キャストボード撮影の後、2階のグッズ売り場へ直行!
売り場には、ランプの絵がついたトートバッグや、オレンジ色のハンドタオル、絨毯風な模様のブランケットなど、HPに載っていない商品も色々並べてありましたよ。
まだお客さんは殆どいなくて、スムーズにお買い物終了♪
…ですが、それから間もなくどんどんお客さんの数が増えいつの間にか長蛇の列が!
早目に到着して大正解でした☆

≪本日のキャスト≫                                                        


そして、田邊さん☆
                                          


スタッフ欄ではありますが、田邊さんのお名前がキャストボードに載っているだけで嬉しい☆

≪ディズニーから贈られた魔法のランプ≫
                    



まだ開幕して間もないので、詳細なレポは(書きたいんだけど)書きません。
でもね、ホントはもう書きたくて書きたくてしょうがないんですよ。
本気で書いたら、⑩くらいまでいっちゃいそうなくらい、凄い舞台だったんですもの!!!
そんな気持ちをぐぐぐぐぐぐぐーーーっとおさえて、感じた事をざっくりと♪

≪瀧山さんジーニー≫
この舞台、タイトルは【アラジン】ではありますが、やはりジーニーの存在感無しでは語れない…というか、ジーニー次第で舞台の雰囲気が全く変わっちゃうんじゃないだろうかと思うくらい、ジーニーの力量が問われるのではないかと思われます。

そして、瀧山ジーニーですが。。。
もうね……ちょっとどうしちゃったの!!何が起きたの???もう何これ!?!?
瀧山ジーニー、凄すぎますーーーー☆☆☆ヘ(゚∀゚*)ノ!!!

冒頭では、ジーニーとしてではなく、ストーリーテラーとして登場!
この時の瀧山さんは、非常に男らしくきりりとカッコよく、でもどこか人間離れしていて只者では無いぞこの人…という妖しい雰囲気をすでに醸し出されています。
そして、アンサンブルさんも登場し華やかに繰り広げられる『アラビアンナイト』!!!
もう、初っ端からいきなりめくるめく世界へと惹きこまれていきます☆☆☆

そして、アラジンが洞窟の中でランプをこすり煙がもくもくとたちこめたかと思うと…
ついにジーニーが煙の中から登場しました~~ヽ(゚◇゚ )ノ
今回2階席でしたので、ジーニー登場の仕掛けやその他の床の仕掛け等よく見えて興味深かったです。
また、セットの奥の方におられるキャストさんの様子などもしっかりと見渡せる事ができ、セットを含めた舞台全体の流れがとてもよく分かりました。
そして、なんといっても床面の照明がとても美しくて☆
これは、2階席ならではの醍醐味ですね!
私は、どちらかというと前方席で観るのが好きなのですが、アラジンに関しては2階席もおすすめです♪

さて、話をジーニーに戻しましょう。
ジーニーは、基本オネエ設定です( ´艸`)
瀧山さんのあの強面なお顔にオネエ言葉。そのギャップがもうたまりませーん☆
そして、ジーニーの口調は、とても自然です。
実はね、瀧山さんがカクカク喋っていたらどうしよう…とちょっと心配していたんですが、そんな心配は全く無用でした。
流れる水のように流暢でありながら、自由自在に声色を使い分け、緩急織り交ぜながら語る瀧山ジーニー!
その絶妙な口調や表情やリアクションと、これまた日本人に合わせたジョークや時事風刺などを盛り込んだセリフが見事にマッチし、素晴らしい相乗効果を上げていました!

セリフに関しては、ジーニーだけでは無く、一人一人のキャラクターがより一層魅力的に見えるような語り口であったりジョークが散りばめられてあったりなど、さりげなさの中にも非常に練り込まれ研ぎ澄まされた感性に溢れていました。
加藤さんをはじめ、田邊さんや道口さん達が一生懸命に工夫を凝らし作りあげられた日本語版台本、本当に素晴らしかったです!


瀧山ジーニー、語りが素晴らしいだけではありません。 
びっくりするくらい踊られます!
アラジンをお姫様抱っこしてグルグルしちゃったり、おんぶもします!!
そして、踊りながら歌われますが、ゼイゼイと息が上がる事は無く、豊かな声量を保ったままのパワフルボイスが劇場中に響き渡ります!!!
そして、きわめつけのロングトーン♪♪♪
これぞ瀧山さんの真骨頂~~~☆☆☆
こんな凄い歌声聴かされちゃったら、もうジーニーにくぎづけになっちゃいますよ、ホント♪
まさに、“エンターティナー・ジーニー降臨”という感じでした!!!
いや~本当にね、もうびっくりしましたよ。
ブロ友さんから聞いてはいましたが、こんなに瀧山さんが進化されているだなんて!
(あまりにも素晴らしすぎて、ちょこっとだけ感想を書こうと思ったのに瀧山さんだけで既に長くなってきちゃいました。)


≪島村さん(アラジン)、三井さん(ジャスミン)、石波さん(サルタン王)≫
ゾウのお見送りの時、島村さんに「アラジンを観に行きますね!」とお伝えしましたが、こうして拝見する事ができて嬉しいです(^-^)
島村さん、厳しい稽古の為にだいぶ体重が減ったそうですが、引き締まった筋肉美は健在でしたよ♪
どうしてもジーニーや絢爛豪華なショーに目を奪われがちなのですが、この物語の基本はアラジンの成長物語だと思います。
そこへ、ジーニーやその他の人達が関わって物語が展開していくわけで。
島村さんは、とても丁寧にアラジンを演じられていて、生き生きとした中にも繊細な部分も感じられて素敵でした☆
自分自身の生き方に間違いがないか…天国のお母さんに問いかけながら、悩み自問自答し…
そして、ジーニーとの関わりを通して様々な経験をする中で、一人の男として立派に成長を遂げます!
島村さんの爽やかで屈託のない笑顔に惹きこまれ、心を寄せながらその成長を見届けて…
と、まるでアラジンの母親になったような気持ちになりました(^-^)

三井さんは、ジャスミンメークがとてもお似合いでした♪
アンサンブルの女性達が、どちらかといえば妖艶でセクシーな雰囲気を醸し出されているので、三井さんのキュートな感じが際立ってとても存在感がありました。
そして、なんといっても三井さんの語り方がすごくいいんです!
洋画の吹き替えをする声優さんのような感じでね、語尾を強めにカクカク発音されるのではなく、すっと語尾の力を抜かれるんですよ。
でも、ちゃんと2階の後ろの席まで明瞭に声が聴こえてきましたよ。
この発音のおかげで、ジャスミンの魅力がより一層増し、心情の変化が凄く伝わってきました。
また、クルクル変わる豊かな表情が本当に可愛くて(〃∇〃)
私、三井さんのジャスミンしか拝見した事がないんですが、大好きになりました☆
こんな娘が欲しい~(*^.^*)

そして、この舞台の見せ場である“魔法の絨毯”のシーンがやってきました!
ジャスミンの部屋の窓から外へぴょーんと飛びおりたアラジン。
驚いて駆け寄るジャスミンが目にした光景は、魔法の絨毯に乗るアラジンでした。
アラジンに誘われるまま、絨毯に乗りこみ、そして魔法の絨毯はふわりと夜空へ浮かび上がりました!!!
自由自在に夜空を飛び回る魔法の絨毯☆
そして、最高にロマンティックな光景の中、二人が歌う愛の歌が美しくそして力強く響き渡り…☆
まるで夢のような世界を堪能させていただきました~(///∇//)

で、うっとり見とれながらも空飛ぶ仕掛けを探したのですが…全く分かりませんでした(;^_^A
やっぱり、これは“魔法”なんですねっ☆☆☆

そして、娘に甘々な王様を演じられた石波さん。
もう、ジャスミンの事が可愛くてしかたがなくて、思いっきり甘やかしちゃってます。
ジャスミンを見つめる目が、とっても穏やかで優しくて♪
やはり、ベテランの方が舞台上に立たれるとそれだけでピリッと舞台が引き締まりますね。
石波さんの存在感が、アラジンの世界により深みを与えていたように感じました(^-^)

≪本城さん(ジャファー)、町田さん(イアーゴ)≫
お二人とも初めて拝見しましたが、悪ーい上司と調子のいい部下のような息の合った凸凹コンビぶりをみせて下さいました☆
本城さん、想像していたよりも声が高くて美声でしたが、ちょっとした表情や声色に邪悪さが漂っておられました~
相手を見下す感じの視線が、怖い…(><;)
ですが、イアーゴのお笑いトークについのせられて、ぽろっと面白おじさんになる瞬間が大好きです( ´艸`)
町田さん、プロフィール写真では落ちついた爽やかイケメンさんなのでどんなイアーゴになられるのかな?と思っていたら、見事にお茶目な感じに変身されていました。
イアーゴは、時事ネタ満載のセリフが多く、飄々とした雰囲気で会場を和ませてくれました♪
そして、お二人とも歌がとってもお上手だけではなく、ディズニーアニメのように感情が素晴らしく歌声にのっていて思わず聴きほれてしまいました。


≪西尾さんカシーム、斎藤さんオマール、白瀬さんバブカック≫
アラジンの盗賊仲間の3人組のカシーム・オマール・バブカックはだいたい3人揃って登場されますが、それぞれの役割がはっきりとしている上に楽しいセリフが多く、ダンスも歌も見せ場が多いので非常に魅力的でした☆
2幕では、彼らが殺陣で大活躍するシーンもありましたよ!
まあ、ディズニーなので殺陣ではありますが、ダンス的な殺陣なので手に汗握る緊迫感はありませんでしたけど。

西尾カシームさん、かなりはっちゃけてます。
そして、かなりお茶目です♪
そして、常に胸元がはだけてます( ´艸`)
CFYのワイアットさんとはまた違った可愛らしさのある西尾カシームさんを、たっぷり堪能できましたよ~(-^□^-)
斎藤オマールさん、押せ押せリーダータイプのカシームと、マイペースのバブカックの間に挟まれながらも、癒し系な感じでとても可愛いです♪
白瀬バブカックさん、天然系キャラです☆
人の言ってる事が食べ物の名前と空耳しちゃうくらい、食べる事が大好な白瀬バブカックさんですが、その歌声は絶品です!

アラジンと3人組の友情物語も見所です☆

≪素晴らしいアンサンブルの皆様≫
今回席が遠かったので、なかなかどこにどの方がおられるのか認識できなかったのですが、アンサンブルさん達の大活躍は本当に素晴らしかったです!
次から次へと衣装を着替え、華やかで豪華な場面を作り上げて行かれる様は、もう圧巻でした!
舞台裏は、きっと大変な事になっているのではと思いますが、そんな事はつゆほども感じさせない真のエンタテインメントを魅せてくださいました!!!

その中でも、ひときわ輝いていたのが、井上佳奈さんと松本菜緒さんです。
井上さんは、今回セリフも多く、つい【コンタクト】を思い出しました。
しなやかで女性らしいダンスも素晴らしく、ついつい目で追っていました♪
松本さんといえば、【リトルマーメイド】の黄色いお姉様のイメージが強いのですが、今回も個性的でパワフルな歌声とキャラクターで存在感をアピールされていましたよ!
黄色い衣装で力強い歌声を響かせて登場されるシーンでは、ついつい「お姉様」を思い出してニヤニヤしちゃいました~( ´艸`)

男性ダンサーさん達は、残念ながらお顔が分からなくて…(><;)
ですが、皆さん迫力あるパフォーマンスで魅了して下さいました☆☆☆

随所に、四季の他の作品へのオマージュが感じられるような演出が施されてあり、ファンには嬉しいのではないでしょうか。
そして、ジーニーもね、あんな歌やこんな歌を歌っちゃいますよ~♪♪♪
まだご覧になっていない方々、ご期待くださいね!


こうして感想を書いていたら、またすぐにでも観に行きたくなっちゃいました。
ですが…次回のチケットは10月なんです。
まだまだ先ですが、次回を楽しみに待ちたいと思います(b^-゜)