最近最も多い問い合わせ内容が圧迫骨折についてです。

その次は脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 変形性関節症 といった感じです。

 

Q.圧迫骨折をしていますが治療は可能ですか??

 

A.可能です。

 これまでの既往歴や受傷原因を聞かせていただいたうえでの判断にはなりますが

 ほとんどのケースで治療は可能です。

 高所からの落下や転落が受傷原因のケースや多発骨折のケースでも

 Dr.同意のもと 超音波治療を中心に組み立てます。

 

Q.圧迫骨折が何カ所かあると言われていますが受け入れ可能ですか??

A.可能です

 何カ所か圧迫骨折を診断されるケースも高齢者の症例では多いです。 

 外的要因よりかは骨が折れやすくなっている原因も治療と同時に考え

 食事内容の見直しや栄養学的な視点でも考える機会になればと思います。

 

Q.数年前に圧迫骨折をしてからずっと痛みが取れません。

  痛みがなくなる可能性はありますか??

 

 十分にあります。

 時間経過的に骨癒合(骨がくっつくこと)はできていると思われます。

 長期間による硬性コルセットでの固定や安静指示によって運動習慣がなくなっていることも

 少なくなく活動量の低下が原因で起きている症状もたくさんあります。

 できるだけ運動量を確保できるように治療においても運動療法で血流改善に取り組んでいきます。

 

圧迫骨折でお悩みの方ぜひご相談ください。

 

https://coubic.com/kobexsora

 

神戸三宮鍼灸接骨院SORA

腰痛外来 圧迫骨折治療院SORA

三宮駅前 治療院